2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ノビタキ | トップページ | 今年も来ました ジョビ子さん »

2016年10月15日 (土)

鷹の渡り サシバ

少し前のレポートで恐縮ですが、鷹の渡りの季節到がやって来ました。
この日の撮影は県内の近場です、隣県の本場では数種類の鷹が見らるようですが此処では殆どがサシバでした。

 

119a8783
かなりの高所でハッキリしませんが、腹の模様から上下写真とも成鳥かと思います。
珍しく少し低い所を飛んでくれましたが、距離がやっぱり遠い。それでも背中が撮れたので・・・
一緒に居たカメラマン氏から聞いた言葉は「背打ち」、写りはこんなに悪くても良いのかな。

 

119a8642

119a8643
鷹柱も見ることが出来た、その全てはレンズに収まりませんがこの5倍以上は居たと思います。推定ですが4~50羽ぐらいの鷹柱ではないかと思いました。

 

119a8723

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1005-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

 

« ノビタキ | トップページ | 今年も来ました ジョビ子さん »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

鷹柱
以前多くの鳥が(鷹?)クルクル円を描いて縦に舞っている光景を見たことがありました。
鷹柱と言うのですね。
応援ポチリ!

鷹も渡りをするのですね~
あの大きな鳥がくるくる回るのは圧巻ですね。

もう寒くなったので帰って行ってしまったツバメたちも
こんな光景を見ました。

おはようございます。

サシバさんが翼を広げて青空の中を飛ぶ姿が
とても綺麗です。
翼の柄がとても綺麗ですが、さすが猛禽類、眼の
鋭い感じは格好良いですね。
鷹柱、このようなこともあるのですね、驚きました。

こんにちは。

飛翔姿、素敵ですね。

出先ですので、明日ゆっくりおうかがいさせていただきますね。

ぽち。

あすか  様
鷹は上昇気流を見つけると其処から上昇気流に乗って舞い上がり、其処から移動すると言われております。
高い所からの方が旅立ちには適しているのでしょうね。
応援を何時も有難うございます。


hirugao 様
鷹でも渡りをするものと、そうでないものの2種類があります。
ツバメのこのような状態を見たことがないので何とも言えませんが・・・
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
鷹、眼光と嘴が鋭いので威圧感がありますね。
鷹柱、この時期になれば彼方此方で見られるのかもしれません。
応援を何時も有難うございます。

あとり 様
写りの悪いショットばかりで、
ゆっくり見ていただくような代物ですはありませんが。。
応援を何時も有難うございます。

サシバの飛翔姿、お腹も背打ちも素晴らしく格好良いです。
鋭い目も写っていますね。
鷹柱は実際に目にすれば、感動ものでしょうね。
鷹の渡りは雄大でロマンが感じられるのではないでしょうか。
愛知県の伊良湖岬は有名ですね。

ホロホロ  様
鷹柱、望遠レンズではどうしても無理です。
と言って広角レンズを鳥撮りに持っていくわけにはいかないし・・・
愛知県の伊良湖岬、ご存知でしたか、流石は「ホロホロ」さんです。
冒頭の文中にある「隣県の本場」とはまさしく伊良湖岬の事です。
昨年は伊良湖岬までかなり通ったものですが自宅からは80km余。
年々車の運転が辛くなり近場にした次第です。
近場でも往復すれば70km弱、でもこの位なれば何とかです。

おはようございます!

やっぱり目が鋭いですね~!
悠々と飛んでる姿に、風格があります。
怖いもの見たさで鷹柱を見てみたいような・・・。
でも怖いかな?

セロリさん  様
鳥が苦手だった「セロリさん」。
やっぱり猛禽類は苦手かもしれませんね。
バーダーさんにもあの可愛い小鳥を餌食にする猛禽だけは好きになれない・・・と仰る方もいますから・・・
鷹柱は遠い所なので怖いことは全くありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷹の渡り サシバ:

« ノビタキ | トップページ | 今年も来ました ジョビ子さん »