2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ルリビタキ | トップページ | メタリックの羽 タゲリ »

2018年3月 3日 (土)

田んぼの猛禽たち

田んぼの上空を低飛行でやって来たのは隼の幼鳥です。先日、水浴びをしていた固体と場所が近い事もあり、多分同じ鳥かと思います。

2f0a3689
頭上で急旋回です、こうして見れば尾羽が随分痛んでいるように見えますが。

2f0a3674
ハヤブサの後はミサゴが通過。

2f0a1891
この後、田んぼ道を移動すると、先ほど上空を飛翔していたミサゴとは別の固体?を発見、田んぼに降りて一休みです。
足元には魚らしきものが僅かに見えました、お食事中だったのかもしれません。

2f0a4833

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1270-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« ルリビタキ | トップページ | メタリックの羽 タゲリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

猛禽類は羽を広げての飛形が迫力を感じます。
羽の長さも猛禽類の特徴なのでしょうか。

こんにちは~

猛禽類は迫力あり格好いいですね~(^_-)-☆
私はハヤブサは見た事ないですが
ミサゴは海でよく見かけますので大好きです。笑
無難な処でお食事ですね。笑

あすか  様
猛禽は可愛い小鳥なども襲うので好きでないと仰る人もおられますが尤もなことです。
でもカッコいいことは事実ですね。
羽の長い鳥は海鳥などにも多く見かけますが、ミサゴは羽が長くてスマートですね。

花菜  様
今の時期、当地方でもミサゴは海岸や河口、湖などでよく見かけます。
隼はこちらの田んぼなどで見かけることの多い猛禽です。
獲物を追う時のスピードは鳥類最速で時速387kmを記録したそうです。
鋭い目や嘴・・・迫力ある姿や形、やっぱりカッコいいですね~

ハヤブサの目から下に涙のような黒い模様。
チョウゲンボウも同じような模様ですね。ハヤブサの仲間だからかな・・・
お食事中のミサゴは綺麗ですね。
画面いっぱいの飛翔姿、どれもはっきり綺麗に撮れていて、素晴らしいです!

空を見ていると、結構いろんな猛禽さんたちが飛んでいますね。
先日、何と気づかず撮ってみたら、このハヤブサでした。。。
でも、やはり高い所過ぎてボケボケで残念でした。
ミサゴの姿はよく見ますね。
ただ、飛翔だけで獲物をゲットしたところは未だ撮れずにいます。
だからいつまでもアップ出来ないでいます bearing

ホロホロ  様
自分が今まで見たハヤブサ科の鳥はハヤブサと、チゴハヤブサそしてチョウゲンとコチョウゲンボウの4種だけ。
どの鳥も涙を流しているような模様がありました。
この時は比較的低空を舞ってくれたのがラッキーでした。

korekore  様
鷹やハヤブサ類、開けた広い場所だと上空を飛ぶ場合は注意していなければつい見逃してしまうことがありますね。
飛ぶところが高すぎては写真にならず、さりとてあまり低いところを飛翔する猛禽は少ないので困ります(ハイチュウ等は低いところを飛びますが)
ミサゴは好きな鳥なので見かければ獲物の有無を問わずシャッターを押してしまいます(笑)

猛禽類、りりしく撮れてますね。
一番したの写真は、幼鳥という気がしますが、
一番上の写真など、飛んでいる姿は、本当にりりしく、幼鳥というかわいらしさよりも、
鋭さのほうを感じます。

上から2番目の写真、確かに、羽が痛んでいるように見えますね。
気になるところです。

walkerZ  様
コメントを有難うございます。
この日撮った隼は未だ幼鳥です、幼鳥なので低空飛行をしてくれたり近くを飛んでくれたのかもしれません。
猛禽類は小鳥などに比べて警戒心が強いものが多いのです。
でも猛禽類はカッコいいですね~

こんばんは。

猛禽はかっこいいですね。

梅はもう終盤とのこと。。こっちはまだまだです。

今日あたたかで、気持ちの良い一日だったので、咲き進んだでしょうか。

どんどん春めいてくるのは、うれしい限りですね。

ぽち。

あとり 様
当地方の梅はほぼ終了しました。
今は枝垂れ梅が盛期です。
これからは寒桜系の桜が見頃となります。
染井吉野も後3週間ぐらい?
待ち遠しい事ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/72865939

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼの猛禽たち:

« ルリビタキ | トップページ | メタリックの羽 タゲリ »