2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« サクジロウ・ウメジロウ | トップページ | 愛想の好い ルリビタキ »

2017年2月17日 (金)

大河ドラマ館

この日は久しぶりの雨。浜松市北部の井伊家発祥の地近くに設置された大河ドラマ館を訪れてみました。
雨だから人も少ないだろうと想像していたとところ無料の駐車場には観光バスが数台と他府県ナンバーの車がズラリ。NHKの威力は凄い・・・

Img_0975
館内は撮影禁止のコーナーが多く、撮影出来るのはほんの少しだけ。撮影不可はNHKが持つ肖像権に抵触するとの理由です。Img_0970
主役の女優さんの顔が有っても此処だけは撮影OK。

Img_0964
ドラマ館の隣は平成2年に復元された姫街道の気賀関所、通常は有料ですがこの日は無料でした。ドラマ館開設中は無料なのかもしれません。(姫街道とは東海道53次の脇往還で浜名湖を迂回する街道、浜名湖今切れ口の船旅を嫌う女性たちが多く通行した)

Img_0981
Img_0987
Img_0982
ドラマ館の入場料金は600円、駐車場と気賀関所も無料、民営ではないので、安からず、高からず・・・と妥当なのかもしれませんね。

                              にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
上にある「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1073-

« サクジロウ・ウメジロウ | トップページ | 愛想の好い ルリビタキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

立派な大河ドラマ館があるんですね。
NHKの持つ肖像権に抵触するから撮影禁止と
言うのは、もっと話し合っても解決できないのかなあ。
ちょっと気になります。
☆4

以前何度か愛宕山のNHK史料館に行きましたがここも一部のみが撮影可でした。
東京はいまだに雨ナシの日々が続いているので
しっとりとした関所風景が何かホッとします。

里山コウ 様
井伊家の歴史館ではなくNHKのドラマ館なのでパネルが多く、
それが肖像権に抵触するとの事です。
観光的要素が殆どなので撮影ももう少し寛大でも良いのでは?
と、私も思いました。

あすか 様
このレポは少し前のレポートなので。。。
長いこと雨が無いのでこの辺でひと湿りが欲しいところですね。
雨が続けば晴れが恋しくなり晴ればかりだと雨も欲しくなる・・・
でも一雨欲しいですね。

こんにちは。
この大河ドラマのお蔭で、井伊地方は、急に脚光を浴びて、観光客も増えだしたようですね。

私も、直虎関連の本を2冊読みながら、このドラマを見てますよ。
残念ながら、浜名湖周辺には行ったことが無く、いつも高速道路上から見てるだけ!!
機会があれば行きたいものです。(鳥撮りとセットでね!)

こんにちは
大河ドラマ館、人気のようですね。
俳優さんの面でなくていいのでお顔描いて〜 ! のっぺらぼうの方が衣装が生えるのかな・・・
浜名湖を船で渡るのは危険が伴ったので、女性たちは姫街道へと迂回したのでしょうか・・・

こんにちは。

柴咲コウたんかわいらしいですね。

大河をみていても、子役時代が終わってもホッと癒されています。

ぐずついたお天気になりそうな週末。。

それは残念なんですけれどね^^。

ぽち。

ソングバード 様
NHKの威力は凄いと思いました。
浜松市内と言っても平成の大合併までは北遠のこの地方は長閑な地域でした。。
脚光が浴びたのはNHKの大河ドラマのお陰でしょうか。
自分も歴史が好きでこの地方も随分歩いてまわりましたが、井伊直虎の名前は全く初めて。
機会があれば是非この北遠地方にも足を延ばしてみて下さい。

ホロホロ  様
姫街道は62km余。
かつて、3日かけて山道の多い姫街道をひとり歩きました。
此処からは自分の最も得意とするところです(笑)
東海道53次の内、舞阪宿から新居宿までの浜名湖を渡る海路の呼称が「今切れ」の渡し。
海上1里の船渡しは「今切れ」のネーミング等々で不吉等々の理由から当時の女性達には敬遠されていたとの事です。
高貴な人から一般の人まで今に残る記録から女性が多く通行したことは間違いないようです。
この姫街道、本坂峠など、当時の石畳なども現存しており、箱根峠にも匹敵するぐらい素晴らしい所でした。

あとり 様
今日の予報は夕方から雨。
しかし、午前中から降りだし、予報より早い雨の1日となりました。
久しぶりの雨はよいのですが明日からはまた寒くなりそう・・・
いよいよ三寒四温の気候となってきたのでしょうか。

こんばんは!
撮影禁止ねぇ・・・。
それって、本当に頭にきますよ。
高い入場料を取っておいてねぇ・・・。
私も松代の真田館で嫌な思いをしました。

さて、井伊家ですが、私には映画「切腹」のイメージが頭から離れず、どうも好きにはなれません。
元々、家康が嫌いですから、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってところかも知れませんがね。
なんとも・・・静岡に住んでいるのにねぇ・・・。

FUJIKAZE 様
撮影禁止はやっぱり残念です。
俳優を直接写すのであればとも角、パネルに掲げられた写真を写すだけならば良いのでは・・・とも思いました。
松代の真田館、自分達夫婦も数年前に行きましたが記憶がありません。
残っている写真を見ましたが城の城門付近の写真は残っておりましたが内部の写真が無いのでやはり撮影は出来なかったのかもしれません。

映画「切腹」は見ておりませんが、ストーリーは事実に基づいたものではなく小説なのでは?
でも例えフィクションでも先入観が残ってしまうものですね。
家康が見直されたのは山岡宗八の小説「徳川家康」が書かれてからでは?
それまでは「タヌキ親父」として頼朝と共に好感度の低い歴史上の人物でしたよね。

こんにちは
もう何年も大河ドラマは観てないんですが
今年は初回から観ています。
訪れたことがあるとこが舞台になってると
やっぱり面白いです。
気賀関所 綺麗に復元されてるんですね。
知らなかった~。
こういうとこ見るの好きなのでまた行ってみたいと思います。

はぴ 様
普段TVはニュース以外殆ど見ない自分ですが
娯楽番組では大河ドラマと笑点、そして大相撲だけは必ず見ています。
それに鳥が出る時の「ダーウィンが来た」も(笑)
気賀関所は平成2年に以前在った場所から少し離れておりますが復元されています。
今なら無料です(ドラマ館開館中)機会があれば訪れてみてください。
井伊谷城祉も遠くはありませんよ。
城址までは少し歩きますが・・・

こんにちは。

へんに暖かい大阪です。

曇っているので、ちょっと残念です。

ぽち。

大河ドラマ館ということは今年限定なのでしょうか?
混んでいるのが苦手なので、翌年にでも行こうかと思うと
もうなくなってしまうのでしょうか?
撮影禁止が多いのが残念ですね。

姫街道というとcountry walkerさんを思い浮かべてしまいます。

ジャランこ 様
大河ドラマ館は、多分今年限りではないかと調べてみたところ
来年の1月14日迄となっておりました。
撮影禁止が多いのは残念です。
姫街道、全長62km、3日間の旅は実に楽しかったです。
関東や関西地区に近ければもっと脚光を浴びたかもしれませんが何しろ田舎なので・・・
でも素晴しい街道ですよ。

隠れ歴女としては、大河の放映中にぜひ一度は行くぞと
計画を練っております。(浜松方面のツアーもあるので!)

大山街道歩きも中途半端に、飛び飛び歩いているので
平日に時間を作って、自分で調べて歩きたいと思っています。
やりたいことが多すぎて、夫に「お前は奥さんではなく、外さんだ。」と
皮肉を言われています。coldsweats02

セロリさん  様
浜松方面のツアーもあるのですね。
大河ドラマ館、パネルや出演した俳優の着用衣装などがメインで
歴史的要素は殆どありません。(井伊家のことなどは詳しく説明されておりますが)
「やりたいことが多すぎて・・・」結構ですね~
やりたいこと。幾つあっても困ることはありませんよ。
未来志向そのものだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/69513440

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ館:

« サクジロウ・ウメジロウ | トップページ | 愛想の好い ルリビタキ »