2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

« 去る鳥、来る鳥  クロジ、キビタキ  | トップページ | 久しぶりのアカハラ等々・・・ »

2018年4月12日 (木)

水辺に集う鳥たち

近くの池で足の色が一際キレイに見えたツルシギが居ました。

2f0a2662
アオアシシギと一緒になって行動です。

2f0a2760
美しい飾り羽がチラリ見えたコサギ。

2f0a2324
少し離れた梢にはヒレンジャクが留っていました。

2f0a2142少し前の、麗かな春の日の水辺の光景でした。

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1291-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 去る鳥、来る鳥  クロジ、キビタキ  | トップページ | 久しぶりのアカハラ等々・・・ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

多くの鳥種を観察できて一日居ても飽きが来ないですね。
同じシギ種でも足だけ色違いの種類もいるのですね!

あすか 様
シギ類は似たものが多く、鳥名の識別が最も難しい種類に入ります。
アオアシシギとツルシギ、足の色だけでなく、嘴の色や曲がり具合もビミョウに違っています。

アオアシシギはこちらでも良く見かけますが、ツルシギはまだ未遭遇のシギです。
嘴と脚が赤くて特徴的ですね。
コサギも冠羽が出て、飾り羽が綺麗になってきましたね。
夏鳥のコチドリ、冬鳥のヒレンジャクが同時に見られる春ですね。

ホロホロ 様
アオアシシギは比較的ポピュラーな水鳥の様ですね。
ツルシギの難易度は分かりませんが自宅近くの此の池では短期間ですが毎年見ることが出来ます。
でも翌朝には居なかったとの事なので自分は運がよかったのかもしれません。
鳥撮り、運不運の比率が本当に高いと思っています。

シギ類で賑わう季節ももうすぐですね。
こちらでは田植えの頃から見れるかな …?
ツルシギの赤い足が、水面に美しいですね。
今年はどんなシギが入ってくれるのやら。。。

ヒレンジャクは今季、何ヵ所かで楽しませてもらいました。
来季もよろしくね、という気持ちです。

korekore 様
シギチは苦手中の苦手の鳥ですが此のツルシギだけは特徴がハッキリしているので何とか分かります。
今年は緋レンジャクの当り年とか・・・
昨年は見ることが出来なかった当地方でも今年はお陰様で何度も見ることが出来ました。
来季もこのような具合になってくれたなら嬉しい事ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水辺に集う鳥たち:

« 去る鳥、来る鳥  クロジ、キビタキ  | トップページ | 久しぶりのアカハラ等々・・・ »