2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ヒヨドリの渡り | トップページ | 冬鳥達 タゲリ・オシドリ »

2016年11月 6日 (日)

今年も来ました マガン

毎年この時期、近くの池に飛来するマガンが今年は親子3羽で来てくれました。

 

119a2055
119a2324


そして飛び立ちです。

 

119a2341
119a2228
119a2351

此処2年ほどは2日ほどの滞在で直ぐに居なくなってしまい、今年こそは・・・と期待しているところですが。。。
その後も戻ってきたり居なくなったりと安定していません。

                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                       にほんブログ村
上にある「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1018-

« ヒヨドリの渡り | トップページ | 冬鳥達 タゲリ・オシドリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

子供のころ早朝や夕方にガンの群れが首を長くして大群を組んで飛んでゆく姿を思い出しました。
今はもうそんな光景も見られないのでしょうか。
応援ポチリ!

下から2枚目の写真はとっても貴重。
こんな風に飛んでいる姿なんて、狙ってもなかなか撮れないのではないでしょうか。
今回はマガンの動きのある写真が多く、私も現物を見ている気分です。
3枚目の群れの写真を見ると、まだまだ小さい雛のようなマガンもいますね。

おはようございます。

マガンが3羽来てくれましたか、

野鳥のハンドブックを見ていると鴨さんも
ずいぶんいろんな種類がいるんですね。
3羽で飛行している姿の下から2枚目の
飛行姿がとても綺麗です。

あすか  様
雁の群、所謂雁行形になって飛ぶ雁、当地方では見たことがありませんね。
「く」の字になって跳ぶ大きな群れは鵜ばかりです(笑)
鵜以外では見たことがありません。
応援を何時も有難うございます。

walkerZ 様
有難うございます。
「walkerZ」さんに褒められて本当に嬉しいです!
飛翔中の鳥、普段は下から見るだけなので羽の裏側やお腹ばかり。
稀に背中が見えることもありそんな時は急いで写し、この写真のように多少写りが悪くても貴重品として保存します。
マガンは3羽だけなので小さい鳥は多分鴨の一種であるコガモだと思いますが。。。

里山コウ 様
毎年1羽だけが2日ぐらい居て直ぐに居なくなってしまうのですが
今年は親子で3羽が飛来。
冬の間居てくれたなら嬉しいのですが。。。
去就がハッキリしていません。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。

かわいいですね。

今年はもうちょっと、腰を落ち着けてほしいですね。

寒くなってきましたけれど、

元気がでそうです。

ぽち。

あとり 様
この池に来たマガン一家。
居ると思えば留守にしたり・・・
落ち着きがありません。
希望としては越冬して欲しいのですがこればかりはね~
応援を何時も有難うございます。

猛禽かと気にする同じ向きの三枚目の写真が、貴重ですね。
そして、一斉に飛び出したということなので、やはり怖い鳥が現れたのでしょう。
鳥たちのその敏感な感覚には驚くばかりですね。
はるか上空でチョゥゲンボウが鳴いていると思ったら、そのとき観察していた水鳥が水面すれすれ
間で体を沈めてじっとしているところを見たことがありました。


3羽のマガンの親子連れ、家族という感じでほのぼのします。
山を背景に飛ぶ姿、とても綺麗です。がマガンたちは危険を察知しての行動なのでしょうね。


昨年は東京の川にハクガン幼鳥が3羽来て、フィーバーしました。

ガンの仲間なので、顔つきなどは似ていますね。今年も来てくれると嬉しいのですが・・・


こんばんは。

今日は立冬ですが、明日からドーンと気温が下がるそうです。

ちょっと。。。怖いようなきがします。

ぽち。

korekore  様
池に居た水鳥たちが一斉に同じ方向を向いて・・・
本能的に危険を察知したのでしょうか。

猛禽が湖面に近づいたとき咄嗟に鴨が水面に沈んだところを私も見た事があります。
鴨は潜水出来ないと思っておりましたが咄嗟の場合体を水面に隠すことが出来るのですね。
鳥の生態、知らないことが未だ未だ多くあります。


ホロホロ  様
当地方、冬季の水鳥として鴨たちは沢山飛来してきますが雁などの渡りは少ないのです。
コハクチョウが4~5羽程度例年近くの沼に来てくれますが、それは即、新聞記事になります。
ハクガンは勿論見たことはありませんが当地方からもそちらまで遠征してきた人もいらっしゃいます。
今年も来てくれるといいですね。

あとり 様
明日からは寒くなる・・・
真夏の暑さよりマシかもしれませんが
あまり寒いのもね~
応援を何時も有難うございます。

おはようございます。

マガン親子のスリーショット・・・ほのぼのとする素敵な1枚です。
3羽の飛び立ち&ぴったり寄りそい飛ぶ姿もイイですね~。

貯水池の側でアルバイトしている夫が、帰宅して
鳥撮りさんのレンズの長さや機材にビックリしていました。
(仕事場の近くの貯水池が、かわせみや野鳥の生息地とのことで
大勢の方が写真を撮りに見えられているそうです。)
吹きさらしの風が強い場所で、「皆さん寒くないのかな~」心配してました。

セロリさん  様
鎌や雁、顔が穏やかで形は大きくても可愛いです。
鳥撮りの一番の悩みは道具が重いことです。
移動手段として車は使いますが、鳥の居る所まで諸道具を担いでいかなければならないのでこの齢になると応えます。
山に入ったときなど弁当から座る椅子まで一色持参なので・・・
勿論防寒の支度も。でも好きなものは止められません(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も来ました マガン:

« ヒヨドリの渡り | トップページ | 冬鳥達 タゲリ・オシドリ »