2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

« 田んぼの猛禽(Ⅲ) ノスリ | トップページ | 今度はコハクチョウ »

2017年12月20日 (水)

何時もの川でオオハクチョウ

「今年もまた何時もの場所に大白鳥が来ていますよ・・・」の連絡を頂き、出かけてきました。

昨年は成鳥が2羽、幼鳥2羽の4羽でしたが今年は成鳥が3羽だけ。少し離れた堤防上からパチリ。
撮影場所は昨年と10mと変わらない同じ場所です、昨年と同じ家族なのでしょうね。1羽減ってしまったことが気がかりです。。。

119a8829

先日は地元の田んぼでもオオハクチョウを見ましたがやっぱり水上に浮かぶ姿が一番似合いますね。

119a8893
堤防上に居る自分たちを見つけたのか、どんどん岸辺に近づいてきます。レンズを24~105ミリのズームレンズに換えて・・・
それでも近すぎて2羽しかフレームに入りません。随分と人馴れした鳥たちです。此の地に来る前も皆さんに可愛がられてきたのでしょうか。119a8881

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字をクリックしていただければ幸いです。 -1230-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 田んぼの猛禽(Ⅲ) ノスリ | トップページ | 今度はコハクチョウ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

冬の鳥と言えば白鳥とイメージが湧きます。
人慣れした白鳥の姿は何とも微笑ましさを感じます。
今日はこれからウィークデーウォークに参加します。 寒いです!

おはようございます。
あちこちで、白鳥たちが賑やかになってきたようですね。
今シーズンは、まだ撮りに行ってないので、今週辺り行ってみようかと思います。
この家族、今年は子供が生まれなかったのでしょうか?
残念です。
これから、徐々に他の家族たちもやってくるかもしれませんね。

あすか  様
当地方に来る白鳥は少ないのですがこの地へは
今年もまた飛来して来ました。
本当に嬉しい事ですね~

ソングバード 様
ハクチョウは家族単位で行動するとの事ですが昨年は幼鳥を含めて4羽で来てくれたのに何故か今年は3羽だけ。。
この事が気がかりです。
オオハクチョウに続けとばかり先日は当地の池にコハクチョウが6羽飛来。
たった6羽でしたが当然のことながら新聞に掲載されました。

水面に映るオオハクチョウ、きれいですね。
一羽が気になりますが、、、
これ高近くに来てくれると、何度もシャッターを押してしまいますね。
整理がたいへんだったのでは (^_-)

korekore  様
自分たちが堤防上に現れたのを確認後どんどん川岸に近づいてきました。
長いレンズでは対応できないのでフツウのズームレンズに切り替えてなんとか撮りました。
人間を恐れることなく信じきった表情で寄ってくるオオハクチョウ。
本当に可愛かったです。

こんばんは
オオハクチョウをお近くで見られるとは羨ましい〜!です。
一羽いなくなってしまい、気がかりですね。

オオハクチョウは成鳥になっても、親元から離れないのでしょうか。

おはようございます。

白鳥。。。かわいらしいです^^。

冬至を明日に控えてようやく、遅まきながら私も、夜の長さが実感できるようになりました。

にしても冷えます。風邪をひかれませんようにしないといけないですね。

ぽち。

ホロホロ 様
大白鳥、当地方や愛知県には大きな群れで飛来することはなく、多くても10羽程度です。
ハクチョウは家族単位で群の中で暮らすと書かれておりますが詳しいことはよく分かりません。
此処へ来るオオハクチョウはとにかく人馴れしており警戒心はゼロに近いと思います。

あとり 様
ハクチョウが飛来すれば真冬。
北の国へ帰るのが2月頃ですからまさに冬の使者ですね。
寒いのは困りますがハクチョウは本当に可愛い鳥です。

こんなに近くまで来ると、コブハクチョウと間違えられそうですね。
ハクチョウはいつ見ても優雅です。

ちどり 様
少し離れた池に1羽のコブハクチョウが居ます。
此のコブちゃん、レタス類が大好きで地域の皆さんの人気者と成っております。
餌をあげないと岸に居る人の靴を噛みにきます。
勿論甘噛みですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何時もの川でオオハクチョウ:

« 田んぼの猛禽(Ⅲ) ノスリ | トップページ | 今度はコハクチョウ »