2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 季節の鳥 ササゴイ(2) | トップページ | 熱帯スイレン 浜松フラワーパーク »

2017年7月30日 (日)

大賀ハス 浜松フラワーパーク

浜松市フラワーパークの大賀ハスが見頃との新聞記事を読み早速出かけてきました。嬉しいことに花の少ない此の時期は入場料が無料なのです。

この花は千葉県検見川から根分けされ、2000年の眠りから覚めた大賀ハスです。

119a9330花の美しさは無論の事ですが、弥生時代以前の花の再現には感無量のものがあります。
119a9334
119a9322
ハス池近くのハマボウが見頃でした。

119a9354
バラの花もパチリと。

119a9275
大温室内のヒカリゴケ。暗闇に光る苔は一瞬でも暑さを忘れさせてくれます。

119a9300
                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1157-

« 季節の鳥 ササゴイ(2) | トップページ | 熱帯スイレン 浜松フラワーパーク »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

大賀ハスは、あちこちで今を盛りにその見事な花を咲かせていますね。
真夏を感じる花です。
さて、今回は珍しい 「ヒカリゴケ」 を見させていただきました。
写真にしろ目にするのは初めてのことです。
こんな場所が 『浜松フラワーパーク』 では見れるんですね。
機会があったら是非足を延ばしたいと思います。

おはようございます。
古代ハス、見に行ってこられましたね。
他の蓮と違って、歴史を感じさせてくれる蓮の花でしょう。
ここは大賀ハスのDNAを引き継いでるんですね。
こちらの行田ハスと比べて、DNAはどのように違うのか分かりませんが、見かけは全く同じようです。
ヒカリゴケはまだ見たことないので、一度見てみたいものです。

↓のササゴイ、獲物がオイカワという鮮やかな魚だけに、写真も引き立ちますね。
しかも2匹同時にゲットするとは…・初めて見ました。
オイカワの婚姻色も綺麗です!!

korekore  様
おはようございます、早いコメントを有難うございます。
新聞記事や皆様の古代ハスのブログを読み、矢も盾もたまらずハスを見に行ってきました。
此処の大賀ハス、過去にも見たことがありますが今年も見事でした。
ヒカリゴケは以前信州駒ヶ根市の「光前寺」参道で見たことがありますが
浜松フラワーパークの温室内にも規模は小さいものの常時展示されています。

ソングバード 様
「 ソングバード」さんの美しい古代ハスに触発され、見たいなと思っていたところ新聞記事を読み早速行ってきました。
写真で見る行田市のものとは規模も比較にならないかもしれませんが、それでも池一面に咲く古代ハスは見事でした。
池の畔の看板にも千葉県から根分けされた大賀ハスであると明記されていました。
ヒカリゴケは信州駒ヶ根市の「光前寺」参道でも自然な状態で見ることができます。
国内でも彼方此方で見られるところがあるようですね。
ササゴイ撮り、面白いのですが暑かったです。

発掘者、大賀一郎博士の約2000年前の古蓮と推定され世界最古の花が現在こうして開花して楽しませてくれる。
昨年千葉公園での大賀ハスを私も観に行きました。
ヒカリゴケも千葉にもある場所があります。ドライブの途中見つけました。
暗いところでは本当に光って見えましたよ。

大賀ハスもきれいですが、ヒカリゴケがよく固まってみられるのですね。
光るって不思議なコケですね。
どこだったか忘れましたが、初めて見たときはその神秘性に感動したことでした。

あすか  様
大賀ハス、国内はおろか世界各国へ根分けされているそうです。
ハスの違いや詳しいことは分かりませんが、2000年前の人たちも此の花を眺めていたことを想像すれば感慨も大です。
ロマンがありますね~
ヒカリゴケ、日本国内の彼方此方に存在するようですね。

ちどり 様
ヒカリゴケ、此の温室では常時見ることができます。
今、調べてみましたが日本では北海道と本州の中部地方以北に存在するとか・・・
私は信州駒ヶ根市のお寺で見たことがあります。
しかし、神秘的な苔ですね。

そうです、わたしもそこで見ました。
木曽駒ヶ岳に行った帰りにです。
お寺の名前は忘れましたが、多分同じものを時を違えて見てるんでしょうね。

ちどり 様
お寺の名前は多分「光前寺」だと思います。
その参道で自分も見た記憶があります。
千畳敷カールへ行った時の帰りに寄りました。

以前、駅ハイ千葉で大賀ハスを見ました。
そちらのハスも千葉からのものなのですね。
大昔からの眠りから覚めて、今では全国で見事に開花しているのですね。
ヒカリゴケは本当に神秘的です。
先ほど、私も上野のハスの花をアップしましたー(^^)

こんにちは。

蓮のお花きれいです。

ホント、暑いですね。

冷たいビールを飲んでまったりしたいです。

ぽち。

ホロホロ 様
此処、フラワーパークの蓮のルーツは千葉から根分けされたものと池近くの案内板に明記されておりました。
此の美しい花を弥生時代の人たちがどんな気持ちで眺めていたのだろうと思うだけでも感慨深いものがあります。
これから上野のハスを拝見に伺います。

あとり 様
こう暑くては・・・
暑くて今日は1日中休養でした。
夏バテかもしれません。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

今日も暑かったですね^^。

電気料金の引き落としがあって。。その額にびっくり。。

涼しくしてないとやってられないですものね^^;。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/71240642

この記事へのトラックバック一覧です: 大賀ハス 浜松フラワーパーク:

« 季節の鳥 ササゴイ(2) | トップページ | 熱帯スイレン 浜松フラワーパーク »