2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 大河ドラマ館 | トップページ | チラリとだけ 「ウソ」 »

2017年2月19日 (日)

愛想の好い ルリビタキ

寒い間、少し控えておりましたバードウォッチングに久々出かけてきた。

何時もの場所に着くと直ぐに現れたのは青い鳥のルリビタキ。

119a2691下写真は露出オーバーでした。
119a2777
119a2890
この瑠璃ちゃん、随分人馴れしているのか自分の直ぐ近くまで平気で寄ってきます。最短距離では2~3mぐらいまで近寄り、こちらが慌ててしまいます。

119a2902
松の樹にゴジュウカラの様なスタイルで留まったり。

119a2748
直ぐ近くの石の側面に来たり・・・とサービス満点のルリビタキです。

119a2844
人を怖がらない野鳥は時々見かけますが、これほどのルリビタキは昨年の某公園の瑠璃ちゃん以来でした。

                              にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
上にある「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1074-

« 大河ドラマ館 | トップページ | チラリとだけ 「ウソ」 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

美しい青い鳥ルリビタキさんが美しい姿を
見せてくれていますね。
こんなに綺麗なルリビタキさんが、2~3メートルぐらいまで
近寄ってくれましたか。
人馴れしているのか、人に興味をもっているのか
とても可愛いルリビタキさんです。

超接近でしたね!
まさに瑠璃色の幸せの蒼い鳥ですね。

こんな時、慌ててしまいそうです。(笑)
私でしたら撮るより眺めてしまう気がします。

愛想のいいルリ君!
本当にうれしかったでしょうね。
しあわせの青い鳥ですものね。

でもいたずらする人もいるかもしれないから
ルリ君気を付けてね。

こんにちは。

なんてかわいらしいんでしょう。。

うちの娘は物心ついたころから、てのりの小鳥と一緒にいるので、

野生は別として私の肩に乗ってどこまでもくっついてくる小鳥たちが標準だと。。

ずいぶん大きくなるまでおもっていました^^。

野生の子で人なれしているとほんとかわいいですね。

雀でもそう思うので、こんなにもきれいな子だと喜びもひとしおですね。

ぽち。7

里山コウ 様
久々に訪れた公園で出迎えてくれたルリビタキ。
本当に可愛かったです。
何故これほど人を怖がらないのか不思議です。
餌付けをしているような様子も全くありませんし。。。

あすか 様
まさに超接近です。
幸せの青いとなれば人気沸騰?と思いましたが
誰も近寄る気配もなし・・・
自分ひとり眺めておりました。

hirugao 様
オオルリ、コルリと共に、青い鳥御三家のひとつルリビタキ。
背中の青い羽の色は本当にキレイです。
仰るように悪戯をされないか心配になりました。

あとり 様
愛鳥家の「あとり」さん。
その生活環境から娘さんも愛鳥家になる可能性が大ですね。
「あとり家」のチュン君、その後は如何ですか?
野生の生き物が人間に懐いてくれる・・・
嬉しいものですね。

1枚目のルリくんのお写真、素晴らしいです!
可愛くて綺麗なルリビタキはいつ見てもハッピーな気分になります。

先日、ルリ若の公園へ行きましたが、今ではもう誰も撮る人もいません。
とても寂しい気がしました。
こちらでも超接近しますよ。餌付けはされていませんが。

ホロホロ  様
1枚目の写真、
背景の淡い玉ボケが偶然ですが写っていました。
それ程逆光ではなかったのですが・・・
偶然でもこのような結果が出ると嬉しいものですね。
だから写真が止められません(笑)
その下写真は露出オーバー、喜んだり汗が出たり。。。

ルリビタキの最初は、熱い視線で迎えられる青い鳥ですが、
この時期になると、「もういいよ」 みたいなあしらいを受けがちですね。
人間の欲求は情けないことに、次から次へととどまること知らずです。
それでもありがたいことに、ルリビタキはきれいな姿をみせてくれます。

こんばんは
あのルリ君ですね^^
1枚目 緑の背景と玉ボケ入りで
ルリ君がとても綺麗ですね!
ゴジュウカラのようなポーズも一瞬でしょうが
バッチリでさすがですね~。
ほんと 近すぎて 私も慌てちゃうことが多かったです。
来年もまたいてくれるといいな~。

ルリビタキのかわいらしい姿が良く撮れてますね。
本文を読んで納得、とっても近くまで来たんですね。
2~3m先って、本当に直ぐ近くですね。
こんなに美しくかわいい鳥がちょこまか動く姿を想像すると、
こちらまで笑顔になってしまいそうです。

おはようございます。
ルリビタキはどこへ行っても人気者ですね。
この時期は、どこへ行っても、「鳥撮りさんが並んでるところ、ルリビタキあり!」状態のようですね。
この冬の試写も、もうすぐ旅立ってしまうと少しの間寂しくなります。
2枚目の写真がいいですね。

korekore  様
何処でもよく似ているようですね。
渡ってきた当初は皆さん一様にパチパチと撮りますが、
「またルリか・・・」に変わり、そのうちにレンズを向ける人もいなくなってしまう。
此処の瑠璃ちゃんも撮っている人は居ませんでした。

はぴ 様
そうです、「はぴ」さんも撮られたあの愛想良しの瑠璃ちゃんです。
ゴジュウカラのようなポーズ、時々してくれたのですがレンズを向けているときにはなかなか止まってくれず漸くシャッターを押すことが出来ました。
こんな愛想の良い小鳥なら来年も大歓迎ですね。

walkerZ 様
皆さんのコメントを拝見すれば今年はルリビタキが多く、
また人馴れした固体も多いようです。
此処の固体も人を全く怖がらず直ぐ近くまでやって来ます。
近くで観察できるのでその可愛さも倍増して実感できました。

ソングバード 様
ルリビタキ、今年は豊作なのか何処の公園でも見られます。
それにキレイで可愛いし。。。
2枚目、良いところに留まってくれたので急ぎシャッターを押しましたが
露出が甘くオーバーになってしまいました。
高い所に留まっていたところを撮った直後で、補正を戻すのを忘れてしまったのです。
こんな初歩的なミスが相変わらずの自分です。

ルリちゃん人気でこれからは気候も良くなるので
お出かけが多くなるのではないでしょうか。

そういえば大河ドラマ見ておられますか。
けっこう今年も楽しませてくれていると思いますが。

こんにちは。

ベランダ雀、日暮れまで居ついているのが2羽です。

チュンが来るようになってもう3年で、寿命から考えて、代替わりしているのかもしれません。

地味な色目で見わけはつきませんが、いちおう、外側ギリギリのところにいますが、外に出るとピョンピョンついてくるのがとてもかわいいです。

ただ、今日の大阪は大荒れのお天気でした。

外に出かけにくくて困りました^^。

ぽち。

ルリビタキ、こちらで何度か拝見していますが
本当に美しい鳥ですね。
一度あってみたいです。

昨日友人と梅を見に行って、メジロがいました。
うぐいす?という友人にメジロと教えてあげることができました。エッヘン!
ついでにウメジロという呼び方も。
country walker先生のおかげです。

あとり 様
チュン君の記事を拝見して早3年ですか・・・
早いですね~
自分は代替わりも無くお陰様でピンピンしております。
ありがたいことですね。
当地も午後からは豆台風並みの強風です。
明日は回復との事ですが「春一番」は脅威でした。


ジャランこ 様
ルリビタキ、この時期には何処にも居る冬鳥ですが
ハトやスズメ並みとはいかないので運がよければ見ることが出来るかもしれませんよ。
メジロをウグイスと思い込んでいる人って案外多いみたいですね。
ウメジロまでお友達に教えてあげたのですね。
私など何時まで経ってもシロート鳥屋ですよ。
でも嬉しいですね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/69543710

この記事へのトラックバック一覧です: 愛想の好い ルリビタキ:

« 大河ドラマ館 | トップページ | チラリとだけ 「ウソ」 »