2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 天浜路ウォーク  二俣 | トップページ | 初見・初撮り ニシオジロビタキ »

2018年1月 9日 (火)

遠かったオシドリ

自宅からはやや遠い水場に出かけてきましたが、この日もお目当ての鳥には出あえず遥か彼方、豆粒ほどのオシドリです。豆粒ほどでも今季初なので・・・

2f0a7943
オシドリは遠かったがジョウビ君は近かった。

2f0a9553
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下
の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字をクリックしていただければ幸いです。 -1237-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 天浜路ウォーク  二俣 | トップページ | 初見・初撮り ニシオジロビタキ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

動物の行動の追跡には多くの苦労がありますね。
長い大砲で被写体が動いていたりでは尚更です。
遠くてもこうして拝見できるのは嬉しものです。

おはようございます。
遠くてもオシドリはオシドリ。(笑)
こちらでは、せいぜい1羽のオシドリを見つけるのにも苦労してますから・・・・
ジョウビタキは、やっぱりフレンドリーな鳥ですよね。
餌付けしなくてもすぐそばにやって来てくれる数少ない鳥かも知れません。
そんなジョウビタキも、今年は少ないですね。

おしどりの季節ですか。
そっか、おしどりって冬の鳥だったんですね。
2枚の写真の風景がとっても寒そうで、撮影が大変だったのではないでしょうか。
ジョウビ君は、ひなたぼっこしてあったかそうです。

あすか  様
鳥を探しに彼方此方と出かけることは苦痛になりませんが
道具の重いのが一番応えます(笑)
自分など未だ軽い方で、未だ未だ重い600ミリ、800ミリレンズ+諸道具を担いで移動する方々もいらっしゃいます。
自分にはこれ以上重い道具は到底無理です。

ソングバード 様
おはようございます。
此のオシドリは遠かった、当地ではオシドリの飛来地も彼方此方あるようですが
警戒心の強い此の鳥を近くで撮るには至難の業です(笑)
その点、ジョウビくんは撮り易い鳥ですね~
こんな鳥ばかりならば苦労はしませんが・・・

walkerZ  様
コメントを有難うございます。
そうです、オシドリは冬に渡って来る鳥です。
撮影場所は小高い場所からでしたが、水面を渡って吹き上げてくる風が冷たく、鳥が少ないこと、寒さに耐えられず半日で引き揚げました。
ジョウビ君の様な鳥ならば「らくちん」なのですが。。。


オシドリに会えてよかったですね。
我が家の近くの調整池に時々オシドリがやってくるのですが、今季はまだのようです。
もう期待できないかもしれませんが・・・
近くで撮れると思うと、なかなかほかのポイントに行く気が起きません。
困ったもんだ (+o+)

はるか彼方でとは言われますが、全体的に捉えることが出来て、いい絵になっていますよね。

こんばんは。

オシドリさん、綺麗ですよ。遠くても目立ちますね。

風の強い一日でしたね。

もう、なんのかんのいいつつ。。外に出るのが嫌になります。

ぽち。

オシドリ、遠いとのことですが、十分美しいです!

優しい目をしたジョウビタキ君ですね。
MFで見られたジョビ男くん、どこかへ行ってしまいました。
もっとジョビ男君を撮りたいのですが、なかなか出会えません(-_-)

korekore 様
豆粒ほどのオシドリたち。
トリミングで何とかそれらしき姿になりましたが「いい絵」とは恐縮です。
毎年一度は季節の鳥として見ておりますが警戒心の極めて強い此の鳥には毎期苦労します。
オシドリとトモエガモは自分にとっては大難敵です。

あとり 様
毎日寒くて参りました。
こんな事を思いながら何十年も生活してきました(笑)
季節の繰り返しが体験できるのも健康であればこそですね。

ホロホロ 様
こんな小さな鳥の写真、「korekore」 様同様、お世辞でも褒めて頂き有難うございます。
東京にはジョウビ君は少ないのですか?
狭い庭ですが我が家にも時々ジョビ子さんが飛来してくれますよ。
田んぼに囲まれた地域なので不思議ではないかもしれませんが。

こんばんは。

北風ぴゅーぴゅー、寒い一日でしたね。

引きこもって、冬眠中。。にほぼ近い状態になりそうです^^。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠かったオシドリ:

« 天浜路ウォーク  二俣 | トップページ | 初見・初撮り ニシオジロビタキ »