2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« パンダ鴨 ミコアイサ | トップページ | 水辺の鳥たち »

2017年1月 5日 (木)

ホシムクドリ

鳥友の多くの皆さんが今季既に撮っているホシムクドリ、自分はなかなか見つけられず少々焦っていましたが年末の31日、28年内ギリギリで漸く撮る事が出来、ヤレヤレでした。

 

前年は夕焼けの電線留まりだけでしたが、今回は比較的近く、下の1枚、草被りはありますがホシムク特有の緑がかった紫色の羽と微かではありますが眼も撮れたので昨年より1歩前進と自分では満足しています。119a9925
上写真とは別の固体ですが飛び出しも一応。。。

 

119a0014
                              にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
上にある「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1050-

 

 

« パンダ鴨 ミコアイサ | トップページ | 水辺の鳥たち »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

スズメのようにどこでも見られる鳥なら解かりますが
珍鳥とか季節鳥などはその時期や現れる場所も限られてしまい
ある程度偶然も重なるのでしょうね。
日常、外出時でもカメラは手放せませんね。

あすか 様
この鳥の様に珍しい鳥との遭遇は探す努力も
勿論大切ですが多分に運にも左右されます。
皆さんが既に撮っておられているので少し焦っていましたが
それでも写す事が出来て良かったです。
カメラと双眼鏡は必須のアイテムになってしまいました(笑)

おはようございます。

その名の通り星柄のムクドリさんなんですね。
草むらの中でも、青空の中でも良く目立つ柄の
鳥さんですね。
白い斑点の柄と思ってよく見ると、緑色がかった
綺麗な斑点の鳥さんです。

里山コウ 様
毎年、地域に2~3羽飛来している様ですが
今年は8羽。
それでも田んぼのムクドリの群れの中に交じっているので
なかなか見つけられません。
今冬も何とか見つけることが出来て良かったです。
応援を何時も有難うございます。

まあ、珍しい鳥さんですね~
星柄がついているなんてまたいいですね。

飛ぶときも撮れて良かったですね!
今年は酉年でしたものね。

去年の鳥の見納めはホシムクドリとはラッキーでしたね。
今年の見始めはなんでしょう?
鳥運を祈ってます(笑)

hirugao 様
ハイ、この鳥を撮るまでには随分苦労しました(笑)
何しろ親しい皆さんが見ているのに自分だけ撮れないのですから・・・
それでも年内に念願が叶いよかったです。
応援を何時も有難うございます。

tidori 様
国内では珍鳥の部類に入るホシムクさん。
記憶違いでなければ昨年「 tidori」さんから「イギリスでは何処にでも居ます・・・」と聞いた様に思っていますが。。。
間違っていたならば申し訳ありません。
今年の初撮りは最初がシメで次がイカルでした。

ホシムクドリ、見たことはありませんが、綺麗な鳥ですね。
黒い体に白の星はイメージできますが、紫色の羽も混じっているのですね〜!
普通のムクドリと一緒に行動しているのですか。
探すのが大変そうです。見つかって良かったですね。

ホロホロ  様
毎年冬季になれば話題になる鳥ですがなかなかその姿を見つけることが出来ず苦労しています。
渡り鳥なのですが普通のムクドリの中に交じっていることが殆どです。
「ムクドリの群れを見たならホシムクを・・・」と言われておりますが絶対数が少ないので老眼には難敵です(笑)
それでも見つけることが出来て良かったです。

こんにちは。

ホシムクドリ。。きれいですね。

去年の暮れ。娘とポケモンGOのサンタピカチュウをさがしに淀川の河川敷公園に行ったとき

20羽くらいのムクドリの群れ3羽だけ、混じっていました。

なんか変な色のがいる(娘って小鳥に関心がないんです^^;)って娘が言ったので、気づきました。

ぽち。

あとり 様
「あとり」さんも娘さんと一緒に見られたのですね。
そちらのカメラマン氏がその事を知れば賑わったかもしれません。
全国的にも居ることは分っているらしいのですがなかなか見つからず・・・
そんなところかもしれません。
当地方では貴重種の部類に入る野鳥ですから。。。
応援を何時も有難うございます。

ご無沙汰しています。
ことしもよろしくお願いします。
ムクドリってこんな鳥なんですね。
名前は聞いたことがあったのですが・・・・。
青い空のムクドリ、よく撮れていますね。

walkerZ  様
こちらこそ本年も宜しくお願い致します。
彼方此方に居るみたいなのですがなかなか見つけ難く難敵でした(笑)
それでも撮れたので先ずは良しとしました。
周りの人たちが撮っていたので些か焦りましたが。
写真撮影、やっぱり青空ですね~

この模様を見るとそういえばホロホロ鳥を思い出しました。
この時期に寒い川の中でサギがエサ取りをしているのを見ると
なんだかかわいそうな気がします。

ホシムクドリ・・・都会で群れて騒がしく嫌われ者の
ムクドリさんと同じ仲間なのでしょうか?

色合いと模様にインパクトがありますね。
焦がれていた鳥を2016年末にとることが出来良かったですね。
今年もその流れに乗ってお目当ての鳥をとることが出来ると良いですね!

ホシムクドリがみれるとは・・・
羨ましい限りです。
関東近辺にはなかなか来てくれない鳥ではないでしょうか。
一度、実家に帰ったついでに九州の鳥撮りさんを尋ねていって、有明干拓地で
偶然出会ったことがありました。
飛翔も撮れ、最高の締めくくり、おめでとうございました。

セロリさん  様
ホシムクドリ、仰るとおりあの嫌われ者のムクドリの仲間ですが珍鳥なのです。
唯、田んぼなのではムクドリたちと一緒に居ることが多い為、見つけることが困難なのです。
個別に見ればムクドリとは明らかに違うのですが、一緒に居ると判別が本当に難しくそれ故珍鳥扱いになっているのかもしれません。
でも見つけることが出来て良かったです。

korekore  様
ホシムクは幸運にも前年に続き2年連続で見ることが出来ました。
関東地区のことは全く分りませんが、当地方でも珍しい部類の鳥です。
身近に居てもあのムクドリの大群の中に交じっていれば発見は難しいかもしれません。
鳥撮り最後の日に撮れただけでも幸運でした。

こんにちは。

今日も冷えましたね^^;。

まだまだ寒くなりそうで。。ちょっと縮こまっています。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホシムクドリ:

« パンダ鴨 ミコアイサ | トップページ | 水辺の鳥たち »