2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 水辺の鳥 チュウシャクシギなど | トップページ | オオルリの若様 »

2017年7月22日 (土)

直虎ゆかりの地へ

大河ドラマで盛り上がる浜松市北部の井伊谷を訪れてきました。
此の地は既に何度も訪れており、観光客が比較的少なく、自分たちも初めての「天白磐座」と直虎や南渓和尚の位牌が見つかった「妙雲寺」などを訪ねた。

多くの観光客が訪れる「龍潭寺」、「井伊谷宮」の入場はパス。
「龍潭寺」を通過の際、山門をパチリ。

P1060708

最初の目的地は「渭伊神社」裏手の小高い山の上にある天白磐座。「渭伊神社」に駐車場が完備されていることを知らず「龍潭寺」第3駐車場からテクテク。
古代から伝わる神聖なパワースポットとして近年脚光を浴びている場所です。

P1060717

古代祭祀場の遺跡である天白磐座、存在は知っていても訪れたのはこの日が初めて。
P1060718

そして直虎、南渓和尚の位牌が最近発見された「妙雲寺」へ。此の寺で直虎が晩年を過ごしたとも言われております。

P1060728


左側が直虎、右が南渓和尚の位牌です。土日・祝日のみ拝観OKとのこと、この日は日曜日であり拝観出来たことは幸運でした。

P1060724


南渓和尚の肖像画、此の肖像画も期間限定の公開です。

Img_0026_3
此の後、地域遺産センターで開催中の「井伊谷城のふもとで戦国時代を探る展」を見て帰宅。

井伊直虎ゆかりの地としては井伊谷城祉、龍潭寺、井伊谷宮、井伊共保公出生の井戸は近年訪れており今回は全てパス。訪れた事のない天白磐座、妙雲寺そして地域遺産センターを訪れました。

直虎、南渓和尚の位牌や南渓和尚の肖像画等、期間限定の貴重なものを拝観できただけでも幸運なことでした。
                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1153-

« 水辺の鳥 チュウシャクシギなど | トップページ | オオルリの若様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

現在、大河ドラマの舞台が近場にあると自分なりに違った角度で探訪したくなります。
それが歴史の面白さにもつながって行くのですね。
最近になって直虎の位牌が発見された! 今更に興味が湧きます。近ければ行きたい場所です。

あすか  様
直虎や南渓和尚の位牌。
今度の大河ドラマが始まらなければ発見されずに位牌堂奥に眠ったままだった可能性があるそうです。
妙雲寺開山が南渓和尚であり寺内を詳しく調べたところ発見されたと説明してくれました。

おはようございます!

歴女の端くれとしては、思わず「イイな~ 羨ましい 行って見たい。」と
声に出しつぶやいてしまいます。
「大河ドラマ」になるという事で改めて調べると資料&遺跡が
発見される事があるんですね~。
最近あまりにも暑くて「鎌倉の寺社」を散策するのも控えていますが、
せみ時雨の寺社境内散策も、おつなものかもしれませんね。

大河ドラマ、このところ見ていませんでしたが
今年は見ているので興味深く拝見しました。
ブラタモリでも話が出ましたが、大河ドラマの影響で新たな発見があることも
多いようですね。
混んでいる土日を避けてしまいたくなりますが、土日のみ可というところもあり
悩んでしまいますね。

私も行きたくなってしまいました。

「大河ドラマのゆかりの地」というコトで、写真を見る限り行きたくなる場所だと感じました。
木々に囲まれたパワースポットは如何でしたか?
この時期ではきっと「涼しい」場所だと思ってしまいます。

その後訪れた展示で、益々歴史に興味を持たれたのでは?と思います。
ダンナの夏休みまで時間が取れそうにないので、機会が出来たら改めて歴史に触れてみたい・・・です。

こんにちは。

直虎。。視聴中です^^。思ったより面白いドラマにしあがっていますね(えらそうな評論家みたい^^;)。

大河が始まって、新たに見つかったものもあって、ますます興味がそそられます。

にしても、連日の猛暑に、ぐったりしちゃいますよね^^。

暑さ寒さも彼岸までといいますが。。

梅雨明け早々にもうそんなことを考えてしまうほどの暑さ。

まいりました^^;。

ぽち。

大河ドラマで盛り上がる井伊谷。
メインのスポットではなく、より深く歴史をみる場所に行かれたのですね。
「天白磐座」は木の根が浮き出て、神秘的な雰囲気ですね。
以前行った京都の鞍馬山を思い出しました。
大河ドラマの影響で発見されたご位牌も見学できて、満足な一日でしたね。

セロリさん  様
何時もは「セロリさん 」の苦手な鳥ばかり。
「セロリさん 」のお好きな歴史に関するレポートで「行って見たい・・」と思っていただけただけでも嬉しいことです。
直虎、南渓和尚の位牌が見つかった「妙雲寺」
まさに大河ドラマ 様様ですね。

ジャランこ  様
大河ドラマの影響で新たな発見が・・・
その様なことは他にもあったのですね。
この「妙雲寺」の位牌も全く同じで大河ドラマのお陰だとの説明がありました。
自宅からはそれ程遠い訳でもなく、出かけるには平日でもよかったのですが日曜日に行ってきました。
それが結果オーライでした。

のりちゃん 様
パワースポット、巨石と古木に囲まれて神聖な感じが溢れた場所でしたよ。
現地を訪れ、古代から神聖な場所として崇められていることにも納得です。
高地ではありませんが何故か暑さを感じることなく神域の散策ができました。
歴史好きな自分ですが、今回は行って良かった・・・それが実感です。

あとり 様
「 あとりさん」も大河ドラマをご覧になっておられるのですね。
自分は普段、TVはあまり見ない方ですが、ドキュメント番組やスポーツ中継と大河ドラマだけは見ています。
しかし毎日暑いですね~
これからも此の暑さが続くと思っただけでウンザリです。

ホロホロ  様
浜松市北部の井伊谷地区、
ドラマの影響で随分盛り上がっています。
観光バスの団体さんが訪れるメインスポットは既に複数回見ており、今回は訪れた事のない場所へと行ってきました。
京都の鞍馬山、木の根だけが今でも印象強く記憶に残っております。
でも、あれほど広い場所ではありません。

大河ドラマは一大ブームをもたらしましたね~。
残念ながら見ていないのですが・・・話題は良く耳にします。
龍潭寺は大変魅了的な場所ですね。
天白磐座の写真に魅了されました。
木と木の根、岩がいい感じですね。
パワースポットというのもうなずけます。
期間限定の自画像なども見ることができて良かったですね。

こんにちは。

今日も猛暑で、げんなりでした。

あとどのくらい続くのでしょうね^^;。

ぽち。

walkerZ  様
大河ドラマは毎年見ておりますが、
今年の場合は地元に近いこともあって特別な思いもあります。
天白磐座は初めて訪れましたがパワースポットとしても納得できました。
何より期間限定の貴重なものが拝観できたことがよかったです。


あとり 様
今日も暑かったですね。
里山に鳥がいないので暑い中、古代ハスを見に行ってきました。
でもよかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/71158483

この記事へのトラックバック一覧です: 直虎ゆかりの地へ:

« 水辺の鳥 チュウシャクシギなど | トップページ | オオルリの若様 »