2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« コホオアカ | トップページ | 野生のウズラとシベリアジュリン »

2017年4月14日 (金)

香嵐渓 花とカワガラス

香嵐渓の後編です。
沢山の見事なカタクリを見た後、山裾に咲いていた二輪草と一輪草です。

 

119a8991
119a9013

カタクリを充分堪能した帰り道、近くを流れる川をふと見れば巨石近くに動くふたつの鳥影を発見。

カワガラスです。カラスの名前が付くもののカラスの仲間ではなくカワガラス科の鳥で、大きさもムクドリより僅かに小型。鳥なのに水中の川底を歩くことが出来るとか。

 

119a9307カワガラスは今季初見です、しかも二羽とは。
119a9369
巨石の下に入ったり出たりと忙しそうです、子育て中?なのかもしれません。
こんなこともあろうか・・・と用意してきた長めのレンズが役立ちました。

昨夏、道東旅行に行った時、ガイドさんから「あれがタンチョウです」「オジロワシです」「ギンザンマシコが居ます」と説明して貰っても旅行用の普通レンズの悲しさで豆粒程の証拠写真だけでした。
それ以来、山手に出かけるときには何時も長めのレンズを持参するようにしていますが、この日はこれが役に立ちました。

 

                               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただければ幸いです。 -1103-

 

 

 

 

« コホオアカ | トップページ | 野生のウズラとシベリアジュリン »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

春の花、イチリンソウ、ニリンソウのこの頼り無い感じが、
何とも言えず、良い感じを抱きます。

カワガラスさん、川底を歩くなんてすごいですね、
なんとなく愛敬が有りそうで親しみが持てる鳥さんです。

山野草の綺麗な花々と珍しい鳥とのご対面!
用意万端が功をそうしましたね。(笑)
私はもっぱらコンデジのみです。(Nikon1J5)

ご無沙汰しています。
綺麗な写真を見ていると癒されます。二輪草は、昨年関東のウオーキング大会で見たことがあります。一輪草は、福島・二本松でカタクリと一緒に見ました。どちらも九州ではあまり見かけません。
九州の桜は、先週の日曜日が最後で現在散りかけています。今からはツツジです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東海道歩き(京都~日本橋)3月に豊橋から浜松まで歩きました。
ただ、写真がDVDに移したつもりが移ってなく、再来週長野・飯田の帰りにもう一回撮りなおしに行こうと思っています。(レンタカーで写真のみ撮りに行きます)オプションで井伊谷、舘山寺まで行ったのですが、その写真も携帯で撮った写真だけになりました。
次は、いつになるかわかりませんが、countrywalkerさんの所を通ります。
浜松では、餃子、うな丼を頂きました。美味しかったです。

里山コウ 様
一輪草、二輪草、仰るとおり思わず支えてあげたくなる手弱女のような風情が魅力です。
カワガラスは水中を泳ぐだけではなく歩けるとは驚きです。
陸海空のスーパーバードでしょうか(笑)


あすか  様
今回は用意万端が功を奏しました。
デジイチ+交換レンズは軽くはありませんが・・・
それでもこれからもなるべくこのスタイルで行きたいと思っております。

よっくん 様
東海道東下りの旅。
ブログで拝見しておりましたが、自分が拝見したのは二川宿まで。
既に浜松まで起こしになられたのですね。
現代風に言えば京都~東京までのほぼ中間点、旧東海道で言えば次の中野町付近が中間点とも言われたおりますが東海道53次の半分を踏破されましたね。
次の浜松出発の時間が分れば、自分の住む見付宿通過の大凡の時間が分ります。
その時にご挨拶だけでも出来ればと思います。

こんにちは。カワガラスさんですね。

チョコレート色の羽色がきれいですね。

子どもの頃よく遊びに行った父の実家の近くの川にもいて、潜水すると。。顔を出すのが、えっ。。みたいなところからなので、

従妹たちとどこから出てくるか、探して遊びました。懐かしいです。

ピンとたった尾羽。。。どっちかというと小さなクイナ科、大きな鷦鷯のシルエットって感じなのですね。

ぽち。

あとり 様
野鳥に詳しい「あとり」さん。
お父様のご実家(確か近畿地方の〇〇県でしたね)でよくご覧になられていたのですね。
写真では実際の大きさが分らないので仰るとおり鷦鷯って感じです。
図鑑では川底を歩くとありました。
TVでは水中を泳ぐところは見た覚えがありますが歩くところは見ていないのです。
本当に歩くのでしょうか、不思議です。

花をめでに行って、季節の鳥も収穫で、言うことなし 
まだ、ヒナの姿は見れませんでしたか?
こちらでは、今日あたり移動したかもしれません。
そちらでも、ヒナの姿が見れるといいですね。

korekore  様
そうなんです、言うことなしの1日となりました。
この日の当初の目的はカタクリを見ることでしたから。。
でも、密かにカワガラスも期待していたのです(笑)
この地までは100km近くあり、ヒナの確認までは難しいところです。
無事にヒナが成長してくれることを期待するばかりですね。

綺麗な花々とカワガラス、素晴らしい一日になりましたね。

準備も万端でカワガラスもバッチリですね。

私も以前TVでカワガラスが水面に潜り、昆虫?を採るのを見ました。
一度、渓流で実物を見たいものです。

ホロホロ 様
カタクリをはじめ一輪草や二輪草を見ただけでなく
おまけのカワガラスまで見ることが出来て本当にラッキーな1日となりました。
カワガラス、少し上流まで行かなければ見られないのでなかなか撮ることが出ないのです。
それだけにレンズを準備して行ったのが大正解でした。

こんにちは。

カワガラスさんが、川底を歩いているところをみたことがあります^^。

はっきり、川の名前をいっちゃいますね^^;。本流だと、水深が結構あるので、無理なんですけれど。

室生川に流れこむ支流は湧水なので水が澄んでいて、アマゴを追い込んでつかみどりできるほど、

浅いのですが、そこの水中にいるカワガラスを上から見ると、歩いているように見えます。

少なくとも、泳いでいるようには見えません。

3年前、祖母の法事で訪ねたときも、いましたよ^^。

ぽち。

あとり 様
カワガラスはヤッパリ水中の川床を歩くことが出来るのですね。
凄い! 
すごい能力を持っているのですねカワガラスは。
空を飛び、水中を泳ぎ、陸上は勿論水中の川底まで歩くことが出来る。
スーパーバードですね。カワガラス君!
図鑑の解説文より実際に見た方のお話には迫力があります。
良い話を聞かせていただき有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香嵐渓 花とカワガラス:

« コホオアカ | トップページ | 野生のウズラとシベリアジュリン »