2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ウミアイサなど・・・ | トップページ | オオジュリン »

2017年3月 8日 (水)

JRウォーキング 浜松

2月25日(土)、JRさわやかウォーキング「ここ浜松の地で歴史が動き出した 女城主井伊直虎と家康公めぐり」に参加してきました。

気温はやや低いものの雲ひとつ無い快晴で絶好のウォーキング日和。受付といっても当日の地図を貰うだけですが長い行列が出来ています。
大河ドラマ「女城主井伊直虎・・・」の影響か、この文字に惹かれて多くの皆さんが参加されたのかも。

タイトルどおり「直虎」ちゃんと「家康」くんがお出迎え。

P1060570

P1060577

駅前からアクト通りをテクテクと。街路樹は未だすっかり葉を落としたまま、春を待つ感じです。

P1060581

最初の訪問先は浜松八幡宮。1051年に八幡太郎義家が参詣したときに旗を立てたと伝えられる楠、三方原合戦で破れた時の家康が此処に一時隠れたとの言い伝えも残る古木です。

P1060585

今、ブームの女城主「直虎」とは別のもう一人の女城主、浜松城の前身である引間城主飯尾豊前守の妻で夫亡き後、家康と戦い討ち死にした女城主、「お田鶴の方」ゆかりの椿姫観音を経て、若き日の家康が17年間過ごした浜松城へ。

P1060601

次の立ち寄り先は、家康が浜松入城の際、勧進した浜松秋葉神社。

P1060608

この神社は井伊直政ともゆかりの深い神社です。

P1060610
そして駅前近くに出来た、「浜松出世の館」。大河ドラマの放送を契機に、浜松を来訪する観光客のために作られたところです。

P1060613

ゴール地の浜松駅、何時もとは違う三重四重になった長い列にビックリ。参加スタンプを貰うだけで20分近く並ぶことになりました。

P1060619

JR担当者に尋ねたところ、「この日はJR東海が開催するさわやかウォーク25周年記念イベントである上、大河ドラマブームの影響もあったのでしょう・・・」
ちなみに今日の「参加者は5千人を超えました」とホクホク顔・・・これで混雑の理由も納得できました。
5千人を超えたのはJR東海では新記録とか。

                              にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
上にある「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1083-

« ウミアイサなど・・・ | トップページ | オオジュリン »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

イベントで一番気になるのが天候ですね。
関東のポピュラーな駅ハイも4.5.6月のイベントが発表されました。(各駅でもパンフがあります)
記念イベントや大河ドラマの便乗となれば天候も良く大勢の参加になりますね。
こちらの期間設定の駅ハイは土日でも100人程度です。

大河ドラマの影響か、25周年記念からか、相乗効果からか・・・大盛況ですね。
ゴールでこれほどの行列は珍しいですね。
浜松城は家康が若き日を過ごした城でしたか。
石積みが特徴的ですね。江戸城等とは違う、粗野な感じがしますがかなり頑丈なようですね。
この日は歴史三昧で、知的好奇心も十分満たされたウォーキングとなりましたね。

おはようございます。

さすが「女城主直虎」の影響もあって、
おおぜいの人達の参加で人気ですね。
青空が綺麗なアクト通り、
参加者、皆さんの足が軽やかです。

おはようございます!

私共も4月初めの、浜松方面への一泊旅行を申し込もうと
夫と日程を調整していたらすぐ満席になったとの事。
地元からバスが出るので良いと思っていたのですが・・・。
12年に一度の酉年に御開帳のお寺さんや、井伊直虎関係の場所や
資料館も含まれていたのですが。
やはりTVの力は恐るべしです。

家康くん、可愛いお顔で鍵盤の袴姿、なかなか愉快です。
さすが、浜松です!

家康くんの全国的人気は有名ですが、直虎ちゃんは新人ですか?
新人さんなら、人気がうなぎのぼり(浜松なので)になる予感がします。
このコース、家康公や井伊家とゆかりの場所が多くて、とても興味深く拝見しました。
大河ドラマの影響と合間って大勢の参加者でしたね。

こんばんは。

直虎ちゃん、かわいいです。

花冷え?三寒四温?。。

なかなか春らしい日和が遠ざかったような気がします。

そんな中でも春の花々はけなげに咲いていますね。

ぽち

あすか  様
期限限定ならば雨の日は翌日に変更できますが、
当地のイベントはその日限りなので人気コースが大繁盛となります。
この日は土曜日、翌日曜日は県内2ヶ所でも開催があって延期出来ないのが実情なのでしょう。

walkerZ  様
自分も足が弱くなって以来、ウォーキンググループを退会しフリーウォークのJR専門となりましたがこれ程の大混雑は初めての事です。
浜松城は若き頃の家康が17年間在城した城です。
石積みに気が付かれたとは流石です。
この積方は「野面積み」と呼ばれ戦国期の石垣として知られております。
排水性に優れており、とにかく頑丈なところが特長とか。

里山コウ 様
ウォーキングが面白くなり
このようなイベントに参加を初めて以来の多数の参加者でした。


セロリさん  様
浜松方面への一泊旅行、満席となってしまったのですね。
TVの影響力って凄いを超えています。
これも1年間のことだけで、一過性のものかもしれませんが・・・
暦女の「セロリさん」、ツアーは便利ですが、隅々までくまなく回るには個人旅行が一番です。
機会を見つけ都合の良いときにご夫妻で訪問下さい。

ちどり 様
家康くんの袴は鍵盤(ヤマハやカワイの楽器)で紋所はミカン(三ケ日)
丁髷はウナギという趣向です。

ホロホロ  様
家康くんのことはご存知でしたか。嬉しいですね~
直虎ちゃんは大河ドラマの決定と共に急遽作られた新人です。
最近の浜松市内のイベントではこの両名が揃って出演している様です。
浜松市の認知度もうなぎ上りとなってくれたなら良いのですが。


あとり 様
三寒四温なのでしょうね~
今日も寒かったです。
本格的な春、本当に待ち遠しいですね。


こんにちは。

ここにきて春が足踏みしているようですね。

冷え冷えの一日だったような気がします。

ぽち。

コメントが遅くなりました。

今放送されている大河ドラマゆかりの場所を巡るというコトで、参加者が多かったことでしょう。
先月名古屋城の天守閣に行った影響で、お城と言うと反応してしまいます。
浜松城は天守閣までへいることが出来るのでしょうか?上からの眺め、見てみたいです。
「直虎」ちゃんと「家康」くん2人のゆるキャラのお出迎えは、貴重な1ショットだと思います。
お天気に恵まれ、楽しんで歩けたことと思います。
お疲れ様でした。

のりちゃん 様
大河ドラマの影響は大ですね。
浜松城、家康が17年間過ごした城ですが、名古屋城とは月とスッポンの違いぐらい規模が違います。勿論規模が大きい城が名古屋です。
浜松城の天守には誰でも登れます(有料ですが)
泰平の世に徳川の威厳を示す為に作られた名古屋城、戦国の世に生きてゆく為、戦う為にのみ存在した浜松城、その違いでしょうか。

あとり 様
まさに花冷えでしょうか・・・
本当に寒かったです、当地方も。
でも、後少し・少しのガマンですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/69728345

この記事へのトラックバック一覧です: JRウォーキング 浜松:

« ウミアイサなど・・・ | トップページ | オオジュリン »