2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 何時もの田んぼで | トップページ | JRウォーキング 浜松 »

2017年3月 6日 (月)

ウミアイサなど・・・

この日は港内をブラブラと水鳥ウォッチング。頭がボサボサ、愛嬌者のウミアイサくんです。

 

119a43571
ペアでしょうか?オス、メス揃って泳いでいます。逆立っていた頭の毛はきれいに撫でつけられて?居ます。レデイの前だからかな・・・

 

 

119a46061

変わった鳥が居ました、セグロカモメの幼鳥なのかもしれません。
これが噂のワシカモメの幼鳥ならば良いのですが、、、間違っているかもしれません。

 

119a46241

                              にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
上にある「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1082-

 

 

« 何時もの田んぼで | トップページ | JRウォーキング 浜松 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ウミアイサ君、なかなかおしゃれな帽子をかぶっているようです、
牡・雌で海のデートですね。
背黒カモメかワシカモメの幼鳥さんの飛び立った跡の水しぶきが
面白いです。

里山コウ 様
ウミアイサ、カメラマンにも人気の鳥で
自分も見つければ必ず1枚は撮ります。
カモメ類も種類が多い上、幼鳥となれば余計にその判別が難しく
自分もレベルでは見分けることは到底不可能なのです。

寝ぐせボサボサ頭も彼女の前では・・・
ウミアイサが傑作です。(笑)

こんにちは^^

同じ鳥でも、ヘアースタイルが違うのですね
一枚目の、ウミアサイくんは、若い感じ
ワックスと、スプレーで、ばっちり決めているように見えます。
彼女と一緒の、ウミアサイくんは、大人っぽい、ヘアースタイル。
それぞれ、個性があって、おもしろいです。
飛び立った瞬間のカモメさん、珍しい種類なんですね。
躍動感が、素晴らしいです^^

ウミアイサのヘアースタイルの変化が面白いです。
女の子は妙なところにこだわることがあるから、こんな礼儀正しい男の子だったら
合格間違いなしでしょう (^_-)-☆
私は、結局今季はまだメスに会えていません。
カワアイサにも会えてないという状況 ・・・ (^-^;
最後のカモメの映像、水しぶきをあげてのショットがいいですね。

ウミアイサ君、女子と一緒で目が嬉しそうに見えます(*^-^)
そちらのカンムリさんも夏バージョンになっていますねー!
セグロカモメとワシカモメの幼鳥、ネットで見ましたが、どちらも同じようで
判別はできませんでした。
成鳥でもカモメ類は難しそうです!
水しぶきが素晴らしいです。

こんにちは。

もう夏羽なんですね。

そういえば、仁くんもモフモフから徐々にすっきりしてきました。

最近よく羽が抜けています。

ぽち。

あすか  様
ボサボサ頭のオスがメスの前では見違えるように・・・
偶然でしたが面白い写真になりました。

k-24 様
この鳥はオス・メス共に冠羽があり
様々な表情を見せてくれます。
1枚目の鳥と2枚目の固体は(背中の羽の色は違って見えても)同じなので
その時々により冠羽の形が変わるものと思います。
鳥の中でも幼鳥はその判別が難しい上にカモメは種類が多いので本当に難しいです。
私のレベルでは難敵中の難敵です(笑)
でも本当です。

korekore 様
自分の住む当地方は山より海岸の方が近いので時々港湾にも出かけてみます。
山の鳥も難しいのですが水辺の鳥はシギチを筆頭に本当に難しいですね。
鳥を見つけても直ぐ近くにベテランさんが居ればともかく、その種類が分らず何時も大苦労です。
「korekore」さんはいち早く、旬の鳥を撮られて何時も感心すると共にその行動力・フットワークには敬服するばかりです。やっぱりお若いですね~

ホロホロ 様
当地のカンムリ、全て換羽中ではないと思います。
この港内では夏羽に移行中と思われたのはこの一羽だけ。
他にもいるかもしれませんが広い港内には色々な水鳥たちがいっぱいで「他に珍しい鳥は?」と目移りするばかりで確認が出来ませんでした。
カモメの幼鳥、難しいの一語です。

あとり 様
「仁」くんもボツボツ衣替えの支度に入ったようですね。
自然界でなくとも衣替えは本能・・・なのでしょうね。
明日からはまた寒くなるとか。。
春が待ち遠しいですね。

おはようございます。
ウミアイサには一度会いたいと思っているのですが、いまだに…・
やっぱり海辺まで遠征しないとだねでしょうかね。
ぼさぼさ頭がなんとも愛嬌があっていいですね。

ワシカモメの幼鳥、もちろん初めてなのですが、手元の資料で調べると、オオセグロカモメの幼鳥とよく似てるんですね。
もちろん、私には判別できませんが…・ワシカモメだといいですね。

ソングバード 様
「ソングバード」さんのお住まいは海からかなり離れていましたね。
となれば水鳥でも海鳥とはどうしても縁が薄くなって当然です。
自分は海のほうが距離的には近いので時々海(と言っても港内ですが)に出かけます。
カモメだけでも難しいのにその幼鳥となれば全くお手上げです。
個人的にはワシカモメであって欲しいのですが(笑)
セグロではなくオオセグロの幼鳥と似ているのですね。

こんにちは。

少し寒い一日でしたね。

早く暖かくなってほしいです。

ぽち。

このところカワアイサは毎日のように見ているので思うのですが、
写真を拝見するとウミアイサの方がくちばしが長いように思います。 
どうなんでしょうね?

あとり 様
今日は気温が低いだけでなく強風が吹きまくり
電線が一日中鳴っていました。
本当に寒かったです。

ちどり 様
カワアイサは離れたところまで行かなくては見られないので見たのは今季一度だけ。
ウミアイサは時々見ますが嘴の大きさは?です。
図鑑で見ればカワアイサは全長が65cm、ウミアイサは55cmとなっています。
体形も似ているのでカワアイサの方が嘴は長い?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウミアイサなど・・・:

« 何時もの田んぼで | トップページ | JRウォーキング 浜松 »