2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« JRさわやかウォーキング 袋井 | トップページ | 天浜線ヘルシーウォーク 森町 »

2017年6月26日 (月)

キビタキほか

森の中で、好い声で盛んにさえずりながら留まって居るのはキビタキ。
静かな環境の下、此の声を聞いているだけでも俗世を忘れる清清しさ満点の心境になります。2f0a9937違う個体でしょうか? 胸や咽元の色が薄い感じです。2f0a9919_2
チラリとだけ現れたサンちゃん、一寸ピン甘ですが。

 

2f0a9959
2f0a9807

 


                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1140-

« JRさわやかウォーキング 袋井 | トップページ | 天浜線ヘルシーウォーク 森町 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

キビタキって、「俗世を忘れて清清しさ満点の心境」になるほどの美しい鳴き声なんですか。
かわいらしい個体に、美しい鳴き声、神様は二物を与えましたね。
1枚目の写真を見る限り、精一杯鳴いているので、それなりに大きな鳴き声なのかしら。
1枚目の写真のキビタキと、3枚目のものは、確かに違う個体かもしれませんね。
遠くからの撮影でも、個体の違いに気づくとは・・・。さすがです。

walkerZ  様
おはようございます。
キビタキ、日本三鳴鳥には入っておりませんが実に綺麗な声で鳴きます。
鳴き声を文字で表現できないのが残念ですが、どの図鑑などでも「羽の色と鳴き声の美しい鳥」として紹介されています。
個体差の違いは遠くからでは分かりませんが、咽から胸の羽の色が違うように感じましたので・・・
光線の具合で羽の色の違いはビミョウなところもありますが。

キビタキと言う鳥は胸毛が黄色い鳥とここで覚えました。
しかし毎朝の公園散歩では一度も見かけません。
ましてや長い尾羽のサンコウチョウは都心の公園では無理名でしょうね。
一度は肉眼で観たいものです。

あすか 様
キビタキやサンコウチョウ、当地方では少し山手の公園や里山まで出かければ見ることは可能です。
都会の公園ではサンコウチョウを見ることは難しいのかもしれませんね。
暗い森で沢水が流れているような所に居ることが多いようです。

おはようございます。
キビタキの声、いいですね。長いこと聞いていません。
ササユリもいいですね!

ちどり 様
御所には居ないのでしょうか、キビタキは。。
何時もの森ではキビちゃんはよく出ますがオオルリはサッパリ。
林道脇に咲いていた笹ユリ、花にやや艶が無く終わりに近いようでしたが写真に撮ってみればそれ程ではないのでUP致しました。

御所にも毎年来ています。
わたしがサボって御所に行かないだけ(笑)です。
この頃はほんとうに鳥にご無沙汰です。

キビタキ・・・胸や喉元の綺麗な黄色がポイントの野鳥なのですね。

駅からハイキングで、単独歩行になってしまった衣笠山公園のハイキングでも
小鳥の声に癒されながら心細さを忘れようとしていました。
公園を下ってからすれ違った大砲(レンズ)を担いだ鳥撮りさんお声を
掛けたらこの公園でも「キビタキ」を見ることが出来るようです。
のサンコウチョウも見かけ他との事…野鳥の声は聞こえても
残念ながら私にはわかりません。もしかしたらキビタキの声も聞こえていたのかも?

こんにちは。

小鳥さんたち、かわいいですね。

うちのベランダに来る雀たちも、今週に入って雛連れはいなくなりました。

そろそろ、子育てシーズンも終了でしょうか?。

ぽち。

春の渡りではちらりとしか見られなかったキビタキ。
そちらでは綺麗なキビタキもサンコウチョウもいるのですね。
嘴を開けてさえずっているキビタキ。あの綺麗な声が聞こえてくるようです。

ちどり 様
キビちゃん、御所には来ているのですね。
噂によれば都会でも京都の御所や大阪城公園は野鳥のメッカとか・・・
午前中にいただいたコメントへの返信コメに脱字がありました。
今頃気付きました、
何時ものことながら申し訳ありませんでした。

セロリさん  様
大砲を担いだ鳥屋さんが居られる場所ならキビタキやサンコウチョウが居ると思います。
サンコウチョウは一度鳴き声を聞けば忘れることがない特徴がありますし、キビタキやオオルリ、サンコウチョウは比較的身近な里山や山手の公園に行けば声なら容易に聞くことは可能だと思います。
大砲を担いだ鳥屋さんに尋ねてみてください、親切に教えてくれる筈ですよ。

あとり 様
スズメたちも子育てが終わったようですね。
スズメと言えば幼鳥のころから世話をしていたチュン君。
「あとり」」さん宅のベランダで毎年営巣していたのに今年はどうしたのでしょうね。
一寸気になりました。

ホロホロ 様
東京では渡りの季節以外には見ることが難しいのですね。
海辺の公園には珍しい水鳥は来ても山の鳥はつかの間の休憩だけで飛び去ってしまうのかもしれません。
幸い此の場所では撮影はとも角、見るだけならば何とか可能です。

キビタキ二種、ほんとに二番目のキビタキは黄色が薄いですね。
最初のは、橙色の中に黄色があるという感じですけどね。
サンちゃんもふつうにみられる、いいポイントですね。
もう、ヒナも孵っているのかな?

korekore  様
個体差なのか?
仰るとおり二番目のキビタキは黄色が薄いです。
これは光線の具合だけではなさそうですね。
1日居ればサンちゃんの声や姿だけは確認できますがなかなか写真は撮らせてくれないのが悩みの種です。

おはようございます。
相変わらず、賑やかな森ですね。
こちらの公園に、どういうわけかキビタキが今でも居続けてます。
まさか平地の公園で営巣してるとは思えませんが…・
サンコウチョウも、キビタキのように、公園で居続けてくれると、退屈せずに済むのですが…・(笑)
ササユリも綺麗です!!

ソングバード 様
公園にキビタキが居ついてしまったのでしょうか?
自分の行く何時もの公園では渡りの時にだけ見みられるのですが。。
余程居心地が良いのか(笑)
サンコウチョウは何時もの年より出が悪く、営巣場所も全く分かりません。
昨年は失敗したところが多く、今年こそ・・・と期待していたのですが。

こんにちは。

雀たちのことも気にかけてくださりありがとうございます^^。

昨年から、マンション内の木に烏が営巣し始めたので(子ガラスに懐かれたのが昨年です^^;。)、

代替わりしているかもしれませんがチュンたちは、ベランダではなく、直前の電線カバーの中に営巣しています。

うちは3Fなので、ほぼ同じ高さで、子育て中は親鳥のみ、巣立ち間近になると、小雀をつれて、朝と夕方ベランダに餌をねだりにきます。

今年の子育ては終わったようです。

烏の方は、同やら巣立ち間近で、その木の近くに行くと、警告します。かなり怖いです。

ぽち。

あとり 様
ご丁寧なコメントを有難うございます。
代替わりしているかもしれませんが「チュン君」たちは電線カバーの中に営巣なのですね。
小雀たちを連れて来訪とは「あとり」さんから頂いた暖かいおもてなし忘れてはいないようです。
烏の方はあのストーカー烏くん?
野鳥たちの逞しい生命力には「なるほど、なるほど」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キビタキほか:

« JRさわやかウォーキング 袋井 | トップページ | 天浜線ヘルシーウォーク 森町 »