2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« キジ | トップページ | 季節の鳥 ムナグロ他 »

2018年5月12日 (土)

コシアカツバメ

図鑑によれば世界では88種ものツバメが確認されているとの事。日本で見られるツバメは8種でその中の1種、コシアカツバメです。

2f0a8547
コシアカツバメの一番の特徴は上から見える腰部分の色です。特徴である腰の部分が見えるように上からの目線でパチパチと。。2f0a2627
ツバメ類はとにかく早い、コシアカツバメも例外ではありません。直ぐ下を通過する鳥までの距離は10m位と近く、ピンボケの山となりましたが姿かたちだけでも写ったものを。。。

2f0a2821
2f0a2392
2f0a2628


「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1307-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« キジ | トップページ | 季節の鳥 ムナグロ他 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

これからの時期はツバメですね。
昔から低空を飛ぶときは翌日は天気が悪くなると言われています。
連射が多い鳥撮の苦労はピントですね。
大変な苦労が伺える写真です。
今日、明日2連ちゃんのイベント参加です。

あすか  様
身近な鳥であるツバメ。
距離は近いのですが、それだけになかなかピントが合いません。
苦労と言うより「意地」になってしまいました(笑)
今日明日と連ちゃんのイベント参加ですね。
頑張って下さい!
自分は肉離れの再発で暫くイベントへの参加は控えます。

おはようございます。
ツバメの種類も多いですね。
残念ながら、MFでは普通のツバメしか見ることができません。
たまに季節の変わり目に、電線に止まる違う種類が見れる程度です。

ツバメの飛翔も苦労しますね。
私も、鳥待ちの間に、狙ってみますが、やっぱりボケ写真の連発。
でもたまにヒットすると嬉しいものです。綺麗に撮れてますね。

ソングバード 様
おはようございます。
コシアカツバメはこの地域で毎年営巣しており特別珍しいツバメではないのですが、腰の部分を撮りたかったので橋の上から狙いました。
それでもピンボケの連発です(笑)
風景の入る横から撮ったものはほぼ全滅に近い状態でした。

こんにちは
ツバメは種類もぜんぜんわかりません。
コシアカツバメ 上から見ると特徴がわかりやすいですね。
ツバメの飛翔は速いので諦めて撮っていません^^;
飛翔シーン どれもバッチリですごいですね~。
私は子育てシーンが撮れたらいいなと思っています。

はぴ 様
野鳥の飛翔シーン、大型の猛禽等は離れた距離から撮るので難しいながらも何とかなる場合もありますが、小鳥類は本当に難しいです。
ましてやツバメは・・・
それでも手持ちで数百カットシャッターを押しました。
UPした写真も拡大すれば全て・・・???

コシアカツバメの模様がはっきりとわかる素晴らしい写真ですね。
コシアかはときどきしか見られませんが、今はツバメがつがいで忙しく飛び回っています。
ツバメの巣作り場所も減っていますね。ときどき見かけるとホッとします。

ちどり 様
コシアカツバメの特徴である腰の部分が見える様にと撮ろうと橋の上から狙いました。
至近距離を飛翔するコシアカツバメは想像以上、とにかく早かったです。
ツバメの巣作りも住宅環境が変わった為、苦労している様ですね。
自宅周辺では専ら橋の下やガレージなどを利用している様です。

こんばんは^^

ツバメの種類が、そんなに多かったとは、びっくりです!
私は、多分、一種類のツバメしか見たことはありません。
コシアカツバメ、初めて見せていただきました。
速度の速いツバメを、バッチリ撮影されて、尊敬します(*^^*)

私は普通のツバメしか見たことがないので、コシアカツバメとは?

上からのお写真でコシアカツバメ、なるほど腰が赤いのがよくわかりました。
それにしてもツバメの飛翔シーンは難しくて撮れませんが、
見事に撮られていて、流石です。

こんばんわ。
コシアカツバメの特徴がしっかり捉えられた映像となりましたね。
私は一度だけ飛んでいるところが撮れましたが、見上げた位置での映像なので、
その特徴などはまったくつかめませんでした。
ただ、たまたまそばにいた方が「コシアカツバメ」だと教えて下さったというお粗末さでした (^-^;
見下ろしたところから撮れらるとは、良いポイントでしたね。
お陰様で、しっかり姿をインプット出来ました。

k-24 様
飛翔中のツバメ、一見したところでは皆同じような色と形なのでその種類までは判別しがたいですね。
過分のコメントに痛み入ります。
バッチッリと仰いますが写真を拡大してプリントすればやっぱりピントは甘いと思います。
小さい画面なので細かいところまでは分かり難いだけだと思いますよ。

ホロホロ 様
普通のツバメに比べてその数は少ないかもしれませんが当地方ではそれ程珍しくはありません。
上から見れば一目瞭然ですが、下から見れば普通のツバメに似ていますね。
電線に留まってるときなど、喉から腹にかけて縦縞があるので判別出来るかもしれません。

korekore  様
今晩は。
コシアカツバメ、飛翔中のところを下から見上げただけでは分かり難いですね。
自分も電線どまりの時は双眼鏡や撮ってから胸の縦縞を確認して初めて分かる程度ですよ。
今回は、特徴である腰の部分を撮りたくて橋の上で待機。
三脚は使用できないので全て手持ち撮影でしたがその速さについて行けずピンボケ写真の山となりました。

おはようございます。

こちらでもあちらこちらで「ツバメ」の飛び交いを見かけます。
雨が降る前に、低く飛ぶツバメを見ながらお母さんが子供に
「ツバメが低く飛ぶと雨が降るという云われているんだよ。」と
話している声が聞こえ微笑ましく思いました。

コシアカツバメさん・・・本当に名前の通りの姿なんですね~!

セロリさん  様
雨が近いとツバメが低く飛ぶ・・・
自分も昔から聞いていましたよ。
餌と成る昆虫類は、低気圧が近づいて湿度が高くなると羽が重くなり、高く飛べなくなる。。
コシアカツバメ、名前のとおりですね。
腰の部分を撮りたくて橋の上から撮りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/73382170

この記事へのトラックバック一覧です: コシアカツバメ:

« キジ | トップページ | 季節の鳥 ムナグロ他 »