2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 海辺の鳥たち チュウシャクシギ | トップページ | 海辺の鳥たち 最終回 »

2017年9月26日 (火)

海辺の鳥たち 京女鴫

海辺の鳥シリーズ、今回はキョウジョシギ。
図鑑によれば、艶やかな羽衣からおしゃれな「京女」に見立てたのが名前の由来とか。茶色と黒が混じった此の鳥は眼が写り難く、むつかしい被写体です。119a9776左からソリハシシギ、キョウジョシギ、トウネン、オオソリハシシギだと思うのですが。119a9730
                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1186-

« 海辺の鳥たち チュウシャクシギ | トップページ | 海辺の鳥たち 最終回 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

今日はお彼岸最終日のお墓参りです。(笑)

シギ種でもクチバシの区別だけではなく羽色も違うシギも居るのですね。
昆存している中での区別も私には到底解かりませんが、それも楽しみの一つですね。

あすか 様
シギ類、鳥の中でも尤も見分けのつき難い種類ですが
このキョウジョシギは羽の色が独特で自分でも容易に判別が出来ます。
今日は穏やかで好い日和です、お墓参りには絶好ですね。

おはようございます!

私のイメージでは、シギはくちばしが長いと勝手に思っていましたが、
キョウジョシギは、クチバシが短いのですね。
カラフルな衣をまとった姿…羽根を広げて飛ぶところを見てみたい気がします。

名前の由来にも、ちょっと風情のあるシギさんですね。

キョウジョシギ、きれいな羽の色が出てますね。
やはり、この色が出ないとキョウジョシギの名が泣いちゃいますよね。
私の場合は、全くダメでした (>_<)
次回は必ずこの羽の色を出したいと思っています。

こんばんは

4枚目はバラエティーなシギたちが揃いましたね。
見ているだけで楽しいです!
美しい海の背景ですが、シギたちは石に紛れていますね。
やはり、野鳥は周囲の風景に溶け込み、身を守るのですね。

キョウジョシギはMFでも観察できますが、今秋の渡りでは見かけませんでした。

セロリさん  様
水辺の鳥であるシギ類はくちばしの長いものが多いのですが
此のキョウジョシギのように比較的くちばしの短い鳥もいます。
飛んだところ、残念ながら今回は撮ることが出来ませんでした。
またの機会に飛んだところが撮れましたならブログで紹介したいと思います。
誰が名付けたのか京女鴫、確かに風情がありますね。

korekore 様
仰るように写真にするにはなかなか難しい被写体ですね。
眼が写り難く、と言ってあんまり露出オーバーでは羽の色も出ないし・・・
「korekore」さんのショットも素晴しかったですよ。
間近で良い光線の下でバッチリ撮ってみたい鳥ですね。

ホロホロ 様
一番下の写真、偶然でしたが4種もの鳥が同じ場所に来てくれました。
美味しいご馳走があったのかもしれません。
ごろた石が沢山あり、なかなか石の前に来てくれないので困りました。
何もない明るい砂浜もあるのですが警戒して砂浜には来てくれません。
物陰に隠れる、野性の本性かもしれませんね。

こんにちは。

鴫は地味な羽色と思いこんでいましたが、綺麗な子もいますね。

にしても、今日は暑かったですね^^。

クーラー入れています。

ぽち。

あとり 様
そうですね~
どちらかといえば地味系の多いシギですが
この京女さんは名前のとおりなかなか艶やかな羽衣ですね。
当地方も今日は暑かったですよ。
今も扇風機がまわっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の鳥たち 京女鴫:

« 海辺の鳥たち チュウシャクシギ | トップページ | 海辺の鳥たち 最終回 »