2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« フレンドリーな筒鳥 | トップページ | エア・フェスタ浜松2016 »

2016年10月29日 (土)

オオタカ

池の上空で猛禽が小鴨?らしき水鳥を追っているところを発見。
鴨には逃げられ近くの梢に留まったところをパチリ。見ればオオタカの幼鳥のようです。
「お前のせいで獲物に逃げられた」と、言わんばかりにコチラを睨んでいる様です。

 

119a9823
獲物を見つけたのでしょうか枝から急降下、そして獲物目指して飛び出しましたが。。。
119a9837
狩は今度も見事に失敗! 
今度は先ほどとは違う枝に留まり、悠然と彼方此方を睥睨している感じです。幼鳥でも鋭い眼と嘴が印象的ですね。

 

119a9869
再び急発進!

 

119a9870

またもや狩は失敗に終わったようですが、元の場所に戻ることなくはるか彼方へと飛び去って行きました。体は一人前でも未だ狩の方は一人前ではないのかもしれませんね。

 

                       にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
                      にほんブログ村
上にある「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -1013-

 

 

 

 

 

.

 

 

 

 

 

.

 

 

« フレンドリーな筒鳥 | トップページ | エア・フェスタ浜松2016 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

以前テレビの自然番組で、オオタカを見られることは、
すごい事だと説明がありました、良く覚えています。
オオタカの幼鳥さん、幼鳥とはいえ目が鋭い感じです。
空中を飛んでいても、眼は獲物のほうをにらんでいる
ようです。
とても迫力を感じる写真、楽しく拝見させていただきました。

さすがオオタカですね~
幼鳥でもこんなに鋭いまなざしなんですね。

飛び立ったところの写真もいいものですね。
こうしてだんだん学んで生きてようくのでしょうね。

里山コウ 様
自然環境が整備されてきたのでしょうか、最近ではこの池や里山でもオオタカの姿を時々見ることが出来るようになって来ました。
これは幼鳥だと思いますが、成鳥になれば胸や腹に横のラインが入り、いっそう逞しくかっこよく見えるようになります。
応援を何時も有難うございます。

hirugao 様
未だ幼鳥で狩も失敗ばかり。。
これからだんだんとウデを磨いて立派な成鳥になるものと思います。
次回は成鳥を撮ってUPしたいと思っておりますが、果たして。。。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

オオタカ、幼くとも、眼光の鋭さはいっちょまえですね^^。

近所でハリスホークを飼っている方がいます。

雛から育てておられるので、かなりのあまえんぼで、かわいい子です。

自分で猟はしませんし、できないのですが。。

飛行訓練の際、緑地公園で飛ばすと、鳩はパニック状態になって飛びたちますし、烏も近隣に猛禽がいないので、一斉に逃げます。

平気なのは雀くらい。。^^;。

小粒なハリスホークでもそんな具合なので、大きなオオタカを実際に見るとすごい迫力なんでしょうね^^。

見てみたいです。

ぽち。

雛から育てた子で、自分で猟はできませんが、

木枯らし一番が吹いた大阪です。

ちょっと風邪をひいてしまったようです。

くしゅん。。風邪に気を付けてくださいね。

ぽち。

長文を書いているとこんがらかってしまいました。

すみません^^;。

さすが鷹ですね。
小さくても目の鋭さが違います。
応援ポチリ!

さすがオオタカ、幼鳥といえども立派な姿です。
飛び出しも勇姿ですね。
狩りができないとオオタカといえども幼鳥は冬を越せないそうですね。
この幼鳥、無事に成鳥になれると良いですね。

9月に都心の公園でオオタカ成長メスが見られました。眼光が鋭かったです。

あとり  様
拙いブログなのに詳しいコメントを有難うございます。
ハリスホーク、掛川花鳥園で二度見ました。
現代の鷹匠が飼育しているものはハリスホーク? 詳しいことは分りませんが。
オオタカはカラスも襲うとか・・・
未だその様な瞬間を見た事がありませんがTVで見たことがあります。
昨秋はオオタカの成鳥が鳩を襲い食べ終わるまで終始見ていました。

大阪では木枯らし一番ですか。つい先日までの暑い暑いが嘘の様ですね。
暑い夏は長いと感じましたが、季節の移り変わりは本当に速いものですね。
風邪、暖かくして休養することが何よりのクスリです。

応援を何時も有難うございます。
お大事に!

あすか  様
幼鳥ですが流石はオオタカ。
猛禽の片鱗が見られました。
今度は成鳥を近くで撮りたいものです。
応援を何時も有難うございます。

ホロホロ 様
この日のオオタカは狩が失敗ばかり。
これから寒い冬を向かえ大丈夫かな? と、気になります。
可愛い小鳥を襲う猛禽は大好きとまでは言えません。
でも猛禽も生きていく為には仕方のないことかもしれませんが、野性の世界で生きていく事は大変なのですね。
都心の公園でもオオタカが見られるとは・・・

眼光鋭いとはこのことでしょう。
猛禽中の猛禽。
幼鳥でこんなオーラを放っているのだから、成鳥になったらさぞやという感じですね。
飛び出しショットもジャスピンで、すばらしいです。

確かに鋭い視線で睨んでいるように見えますね。

でも、葉の色にまぎれて、オオタカはすっかり木の一部にも
見えてしまいます。
先日、鳥のさえずりがすごくするのに全く見えず
見えたのは鳩だけでがっかりました。
country walker さんとは鳥の見方が違うのだと
その日は諦めました。

korekore 様
この池でオオタカを見たのは今回で二度目、この前の時も幼鳥でした。
横縞の成鳥は此処では見たことがないのですがいつか見てみたいものです。
オオタカはやっぱりカッコいいですね!


ジャランこ 様
野鳥、居るところもあれば全く居ない所もあり、その時々によっても異なる場合があり難しいですね。
自分たちは過去に鳥が居た所や、何時も居る場所などを選んで出かけておりますが当たり外れもあってなかなか難しいです。
この日はオオタカに出合えて幸運でした。

寒くなりました~

今朝は誰もいなかったのですっかり寝坊をしてしまいました。
これから寒くなると鳥さんの撮影も大変ですね。


オオタカの目、さすがに鋭いですね。
その目とは裏腹になかなか狩がうまくいかないとは・・・やはり幼い鳥なんですね。
そういわれてみれば、1枚目の写真の表情が、少しあどけない感じにも見えますね。

Khaaw  様
コメントを有難うございます。
オオタカの幼鳥、目つきだけは鋭いのですが狩は未だ未熟で失敗ばかり。
狩が出来なければこの冬も超せなくなるとか・・・
餌食となる鳥は可愛そうですがオオタカも生きていく為には必死なんですね。

さすが猛禽類の「オオタカ」は鋭い眼差しですね。
自然界に生きる生き物・・・狩りをして食べなければ絶滅の危機に!
これが自然界の摂理なんですよね。

↓ ツツドリの生態もユーモラスに感じられました。鳥に少しづつ
慣れてきたようです。(笑)

セロリさん 様
鳥アレルギー?の「セロリさん 」、
オオタカの眼を見ても抵抗無く?見ていただけたようでホッとしました。
自然破壊で棲む所が心配されたオオタカですが最近では自分達の住む平野部でも時々ですが見られるようになりました。
本当に嬉しい事ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオタカ:

« フレンドリーな筒鳥 | トップページ | エア・フェスタ浜松2016 »