2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« JRさわやかウォーキング 熊野長藤 | トップページ | 田んぼの鳥たち、タマシギほか »

2017年5月11日 (木)

蓮花寺池公園

5月5日。藤枝市の蓮花寺池公園の藤が見頃との新聞記事を読み出かけてきました。

子供の日とあって園内は子供連れの姿が目立ちます。

119a5237抜けるような青空と池を渡る鯉のぼり、新緑の山並みが素晴しかった。
119a5228
園内に在る郷土博物館では「昭和レトロデザイン展」と藤枝出身の作家「小川国夫」と聖書展が開催されており入館しました。
「昭和レトロデザイン展」では、懐かしいホーロー製の看板などがズラリ。館内は撮影禁止なのでご紹介できないのが残念です。

夫婦で顔を見合わせ「この看板、彼方此方で見たよ。懐かしいね~・・・」

119a5230
公園内の至るところに有る藤棚では藤が満開でした。

119a5240青い空と美しい藤の花、そして何より周囲に漂う藤の芳香が素晴しい。
119a5254
119a5249
                             にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1117-

« JRさわやかウォーキング 熊野長藤 | トップページ | 田んぼの鳥たち、タマシギほか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

晴天の中での公園散策
先日のイベントでも農家の庭に大きな鯉のぼりが泳いでいました。
都会では見られない光景なので懐かしく眺めてしまいました。
白と淡い紫の藤の花は何故か渓流の滝を思わせます。

青空にこいのぼりが映えますね。
季節感たっぷりの写真、いいですね。
こちらも公園も、藤が見事ですね
これだけキレイなら、わざわざ出かけたくなりますね。

あすか  様
地方では当たり前に見られる鯉のぼり、
都会では珍しいようですね。
自宅周辺でも農家など敷地の広い家では何処でも鯉のぼりを揚げます。
一般家庭ではミニサイズや室内飾りが主流となりますが。

walkerZ  様
熊野長藤の次は藤枝の蓮花寺池公園へ・・・
最近ではこれが何時ものパターンとなってきました。
長藤はウォーキングなので混雑は構いませんが、此処へは来る場合は車なので混雑が気になるところです。
道路と特に駐車場がね~

おはようございます。

藤の花が、豪華に青空の中に咲いていますね、
私の方は、近場には、あまり豪華な藤棚が有りません。

昭和レトロデザイン展は、私達昭和育ちが歩んできた
道ですから、写真見たかったですけど撮影禁止では
やむを得ないですね。

こんにちは。

美しいですね。

藤のお花美しいですね。

癒されます。

ぽち。

毎年4月末に参加するウォーキングフェスタ東京で必ず白いフジの花が見られる場所があるのですが、今年は天候の影響で白いフジの花を見ることが出来ずちょっと残念だと思っていましたが、代わりに紫色のフジの花を東京都内で見ることが出来ました。

このブログで撮影された、フジの花、藤棚はきっと大きいことでしょう。
青空に映えて、紫と白のフジの花が一層綺麗に見えます。
1週間経って、フジの花は終わってしまったのか?ちょっと気になります。

こんばんは
快晴の日に見れて良かったですね~。
5日はかなりの混雑だったようで
臨時駐車場も長蛇の列だったそうですね。
今年はGWに見頃を迎えたようで
多くの方が楽しめて良かったと思います。
鯉のぼりも気持ちよく泳いでいますね^^
懐かしい看板 ポスターからもわかりますね。
つい撮影が主になってしまって 入ってないんです^^;

里山コウ 様
昭和生まれの昭和育ちの人間として昭和レトロデザイン展は興味深い展示物の数々でした。
撮影禁止は仕方がないところですが本当に懐かしい看板もありました。

あとり 様
五月晴れと鯉のぼり。
そして藤の花とくれば言うことなしの1日でした。

のりちゃん 様
白いフジを見る事が出来なかったのは残念でしたが紫色のフジは堪能できたのですね。
此処を訪れたのは5月5日、その後の情況は全く分かりませんがサクラと違って花期の長いフジ、最盛期には及ばずとも未だ咲いているのかもしれません。
詳しいことが分からず申し訳ありません。

おはようございます。
↓の藤も、ここの藤も見事ですね。
バックの青空に映えて、何とも不思議な世界に飛び込んだような気がします。
PL使用されてるんですか? 青空が綺麗です。

今年のGW,あまり鯉のぼりを見ることが無かったのですが、やっぱりこうして大空に泳ぐ姿は、男の子の象徴ですよね。

はぴ 様
5日、混雑が予想されたので早めに出かけました。
そのお陰で臨時駐車場に入ることが出来ました。
帰りには満車状態でしたから早めに出かけたのが大成功でした。
駐車場さえ確保出来れば後はのんびりと.。。
郷土博物館に入館してきましたが、撮影禁止が本当に残念でした。

ソングバード 様
風景写真や水面が入る場合はPLフィルターを使用します。
青空を協調したかったので一番効く位置にリングを回して(笑)
PL、鳥にも使いたい場合もありますが鳥用は高価なことやSスピードが遅くなるので持っておりません。
でも、水鳥など水面の反射が強い時には欲しいと思いますね。

こんにちは。

今日はパソコンがサクサク動くよう、総入れ替えをおこなうため、

スマホよりおうかがいしました。

操作になれないため^^;。あす改めてお伺いいたします。

しりきれとんぼ的なコメントを入れてしまいそうで。。心配ですし。。

ぽち。

♪甍の波と、雲の波♪ と自然に口ずさみたくなる鯉のぼりの写真ですね。

藤枝市の藤の花も見事です。白花の藤もたくさんあるのですね。
藤枝市は藤に関係した名称かな・・・などと考えてしまいました。
サッカーが有名なのはよく知っています。

昭和の看板、懐かしいです。
今、放映中のNHK朝ドラも昭和が満載で
毎朝の一時を夫と懐かしく、「あれ、あったあった」と言いながら見ているのですよ(*^-^)

あとり 様
自分などスマホは異次元のもの。
相変わらずガラケー1本です。
当方へのコメント、更新日だけで充分ですよ。
無理をなさらないで下さい。

ホロホロ 様
藤枝市とフジの花。
藤枝市の花はフジですが、江戸期の旧東海道53次には既に藤枝宿があり、地名が先で後から地名にちなんで市の花になったのかもしれませんね。
でも詳しいことは分かりません。
公園内には20種260本もの藤の花が栽培されているとの事です。
昭和の看板懐かしいものがいっぱいでしたよ。
撮影が出来たなら・・・

超えんと遅くなりましたが、大好きな花のブログを
とっても嬉しく拝見しました。
白いフジの花・・・清楚な色合い癒されますね~!
今年は、藤の花の満開を見ることが出来なかったので嬉しき思います。

それにしても真っ青な空の鯉のぼりも悠々と泳いでグッドです。

昭和レトロの看板も、私たちの世代にはとっても懐かしいです。
朝ドラ 田舎から出てきて働いていた自分と重ね合わせ
見入ってしまいます。

セロリさん  様
鳥撮りが不調なので前回に続き藤の花シリーズとなりました。
前回ご紹介の池田宿の長藤同様、運よく満開の藤を楽しむことができました。
5月の空に泳ぐ鯉のぼり、青空を協調しすぎたかもしれませんが自分ではそれもアリかな・・・と満足しております。
昭和レトロの写真を紹介できなかったのは残念でしたが撮影禁止であれば仕方がありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/70496709

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮花寺池公園:

« JRさわやかウォーキング 熊野長藤 | トップページ | 田んぼの鳥たち、タマシギほか »