2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« JRウォーキング 静岡 | トップページ | 久々にマヒワ・アトリ »

2017年1月25日 (水)

水場で ルリビタキ

別の場所で水浴びをしたのであろうか羽が濡れたルリビタキのオスが居ました。普通のルリビタキより胸の羽がかなり黒い感じです。

 

119a0113羽が濡れているため胸の周囲が黒く見えるのかもしれませんが、それでもフツウの成鳥より黒さが目立ちます。

個体差なのでしょうか?それとも若鳥?

119a0239


                              にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
上にある「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1061-

« JRウォーキング 静岡 | トップページ | 久々にマヒワ・アトリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

同じ鳥種でも羽色が微妙に違う
そんな細かいところの観察も鳥撮の魅力の一つですね。
それにしても大きな黒い瞳が可愛さ倍増。

記事で書かれているとおり、
羽が濡れている時と乾いた時とでは胸の羽の色が違って見えますね。
ルリビタキのオスの羽は内側が黒く外側の柔らかい細い羽は白くなっているのでしょうかね。
鳥撮影は本当に奥深いですね。

おはようございます。

美しいルリビタキさんの牡なんですね、
胸の羽が濡れているのは、どこかで水浴びしてきたのかな。
美しい体に、可愛いお顔で、小高い所で
なにか、遠くを見つめているようですが
何を見ているのだろう。

あすか  様
野鳥は皆可愛いものですがとりわけ小鳥は可愛いものです。
羽の色、姿、形、皆魅力的ですが小鳥の可愛いところはやはり目でしょうか。

walkerZ  様
羽の色が濡れている時と乾いている時の差があまりにも大きいので
当初は別の鳥かもしれないと思ったほどです。
仰るとおり内側の羽毛は黒く外側が細く白い羽に包まれているのでしょうね。
フツウのルリビタキより胸が黒いのは事実ですが個体差なのか若鳥なのかは不明です。

里山コウ 様
ルリビタキのオスには違いないのですが、
あまりにも胸の色が黒いので不思議な感じでした。
水場での撮影なんですが、此処へ来た時には既に羽が濡れており
違う場所で水浴びを済ましてきた模様です。

こんにちは
本当ですね〜! 水浴びして中の黒い羽が余計に目立ちますね。
それにしてもムナグロですこと(^^)
この瑠璃色が濃いルリオくんは「水も滴る良い男」・・・ですね。

ホロホロ  様
このルリオくん、ムナグロと言うか胸毛男と言うのか
とにかく黒い羽が多いのです。
個体差なのか若鳥なのか分りませんが、
羽が濡れているところ、「水も滴る良い男」はチョッと苦しいところです(笑)

こんにちは。

かわいいですね。おおきなおめめで。。ホント、ホッと癒されます。

貧乏暇なし。。そんな言葉がぴったりな今日この頃です。

なんとかかんとか頑張ろうと思っています。

ぽち。

水場にやってきたルリビタキ。
水浴び後の羽の不揃いさで、また中の羽を感じることができるのですね。
鳥って、きれい好きのようで、どんなに寒い日でも水浴びしてしまいます(笑)
そのあとの身づくろいには時間がかかるようで・・・。

あとり 様
期限の限られたお仕事で忙しそうですね。
どうぞ頑張って下さい。
無理をしないように・・・

korekore  様
このルリビタキが成長なのか幼鳥なのか
或いは黒い羽の多い固体なのか自分には分りませんが
とにかく小鳥達は水浴びが大好きなようですね。
寒さには無関係なのかなぁ・・・
見ている方が身震いしてしまいそうです。

ルチちゃんの♂ですね。
少し小さいみたいだから幼鳥でしょうか。

水浴びした後の濡れた羽もまたいいものですね。


こんにちは。

今日は、ちょびっとだけ暖かかったような。。

気のせいでしょうか。

そろそろ梅のお花でも見に行きたくなりました。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水場で ルリビタキ:

« JRウォーキング 静岡 | トップページ | 久々にマヒワ・アトリ »