2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

« ノビタキ  | トップページ | 冬鳥たち アオジ・ジョウビタキ »

2017年10月31日 (火)

旅する蝶 アサギマダラ

渡り鳥のように季節になれば長距離を移動する美しくも不思議な蝶、アサギマダラ。
アサギマダラが好むフジバカマの畑を訪ねてみました。2f0a2209移動する距離は海を越えて2.200km、過去には台湾まで移動したことが確認されています。
2f0a2389
花から花へと移動する美しいアサギマダラ、この蝶が渡り鳥のように海を渡って移動するとは考え難いことですね。

2f0a2255
フジバカマの畑にはこんな蝶も。

2f0a2068

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字をクリックしていただければ幸いです。 -1205-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

昆虫には無縁の自分ですが、今春は鳥友さんの案内で貴重なギフチョウも初めて見た。アサギマダラもギフチョウと変わらぬ美しさで充分魅了させられました。

チョウが海を渡って何百里、まさに「事実は小説よりも奇なり」ですね。

« ノビタキ  | トップページ | 冬鳥たち アオジ・ジョウビタキ »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

鳥が大海原を渡ることは良く聴きますが
あんなひ弱そうな蝶が何千キロもの旅をする話もあるようですね。
今の科学の力で追跡調査をしてみたいものです。
我が家の霊園近くには天然記念物のオオムラサキ(蝶)が生息している里があります。

あすか 様
以前TVで見ましたが、このチョウが台湾まで飛んだことは確認されているそうです。
羽にマーキングを付けたところそれが確認出来たとも放送されていました。
これから南下して行くそうです。
オオムラサキは未だ見たことがありません。

さすがに、日頃、鳥(ちょう)類を撮り慣れているだけに、蝶の写真も美しいですね。
思わず見とれてしまいました。

こんにちは。

木枯らしが吹いた昨日とはちがい、今日は小春日和ですね。

こんな気候だとまだちょうちょも見られます^^。


ぽち。

フジバカマにアサギマダラ、定番ですね。
とても美しいお写真です!

ヒラヒラと海を越えて、長距離移動とは驚嘆です。
飛ぶ速度はどうなのでしょうか・・・とても鳥のように速くとは想像できないのですが。
鳥も蝶も神秘的です。

オジンガーZeit  様
過分なコメントを有難うございます。
この日は鳥撮りの帰りに立寄りました、鳥撮り用の長い単焦点レンズで撮ったので適当に背景や蝶の前がボケてくれました。
拙いブログですが今後とも宜しくお願いいたします。

あとり 様
台風の址は木枯らしが吹いたり暖かくなったり。
三寒四温の逆のかな?
応援を何時も有難うございます。

ホロホロ 様
此処のフジバカマ畑、鳥撮りの帰りに寄ったので何時も使っている単焦点のレンズで撮りました。
羽と言っても鳥の羽のように大きくない羽で海を渡るとは・・
「ホロホロ」さんが仰るように渡り鳥同様謎だらけ。
それだけに不思議さとロマンに満ち溢れていますね。

一週間くらい前に、私も見ました。
まだいるんだぁ~と、驚きました。
もうとっくに渡ってしまっていると思ってましたから・・・
「ダーウィンが来た」でも取り上げていたことがありました。
毎年、アサギマダラが来る頃になると撮りたくなりますね。


korekore  様
今日のTV放送では当地のフジバカマの名所に群がるアサギマダラを放送していましたので未だ居るのでしょうね。
昆虫にはあまり関心のない自分ですが、この蝶が飛び交う頃になればやはり見に行きたくなります。
でも鳥の魅力には敵いませんね(笑)

おはようございます~

フジバカマに来るアサギマダラ綺麗ですね~
絵になっている素敵な写真です。

家にもヒジバカマ咲きましたが期待していた
アサギマダラは来てくれませんでした。( ノД`)シクシク…

小さな体で海を渡るのですね。途中下車できないですよね。!(^^)!

花菜 様
おはようございます。
早朝からコメントを有難うございます。
「花菜」さんのお宅でもフジバカマが植えられているのですね。
アサギマダラ、その日によって飛来する数も一定していないとも聞きました。
「花菜」さんの見ていない間に来てくれたのかもしれないし・・・
もし、今年はダメだとしても来年はきっと来てくれますよ。
夢と期待は持ち続けたいものですね。
これからに期待しましょう!

こんばんは。
フジバカマにアサギマダラが良く似合いますね。
何故か、この時期フジバカマの花にアサギマダラがやって来ることが多いですが、よほどのお気に入りなんでしょうか。
アサギマダラには、時々調査のために翅にマーキングされた個体を見ることができます。
見つけてみると面白いですよ。
長い旅に備えて、栄養を補給してるのでしょうか。
最後の蝶はツマグロヒョウモンの雄ですね。

↓のノビタキも綺麗です。

こんばんは。

作品を届けるため出かけています。

応援で失礼します。

ぽち。

ソングバード 様
此の時期になるとフジバカマに寄って来る理由は知るよしもありませんがやっぱり理由があるのでしょうね。
マーキングされた固体、勿論見たことはありませんが飛翔中でもマ-キングの文字が見えるのでしょうか。
昆虫の事は全く知らないので・・・
ツマグロヒョウモン、有難うございます。オスメスの違いも外見で分かるのですね~

まるでプロが撮ったような写真。
色鮮やかで、とってもキレイ。
アサギマダラは台湾まで飛んでいくんですか。
小さな羽でそんな長い距離を飛ぶなんて、本当に驚きです。
今回のCWさんの記事を読んで、1日に何㎞飛ぶのかとか、集団で動くのかとか、
いろいろ蝶に対する興味がわいてきました。
早速、ネットで調べて、にわか知識でも蓄えよっかな~。

walkerZ 様
過分なコメントに痛み入ります。
蝶が綺麗である事と、背景のフジバカマが満開状態なので華やかに見えますね。
このチョウの事も謎が多く分からないところが多いとか・・・
自分では撮るだけで調べた事もなく分からないことばっかり。。
「walkerZ」さんが調べて分かったことがありましたならまた教えて下さい。
自分で調べずに他人を頼りにする困った性分です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅する蝶 アサギマダラ:

« ノビタキ  | トップページ | 冬鳥たち アオジ・ジョウビタキ »