2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« アトリ・マヒワ | トップページ | 初歩きは大井川鐡道に乗って 金谷 »

2018年1月19日 (金)

イスカ・トラツグミ

基本的には隔日配信の拙ブログですが同じ日のレポートなので3連投になりました。

この公園迄遠征してきたものの、なかなかその姿を見せないイスカでしたが待つこと1時間半、漸くその姿を現せてくれた。高木の上にオスメス含めて5~6羽が確認されましたが、なかなか下の水場には下りてきません。
休日であり「樹氷まつり」見物の皆様もズラリ並んだ鳥撮りCMさん達の姿を見て興味津々集まっており、人間の多さに警戒したのかもしれません。

雄の1羽が少しだけ降りてきたところをパチリ。この鳥の特徴である交互に曲がった嘴がハッキリ見えれば好いのですが・・・
初見・初撮りの野鳥です。

2f0a1581
2f0a1565
この日は朝、オスメス揃って目前の水場まで降りてきたとの事、雌も含めもう一度撮りたいとCMの皆さんは未だ待つ様子。
この公園に到着して1時間半、高地であり気温が低い事は予想しており多少の厚着をしてきたが風があり、とにかく寒かった。
雌も一応撮れた、風邪をひいては・・・と、後ろ髪を引かれる思いですが暖かい次の公園へと移動。

別の公園では早々に枝留まりのトラツグミがお出迎えでした。枝どまりのトラちゃんは久しぶりの撮影です。

2f0a1613

初見・初撮りのイスカを見ることが出来た。自宅からは新東名、国道139号線を走り往復約300km余、後期高齢者の自分には些か疲れましたが大満足の1日となりました。

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字をクリックしていただければ幸いです。 -1246-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« アトリ・マヒワ | トップページ | 初歩きは大井川鐡道に乗って 金谷 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

イスカという名前の鳥は初めて知り観ました。
綺麗なオレンジ色の鳥ですね。
初見初撮りが出来、出張のかいがありましたね。

あすか 様
連日のコメントをありがとうございます。
三連投で申し訳ありません。
この鳥の名前だけは知っていましたが、自分には無縁の遠い所に棲む野鳥だと思っておりました。
ここへの途中、美しい富士山を仰ぎ見ながら達成できた初見・初撮り。
出かけた甲斐がありました。

イスカ、ばっちりですね。嘴がよくわかります。
それにしても、松の実を食べるのには都合がいいでしょうけど、
他の実は食べにくいでしょうね。

ちどり 様
この鳥の最大の特徴である「くちばし」付近の写りがイマイチなので心配しておりました。
眼のよい「ちどり」さんなので分かっていただけたのかもしれませんが先ずは一安心です。
仰るとおり、こんなカタチで他の食べ物や水を飲むとき等どうかな?・・・と心配してしまいますね。

イスカ、オスの赤いいい色が撮れましたね。
寒い中、待っていてよかったですね。
でも、1時間半しくらいの待機時間は鳥撮りではそんなに長い時間ではないですよね。
待っても待っても来てくれなくて、結局時間切れということはよくあります。
しかも、帰った後に本命さんが現れたということを後で知ることもあり、そんな時の悔しい思いは、
地団太を踏むという言葉がぴったり。
いろいろなことがある、鳥撮りの時間ですね。

こんにちは。

とりあえず。。アトリのごとく健やかなあとりです^^。

イスカの男の子、種子をねじり取りやすいように、嘴が進化したんですね^^。

それに特化した機能。今後、地球の環境の変化にまきこまれて、餌がとれなくならないよう。。

わたしたちが気を付けていかないといけないですね^^。

ぽち。

korekore  様
鳥待ち時間の1時間半は長いとは思えませんが、この日はとにかく寒くて早々に退散してしまいました。
寒さに対応する準備不足でした。
帰った後に本命さんが出たときのあの悔しさは格別なものがありますね。
この日は雄が撮れた事、雌も証拠写真ぐらいは撮れたので・・・
仰るとおり「いろいろなことがある、鳥撮りの時間です」

あとり 様
健やかな「あとり」さん。
健やかに勝るものはありません。
イスカの嘴は種子をねじり取りやすいように進化した・・・
この進化した状態でこれからも生き続けて欲しいものですね。
先ずは初見・初撮りで充分満足してしまいました。

イスカとはイカした野鳥ですね(^-^;
初見、初撮りおめでとうございます。
遠征して寒い中、待った甲斐がありましたね。
嘴がクロスしているとは変わっています。小鳥にしては大きく見えますが、どのくらいの大きさなのでしょうか・・・

ホロホロ 様
イスカ、初見・初撮りなのでやっぱり嬉しかったです。
大きさは図鑑で見たところ小鳥類よりはやや大きめで16.5CMと書かれておりました。
もう少し待って雌も近くで撮りたかったのですがなにしろ寒くて・・・
それでも雌の証拠写真だけは撮れました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスカ・トラツグミ:

« アトリ・マヒワ | トップページ | 初歩きは大井川鐡道に乗って 金谷 »