2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ヤマガラ | トップページ | 海辺の鳥たち クロサギ »

2017年8月29日 (火)

田んぼアート菊川

「田んぼアートin菊川2017」開催案内のハガキを頂き、今年もまた出かけてきました。
東方地方で開催される大規模な田んぼアートには及びませんが、ほぼ毎年見物しています。

今年のメインアートは地元「太郎坊大権現」のご本尊天狗。約200名で田植えを行い、使用したお米は8品種との事です。

119a9713
天狗アートの隣には、菊川市のマスコットキャラクター「きくのん」と「ちゃらりぃまん」

119a9705
見物は例年、作業用のクレーン車からの見物でしたが、今年は高所に設置されたやぐらから鑑賞です。

119a9708

 


                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1172-

 

 

« ヤマガラ | トップページ | 海辺の鳥たち クロサギ »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

都会では見られない光景なので楽しみです。
制作者たちが想像しながらの田植えが見事に再現しましたね。
やはり展望台からの作品を見るのが一番ですね。

こんにちは。

素敵アートですね^^。準備されるのは大変でしょうけれど。。

見ごたえがありますね。

今日は、友人宅に小鳥をお迎えに行ってます。

明日ゆっくりおうかがいさせていただきます。

ぽち。

あすか  様
田んぼのある地方ならではの催しでしょうね。
先日TVで見た青森県や他の地区のアートは規模も大きかったですが、仰るとおり制作者たちの夢が叶えられた作品だと思います。
こういった試みは自分も大好きです。

あとり 様
準備が大変でしょうね~
昨年より見物する位置が若干高くなったように思いました。
それに伴い植え付けの変更など夢のある企画だと思います。
また小鳥が増えるのでしょうか?
楽しみですね。

毎年、見事な田んぼアートですね。
今年はクレーン車ではなく、ヤグラからで良かったですね。
安定感が違いますものね(^^)
みなさまのブログで田んぼアートを見せていただいていますが、
実物を見たら感動しそうです!

ホロホロ  様
今年も恒例の田んぼアートに行ってきました。
「ホロホロ 」さんが皆様方のブログでご覧になられた田んぼアートより規模は小さいかもしれませんが秋晴れの下、たわわに実った田んぼとそのアート、高所から眺める気分は良いものでした。
一本足で足元が見えないクレーンよりやぐらの方が高所嫌いの自分には安定感もありよかったです。

1枚目の田んぼアート 迫力がありますね。
それと比べて2枚目のマスコットキャラクターは、和やかな感じですね。
田んぼアートの見物と共に演舞が行われる・・とは、一大イベントのように思います。

北海道ではあちこちで田んぼアートを見ることが出来ますが、特に旭川近郊で行われる田んぼアートでは例年旭山動物園の人気動物が描かれているのが有名。今年はオオカミ、シカ、レッサーパンダなどが描かれていたようです。(インターネットで検索)
このままずーっと展示してほしいのですが、期間限定なので刈り取られてしまうのが残念です。

素晴らしい力作ですね。
見ごたえ満点 !!
毎年続けてもらいたい行事ですね。
「おんな城主 直虎」 は、ますます面白くなってきました。
以前はよくドラマに途中で居眠りしていたものでしたが、
最近はのめり込むように見ています。

のりちゃん 様
TV等で紹介されるような大規模な田んぼアートではありませんが、自分たち夫婦も「今年はどんなデザインかな?・・・」と、ほぼ毎年出かけています。
北海道でも盛大に開催されている様ですね、広い大地の北海道、その規模もかなりのものと想像いたします。
此の田んぼも、収穫祭には刈り取られてしまいます。

korekore  様
有難うございます。
主催者に代わってお礼申し上げます(笑)
「おんな城主 直虎」、視聴率はともかく、地元が舞台であり自分も毎週欠かさず見ております。
この日は直虎の叔父さんである新野左馬助のふる里も訪ね、その後は御前崎海岸に寄りシギチを見て帰りました。

おはようございます。
旅行に出かけたり、ブログの調子が悪かったりでご無沙汰してしましました。
今年も田んぼアートに行ってこられたんですね。
こちらの田んぼアートは、エレベーター付きの展望台から見れるので平気ですが、菊川の田んぼアートだと、高所恐怖症の私には無理かもしれません。(笑)
それぞれ、年ごとにテーマを決めて作品作りをされてるようですが、デザインを決めるのは大変みたいですね。
スタッフの皆さんに拍手!!

ソングバード  様
案内のハガキを頂き、今年もまた行ってきました。
そちらの田んぼアートはエレベータ付きの展望台からですか・・・
規模もさぞかしと想像いたします。
此方の展望台、建設足場用のパイプで作られており、足元から下が丸見え、高所恐怖症では「 ソングバード」さんに負けない自分です。
足元を見ないように手すりに摑まりながらの昇降でした。
それでも昨年までの工事用のクレーン車よりも揺れないだけでもマシでしたよ(笑)

見事な田んぼアートですね。
企画もたいへんでしょうけど、どうやって田植えをするのか、興味津々です。
水を張った田んぼに線を引けるわけもないし、それともいったん水を抜いてから
杭打ちをして区切りをつけるとか・・・。曲線もきれいに出てますしね。
不思議、不思議。

こんにちは。

この夕方からようやく涼しくなってきました。

小鳥は、預かるだけで、増えるのはもうちょっと先になりそうです。

予約していた秋雛。。オール♀だったので、春雛待ちです^^;。

ぽち。

ちどり 様
私たちには到底想像も出来ない作業ですね。
此の田んぼの真横からでは全くその図柄さえ見ることが出来ません。
パイプで作られた展望台の1段目2段目と上るに従い細部がシッカリ見えてくる此の植え付け方法が秘訣なのでしょうね。
自分にも???です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼアート菊川:

« ヤマガラ | トップページ | 海辺の鳥たち クロサギ »