2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« オオルリと夏羽のアトリ | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク  »

2017年4月29日 (土)

ハナイカダとケリのヒナ

田植えの季節です。
既に田植えの終わったところ、これからのところと様々な田んぼの風景を眺めていた時、田植え前の田んぼでケリのヒナ達を発見、ヒナは全部で3羽居ます。

119a4564
親の心配をよそにヒナ達は元気に走り回っていました。

 

119a4575何時もの公園に咲いている葉の上に花が咲くのが特徴のハナイカダ。鳥用のレンズで離れたところからパチリ。

119a3918
花を大きくトリミングです、葉の上に花が咲くなんて・・・不思議な植物ですね。

 

119a3919ケリ、ハナイカダ共に4月25日に写したものです。

 

                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1111-

« オオルリと夏羽のアトリ | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク  »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。

雛(子供)はどんな動物でも可愛いものですね。
無事にスクスク育ってもらいたいものです。
はないかだ・・・桜の花びらかと (笑)
私も昨年イベントで初めて実物を見たことがありました。
今日明日は「ウォーキングフェスタ東京」で小金井迄行きます。
お仲間皆さまとお逢い出来ればと楽しみにしています。

あすか  様
おはようございます。
今日から明日までウォーキングに参加ですか。
自分は明日の長藤見物のウォーキングに参加を予定しています。
「はないかだ」、サクラの花びらと間違えてしまいそうですね。

おはようございます。

ケリさんの夫婦と子供3匹ですか、なんともかわいい写真です。
上空に鳶の姿を発見すると、夫婦でスクランブル発進ですか、
追い払う姿を見てみたいものですし、見られれば感動ものです。

花筏はどう見ても不思議な植物ですね。

ひなはいつ見ても、どんなひなでもかわいいですね。
ケリの親の凄まじいスクランブル攻撃を見たことあります。
こちらでもやっとカモのひなを確認しました。

里山コウ 様
自宅周辺は田んぼや畑が多く、
ケリは容易に見ることが出来ます。
子育て中のケリは気が強く人間にも向かってくることがあります。
と言っても鳴きながら頭上低く飛んでくるだけで危害はありません。
花筏、自分でも不思議な植物だと思います。

ちどり 様
そちらでも鴨ちゃんのヒナが見られましたか。
これから営巣するもの、子育て中のものと様々ですね。
この時期のケリは本当に気の荒い鳥に変身ですね。

こんにちは。

ケリの雛ってかわいいですね。

ダーウィンが来たでも特集されていました。逞しいんですね。親鳥さんは^^。

ぽち。

あとり 様
ケリは沢山居ますがこの可愛いヒナちゃんを見ることが出来るのはこの時期だけ。
どんな動物や鳥でも可愛いのはヤッパリ子供たち。
このヒナちゃんたち、餌は親から貰わずひとりでとっていました。
立派なものです。

ケリのヒナちゃんたち、かわいいですね。
周りの風景に溶け込んだような保護色なのですね。自然は良くできていますね。
それでも、なかなか全部成鳥になるのは大変なことだと推測します。
こちらでのカルガモの雛14羽、もう11羽に減っていました。どこかに隠れていてカウントできなかったのなら、良いのですが・・・

ホロホロ 様
ケリのヒナちゃん、ヒヨコより僅かに大きいぐらい(脚がヒヨコより長いので大きく見えますが)ですが餌は全て自分でとっているようです。
そちらのカルガモの雛、14羽がもう11羽に減って・・・
自然界では全てが成鳥となることは難しいのでしょうね。
この三羽のケリの赤ちゃんも果たして・・・

明日は久しぶりにウォーキングに参加を予定しています。メイン目的地は花房の長い熊野長藤です。

ケリのヒナ、かわいいですね。
もうヒナが見れるとは、、、
そして、田植えがもう始まっているということにも驚きました。
こちらではやっと田耕しが始まった頃です。
来週になったら水が張られるかも。。。
ケリのヒナ、元気にあちこち動き回っているようですが、親は気が気でないでしようね。

おはようございます。
いよいよGW突入で、どこへ行っても混んでますね。

ケリの赤ちゃんも、もう誕生ですか。やっぱり、こちらより早いですね。
先日、こちらのケリの様子を見に行ってみたのですが、「やっと営巣か??」の状態です。
ハナイカダ、面白い植物ですね。
写真では何度か見たことがあるのですが、、まだ実物を見たことありません。
どこかで見れるといいのですが…・

korekore 様
このケリを撮った付近の田んぼでは既に田植えが終わったところ、これからのところが混在していました。
全ての田んぼの田植えが終了したことには毎年タマシギが子連れで見られます。
それも楽しみです。
キジも居る筈なのですが今年は未だ見ておりません。


ソングバード 様
何処へ出かけても大混雑。
混雑を避けて今日はウォーキングへ参加してきました。
ウォーキングならば渋滞、大混雑とは無関係ですから・・・
目的地のフジは満開でしたが、約1ヶ月ぶりのウォーキングは疲れました。
ヤッパリ齢ですねぇ~(笑)
ハナイカダは渡りの鳥が立寄る公園に植えられてあるので毎年見ています。
今年はサンコウチョウの飛来が遅れているのか4回も出かけたのにまで声も姿もありません。
昨年は25日に確認されているのですが。
明日からのGWは安近短のサンコウチョウ探しになりそうです。

こんにちは。

今日は暑くなりましたね。

良いお天気だと嬉しくなりますね。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハナイカダとケリのヒナ:

« オオルリと夏羽のアトリ | トップページ | 浜名湖ガーデンパーク  »