2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 遠かったオシドリ | トップページ | 天浜路ヘルシーウォーク 気賀 »

2018年1月11日 (木)

初見・初撮り ニシオジロビタキ

昨年末に撮影したものです。
ニシオジロビタキのニュースを聞きました。場所が遠くないこと、それに未遭遇の野鳥でもあり早速出かけてきました。

2f0a0102_2
2f0a0026_2
大変フレンドリーな鳥で近くに来ても全く逃げません。居合わせたベテランさんの話によれば未だ幼鳥で雌雄の区別は?との事です。
2f0a9895
振り返れば湖面に無数のハジロカイツブリたち、遠かったが大きな群なのでパチリ。2f0a9774

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字をクリックしていただければ幸いです。 -1238-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 遠かったオシドリ | トップページ | 天浜路ヘルシーウォーク 気賀 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

未だ初見・初撮りの鳥さんもいるのですね!
情報アンテナを張り巡らさないとチャンスを逃しますね。
私ならベテランさんのアドバイスが無ければ素通りです。

ニシオジロビタキ、そちらにも出たんですか!
大阪の方のブログで、関西のどこかにも昨年出たことを知りました。
見つけられないだけで、案外日本に来ているのかもしれませんね。
よかったですね、初見の鳥は大感激!の気持ちよくわかります。
ハジロカイツブリの大集団 すごいですね。

あすか 様
自分が持っている日本野鳥の会発行の図鑑には630種類野鳥が図版付きで掲載されておりますが自分が見た鳥の種類はその4割ほどです。一生かかっても半分には到底成りません。
これが外国の鳥までとなれば無限になります(笑)

ちどり 様
ニシオジロビタキは関西でも確認されたのですか。
関東方面でのニュースも聞いたことがあるように記憶しております。
と、なれば日本各地には結構飛来しているのかもしれませんね。
第一発見者の観察力が凄いと思いました。

オジロビタキとニシオジロビタキ。
撮っても、撮ってもいつも迷います。
情報が入った時に、どちらかがはっきりしている場合はいいのですが、
撮りながら、みんなで迷うこともあるのです。
オジロビタキの喉にはオレンジ色の羽と覚えておけばいいのでしょうか?
以前、オジロもニシオジロも未見と言われていましたが、
これで一種カバーできましたね。

korekore  様
オジロビタキとニシオジロビタキ、雌や幼鳥と成ればそっくりで自分では到底判断不可能です。
オジロビタキのオス、図鑑では胸にオレンジ色の羽があるので識別できますが何しろホンモノをまだ見たことがない自分です。
オジロビタキとニシオジロビタキ、メスは嘴の色で判別するとベテラン氏が語っていました。
そうです、これで一種カバーできました。

初めてのニシオジロビタキ、おめでとうございます。
今日、私もニシオジロビタキ、再び、会いに行って来ました。
こちらにいる子も幼鳥だそうです。

尾羽をピンとあげて愛らしい小鳥ですね(*^-^)

今晩は。ホント寒いですね。

めげそうです^^;。

出先なのでまた改めておうかがいさせていただきます。

ぽち。

ホロホロ 様
「ホロホロ」さんは早くも二度目ですか。
オジロビタキも勿論未だですが「ニシ」が付く此の名前の小鳥は初めてなので感激です。
初見初撮りの鳥ってやっぱり感激してしまいます。

あとり 様
今日も本当に寒かった。
こう寒くては出かけるのに躊躇してしまいますよね。
ロートルなので寒さが骨身に応えます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初見・初撮り ニシオジロビタキ:

« 遠かったオシドリ | トップページ | 天浜路ヘルシーウォーク 気賀 »