2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 休耕田の鳥 | トップページ | 季節の花 ヒガンバナ »

2017年9月20日 (水)

ふぉと俳句展・白玉星草

磐田市文化協会に所属する『写真部』と『俳句部』の合同展「ふぉと俳句展」が開催されているとの新聞記事を読み、早速行ってきました。

「ふぉと俳句」、かつてNHKTVなどで毎週放映されたこともありましたが名前のとおり「写真俳句」、勿論この様な催しに入場するのも今回が初めて。

2f0a7452

ゆっくり鑑賞した後は、同じ新聞で紹介されていたシラタマホシクサ(白玉星草)の群生する浜松市銅鐸公園へ。

2f0a7457
美しいシラタマホシクサ、句に値しない自分のショットですが先ほど拝見した「ふぉと俳句」の俳人さんなればどの様に句を詠んでくれるのでしょうね~
2f0a7474


                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1183-

« 休耕田の鳥 | トップページ | 季節の花 ヒガンバナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

俳句は情景を見て感じたものを俳句にしたためる。
私も写真の同人物が光景を俳句で表現しているのかと思いました。
写真と同じ光景を他人が俳句として表現をしているのでしょうか。
シラタマホシクサは幻想的な光景に見いってしまいます。

シラタマホシクサ 懐かしい名前です。
たしかこの草は東海地方にしかない草だと聞いたことがあり、
豊橋の葦毛高原へわざわざ見に行ったことがあります。
でも、ほとんど終わっていました。
こうやって見せていただいて、嬉しいです。今咲いているのですね!

あすか 様
この「ふぉと俳句展」、写真を撮った人と句を詠む人は全く別人です。
以前教育TVで毎週放送されていた時はカメラマンと俳人は同一人だと記憶しております。
今回の場合、写真を見て俳人が其々句を詠む・・・そんな催しのようでした。

ちどり 様
仰るとおり、静岡県から西は三重県ぐらいまでの東海地区にのみ咲く植物とのことで、静岡県でも絶滅危惧II類に指定されている様です。
豊橋の葦毛湿原までいらっしゃった事があるのですね。
葦毛湿原は比較的近いこともあり、ウォーキングや、花撮影で数回訪れております。
以前鉢植えのものを購入したことがありますが1年でダメでした。サギソウよりはるかに管理が難しいようです。でも、おかしいですよね絶滅危惧の草花が店頭に販売されていたなんて。
浜松ではここを含めて2ヶ所で咲いています、今が満開です。

こんばんは

「ふぉと俳句展」とは面白い企画ですね。鳥の写真はありましたか(^^)

シラタマホシクサの実物は見たことがありません。なるほど東海地区だけに咲く花なのですね。

田んぼアートはなお虎ちゃんですか?
もっと上から見たかったことでしょう・・・

ホロホロ 様
此の写真展の新聞記事を見て、鳥は居るかな?・・・と密かに期待はしておりました。
背景に鳥などが写っている作品はありましたが鳥が主役の写真はありませんでした。

田んぼアート・・・
ピンポーン! 浜松市のシンボルキャラ、直虎ちゃんのアートです。
流石ですね~

こんにちは。

かわいいですね^^。

台風が過ぎて、本格的な秋の到来が待ち遠しくなってきました。

ぽち。

あとり 様
日中は夏でも朝夕は随分と涼しくなってきました。
これで日中も涼しくなればね~
応援 有難う!

おはようございます!

ふぉと俳句展ですか?・・・春にウオーキングで行った公園で出会った
鳥撮りさん達は、自分の写真に俳句を添えて楽しんでいると
見せていただいた事があります。
鳥を中心に、草花も題材になっておりました。こちらは写真家と俳句を作る方が
別なんですね。私には、どちらも難しいかな?

シラタマホシクサ・・・伊勢湾を取り囲む地域の湿地だけに生える
1年草と聞いたことがあります。
小さくてわかりずらいですが、頭花には雄花と雌花が混じって付くと聞いたことがあります。
ホントに可愛い花ですね~!

こんばんは。
ご無沙汰してしまってます。
しばらくカメラを使ってないと、写し方を忘れてしまいそうです。(笑)
今日は、久しぶりに、近くの公園まで彼岸花を見に行ってきましたが、先日の台風のせいか、状態はあまり良くありませんでした。
車の調子はいいのですが、PCとスマホとナビが混載されたような車に慣れるまで大変みたいです。

「フォト俳句」ですか!
初めて聞く言葉ですが、写真と俳句の感性が求められるようですね。
とても、私には無理な世界のようですが、写真と俳句の世界をじっくり拝見してみたいものです。
シラタマホシクサ、初めて見る植物ですが、一面に白いザラメをまいたように見えますね。

セロリさん  様
「セロリさん」が公園で出会った鳥撮りカメラマン氏の中にも風流を嗜む俳人さんがいらっしゃったようですね。
自分は鳥を撮るだけで精一杯、句を詠むなど到底無理な話です。
写真を撮って俳句を一句・・・どう考えても不可能な話。
花が大好きな「セロリさん」、頭花の雄花と雌花をご存知とは流石ですね。
こんな小さな花ですがまとまって咲くとやはり綺麗ですね~
これからは鳥ばかりでなく花の美しさにも顔を向けていきたいと思いました。
明日のブログも時節の花「ヒガンバナ」です。

ソングバード 様
最近の車、とにかくアナログ部分がなくて便利さは理解できても戸惑うばかり。。。
自分の車は6年前の購入ですから現代の車はさぞかしとお察しいたします。
でも馴れたならスマホやPCより遥かにマシかも(笑)
フォト俳句、自分も到底無理ですが他人の作品を眺めながらの鑑賞もまた良いものでしたよ。
新車と共に、これからは以前より増して行動範囲が広がってくるのではないでしょうか。
活躍のほど、大いに期待しております。

こんにちは。

風が涼やかになってきました。

秋らしくなってホッとしました^^。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふぉと俳句展・白玉星草:

« 休耕田の鳥 | トップページ | 季節の花 ヒガンバナ »