2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 初めての曽我梅林 | トップページ | ルリビタキ »

2018年2月28日 (水)

JRさわやかウォーク 磐田

2月17日(土)標記ウォーキング「磐田駅周辺寺社巡り・満徳寺盆梅展鑑賞」約8.5kmに夫婦で参加してきました。

磐田駅南口をスタートし、中泉寺~大蔵寺を経て十輪寺に到着。12年に一度のご開帳である「おかめ寺」の秘仏薬師如来像を特別拝観です。

P1070335_2

家康が眼病を患った時にご利益があったとされる秘仏「薬師如来像」です。残念ながら持参したウォーキング用のコンデジではこれが精一杯でした。

P1070338_2


十輪寺からは遊歩道を工事中の大池脇を通ります。渇水期なので水鳥たちの姿はほとんど見えません。

P1070319

P1070320


本日のメイン見所「満徳寺」の盆梅展です。

P1070330

P1070326

P1070327

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1268-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 初めての曽我梅林 | トップページ | ルリビタキ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

JRのイベントは当方でも最近はテーマのある歩きが多くなりました。
今、外国人に大人気の盆栽展もこうした歩きに取り入れるとまた参加者も多くなるのではと。
私も今日はこれから久しぶりに駅ハイに参加です。テーマはありませんが (笑)

こんばんは。

盆梅も美しいものですね。

私ときたら、さぼり癖がついていて、今かなりバタバタしています。

二月は逃げるといいますが。。そのとおりでした^^。

三月、楽しめるよう頑張ります^^;。

ぽち。

あすか  様
ウォーキングは楽しい。
知らない土地は特に楽しいものですが、知っていてもテーマがあれば興味が湧いてきますね。
此のコース、知っている所ばかりで盆梅展も恒例のもの・・・
それでも楽しかったです。

あとり 様
2月も終わりですね。
歳を重ねると月日の速さが比例してきます。
明日からは3月、これからは三寒四温。
春が近づいてきましたね。

こんばんは。
ウォーキングには最高の季節になってきましたね。
歩きながら、各地の名勝巡り、羨ましい限りです。
秘仏「薬師如来像」にお願いすれば、老眼も・・・・?やっぱり無理でしょうね。
大事に育てられた盆梅も見事ですね。
盆栽と同じように、樹齢は?十年?百年??

ソングバード 様
歩くには絶好の季節になりました。
それでも足腰の衰えから早く、長く歩くと苦痛になり最近では専ら近場で短距離専門に歩いています。
老眼と同じでこればかりは仕方がありません(笑)
盆梅、年数は不明ですが、かなりのものだと思います。
まさに技術、伝統の技なのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/72950305

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーク 磐田:

« 初めての曽我梅林 | トップページ | ルリビタキ »