2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 今年も朝顔が咲いた | トップページ | 花火の季節 »

2017年7月 8日 (土)

水辺の鳥 セイタカシギ

鳥枯れと言われるこの時節、鳥を探しにセイタカシギの群れがいるところへ。

2f0a1690
2f0a1946
2f0a1951
今年生まれの幼鳥、盛んにパタパタを繰り返しています。

2f0a1707
休憩? 人間の正座とは全く逆のポーズですね。
以前、セイタカシギが水深のある場所での水浴びシーンを見たことがあります、長い脚をどうして折りたたんでいるのか分からなかったものですが、こんなスタイル?なのかもしれません。

2f0a1711
久しぶりのセイタカシギ、何時見てもその優雅な佇まいが其処にありました。

2f0a1678

                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1146-

« 今年も朝顔が咲いた | トップページ | 花火の季節 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
暑いですね!この暑さでは鳥撮りも大変!!
今朝、久しぶりに、沼に出かけてみましたが、セイタカシギの姿はまだ見えませんでした。
古代ハスが咲き始めたので、そろそろお出ましいただいてもいい時期なのですが・・・・まさか来ない???なんてことが無ければいいのですが…・
鳥枯れの時期、セイタカシギは、貴重なモデルさんですね。
幼鳥の正座スタイルが面白いですね。このポーズ、成鳥もよく見かけます。
なんだか中途半端な格好ですよね。

こんにちは。

幼鳥さん、かわいいですね。

同じ幼鳥でも、うちのすえっ子チャミは足が短いので。。しょっちゅう、おしりをひきずってます^^;

ぽち。

セイタカシギの休憩ポーズ、初めて見ました。
目からうろこ的ポーズですね。
↑のソングバードさんは成鳥もこのポーズで正座すると書いてありますね。
一度見てみたいものです。

ソングバード 様
暑くなると共に差と山の鳥たちの姿も減って。。。
この日は山手を諦めて水辺に出かけてきました。
セイタカシギ幼鳥の正座ポーズ、成鳥もやはり此のスタイルなのですね。
偶然でしたが此の日同じ場所で撮ったソリハシギのテトラに留まったスタイルがこんな形でした。
鳥たちは皆此のスタイルなのでしょうか?

あとり 様
足の長い鳥、短い鳥様々ですが此の幼鳥の正座スタイルは初めて見ました。
足の長いタンチョウやコウノトリなどはどうして座るのかな?

korekore  様
鳥たちの座るポーズ。
抱卵時のなど座っていても羽で脚が見えないので今まで知らなかったのです。
自分もこの様なスタイルを初めて見た次第です。
今度は成鳥の正座スタイルを見てみたいものですね。

パンダ配色の鳥もいるのですね。
足の折りたたみには違和感がありますが
これはセイタカシギだけの動作でしょうか。

あすか 様
5年も鳥を見ていますが足をこんなスタイルで畳んでいるところを見たのは今回が初めて。
この日撮った別の鳥(チドリの仲間)もこれに似たスタイルでいましたが、
鶴やダチョウなど足の長い鳥はどうなんでしょうね~

私も以前、セイタカシギの幼鳥がこのように足をたたんで座っているのを見かけました。
5月に成鳥が抱卵しているのを見ました。L字のまま座るのでしょうかね。

こんにちは。

今日は久方ぶりの激しい雷雨にびっくりしました。

出先なので、明日おうかがいさせていただきます。

ぽち。

ホロホロ 様
「ホロホロ」さんもセイタカシギの正座?をご覧になられたのですね。
自分は初めて見たのでビックリです。
抱卵スタイルね~ 全く分かりません。

あとり 様
大阪では夕立?
此方では全くその気配は無し。
狭い日本? いえ、やっぱり広い日本ですね。

この時期、人間も外に出るのが暑くて嫌になりますが
鳥も少なくなるのですね。

セイタカシギの足の曲げ方ってびっくりしちゃう方向に
曲がるのですね。
他の鳥もこんな曲げ方するんでしょうか?

ジャランこ 様
そうなんです、此の時期は「鳥枯れ」といわれており鳥の少ない時期なのです。
セイタカシギの足の曲げ方、自分も初めて見たのでビックリ。
他の鳥のことは分かりませんがよく似たポーズで留まっているところを見たことはあります。
未だ未だ知らないことがいっぱいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/71076792

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺の鳥 セイタカシギ:

« 今年も朝顔が咲いた | トップページ | 花火の季節 »