2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 天浜線ヘルシーウォーク 森町 | トップページ | アカショウビン »

2017年6月30日 (金)

カイツブリの親子

鳥友さんから情報をいただき美しい睡蓮の咲く池に出掛けてきました。お目当ては睡蓮に絡むカイツブリです。
当初は、ヒナが4羽誕生としたとの事ですが何故か此の日現れたのは親鳥2羽とヒナは3羽だけ。後の1羽はどうしたのでしょうか?

2f0a0979池に咲く黄色く小さな花はアサザ。
2f0a0410
ヒナは居ませんが風が止まり、親鳥が水面に映り込んでくれました。2f0a0699
少しゴチャゴチャしていますが、紅い睡蓮の咲くところにも・・・

2f0a0235直ぐ近くにはヒナも居るのですが。
2f0a0571
近づいてきたヒナちゃんを大きくアップで。

2f0a0940近くに居る親鳥に盛んにアッピール! ウリ坊に似た模様が実に可愛いですね。
2f0a0920ヒナ鳥たちは大きくなり過ぎたのか親鳥の背中に乗って池を移動するシーンは見ることができませんでした。
                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1142-

« 天浜線ヘルシーウォーク 森町 | トップページ | アカショウビン »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

よく子供と動物にはかなわないと言いますが、
花と動物にもかなわないです。
とってもいい写真。絵葉書か写真集の写真のよう。
ヒナが泳いでいる様子、叫んでいる様子などが良く撮れてますね。
被写体がかわいいと、長胃時間撮影してもつらくないのでは?

今時期は子育ての時期ですね。
都心でも「鴨の親子連れが交通遮断しました」との報道もあるくらいです。
こうした自然界での子育ては親鳥も外敵は他の動物がいなければ嬉しいですね。

walkerZ  様
花は美しい、花が嫌いな人はいないと思いますがどんなものにも似合いますね。
池の噂は昨年も聞いておりましたが出かけたのは今年がはじめて。
鳥友さんから情報を聞き、出かけてみましたが美しい花とカイツブリの親子がよくマッチ、出かけてよかったと思いました。
こんな撮影ならば全く退屈しませんよ、ただ暑かったのには閉口しましたが(笑)

あすか 様
此の鳥のヒナ、当初は4羽いたとのことでしたが
此の日見たのは3羽だけ・・・残る1羽は?
野生の生き物が生きていくのは並大抵ではないようですね。
この3羽も全て成長できればよいのですが。


スイレンもきれいですが、カイツブリのひながかわいいですね。
鴨川でもよくひなを見かけましたが、今年はまだ情報がありません。
河川工事があると、どこかへ行ってしまうのでしょう。さびしいです。
アサザが咲いていますね。

カイツブリの親子、今年は観察しそびれています (^_^;)
やはり、どんな鳥さんもヒナはほんとにかわいいですね。
スイレンの花がまたいい感じです。
残りの一羽は、どこかの花や葉の下に隠れていると思いたいですね。

ちどり 様
カイツブリの親子、今季は何時もの近場から少し離れたスイレンの咲く池に出掛けてきました。
何時もの所は浮巣があって親子がいるだけの所ですがやっぱり花があれば華やかです。
アサザをもう少しハッキリ撮りたかったのですが、鳥にピントなので上手く撮れませんでした。

korekore 様
親がヒナを愛しみ、ヒナは親を探しては餌をねだり甘える。。。
親子の場景何時見てもほのぼのとした気分に浸ることができます。
出かけた時期がやや遅く、ヒナが親鳥の背中に乗る光景はありませんでした。
残りの1羽のヒナ、やっぱり気になりますね。

こんにちは。

親子で仲睦まじいですね。

雛はほんとかわいらしいです。

ぽち。

あとり 様
睡蓮の花が咲く、此の環境が素晴しかったことは間違いありませんが
ヒナちゃんがやっぱり可愛かったです。
「あとり家」のひよこちゃんを思い出しました。

美しくて、微笑ましい写真ですね!

野鳥の雛が全部無事に成鳥になるのは難しそうですね。
残る一羽が心配ですね。

紅白の睡蓮の写真、とても素敵だと思います(^^)

カイツブリの一家はこちらでも観察できますが、夫婦揃って働き者ですね。

ホロホロ 様
毎年出かけている花の無い近くの池から花の咲く池へとミニ遠征してきました。
こうして見ればやっぱり花のある池まで行って良かったと思いました。
残る1羽が気がかりですが自然界の結果は不明です。
弱肉強食、非情かもしれませんが、これが自然界なのかもしれませんね。
でも。。。

おはようございます。
カイツブリ親子も、こうして睡蓮やアサザの花に囲まれると、雰囲気が違って見えますね。
背景によって、見栄えがかえわっえくる典型かもしれません。
雛たちも、親に見守られて、花見を楽しんでるように見えます。

↓の直虎にラッピングされた電車、乗ってみたいものです。
今や観光客も増えてるんでしょうね。

ソングバード 様
今まで見ていたカイツブリの親子、
フツウの池なので地味な感じでしたが、此処の池では睡蓮の華やかさに引き立てられて
カイツブリそのものも綺麗に見えてきました。
やっぱり花の威力は凄いものですね。
大河ドラマの影響で北遠地方はブームとなっているようです。
TVの影響って凄いですね。

おはようございます。
カイツブリと睡蓮のコントラストがいいですね。
最近は鳥の写真を撮っていませんが、鳥の写真もいいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来週月曜日(3日)午後3時半ごろ東海道磐田駅近くを歩く予定です。
風車を後ろにつけています。

よっくん  様
加齢と共に脚が弱くなり、以前のように長い距離や早く歩くことはできませんが
最近では近場のみ歩いています。
ウォーキングがメインで始めた此のブログ、今ではメインが鳥になってしまいました。
3日の件、了解です。お目にかかれることを楽しみにしています。

おはようございます。
綺麗な水連とカイツブリの親子を
撮れていいですね~。
もう一羽 どうしたのかな
元気だといいですよね。
雛 可愛いですよね~。
今季 私も数度見ましたが満足な写真は撮れませんでした。
親が背中に乗せてる頃も撮ってみたいですが
タイミングが難しいです。

はぴ 様
当初は4羽いたカイツブリのヒナちゃん。
一番小さなヒナが居なくなったと聞きました、
ここに居る3羽の中にも1羽、小さいヒナがいて一寸気になるところです。
子供が親鳥の背中に乗るシーン、ヒナが小さい間だけかもしれません。
この日もヒナガ背中に乗ろうとしても親がOKをしない様子が何度もありましたので。。。

こんにちは^^
純白の睡蓮と、カイツブリの親子
心が安らぐ、素晴らしいお写真です。
睡蓮は美しく、カイツブリは愛らしくて
何度も、スクロールして、見せていただきました^^

こんにちは。

やはり、ヒナは、かわいらしいですね。

今日の大阪は快晴!。

まるで真夏のようなお天気です。

暑いのも困りものです。

ぽち。

ぽち

k-24 様
有難うございます。
何度も、スクロールして見ていただく程のショットではありませんが、写真の上手い「 k-24」さんにそう言って頂けただけでも感激です。
カイツブリ一家のほのぼの感が少しでも分かっていただけたならそれだけで大満足です。

あとり 様
今日の当地は午後から雨も上がりましたが
風があり、それ程蒸し暑さは感じられず先ず先ずの1日でしたよ。
明日は久しぶりにカメラを持って出かけてみたいです。

ちっちゃいヒナ達のかわいいこと。
もっと小さいときは親鳥の背中にのって移動するんですね~
背景の睡蓮もうつくしいですね。

ジャランこ 様
睡蓮に絡むカイツブリと親の背中に乗って首だけ出しているところも撮りたかったのです。
出かけるタイミングが遅く、ヒナドリたちが大きくなりすぎたので親鳥はヒナ達が背中に上りかけても乗せませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/70971822

この記事へのトラックバック一覧です: カイツブリの親子:

« 天浜線ヘルシーウォーク 森町 | トップページ | アカショウビン »