2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 今年も田んぼアート | トップページ | 休耕田の鳥たち(2) »

2016年9月 5日 (月)

休耕田の鳥たち

当地方でも彼方此方で始まった稲刈り。それでも今年も作付されなかった休耕田が僅かにあります。
水が張られた休耕田は鳥達には絶好の休息場所なのでしょう。

水の反射と逆光で見難い画像ですが細くて長い足、セイタカシギです。

119a3896羽の色もやや茶色、自慢の長い足も未だ赤くないのは幼鳥かもしれません。
119a3886
119a3844
チョッと地味な感じのタシギ。

119a3829
コサギの飾り羽が風に靡いています、背景が暗ければもう少し目立ったかもしれませんね。

119a39061

これはバンの幼鳥?でしょうか?

119a3019
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -984-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 今年も田んぼアート | トップページ | 休耕田の鳥たち(2) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

気付くともう、稲刈りの季節ですか。
今回の写真は、稲刈り後の田んぼではなく、休耕田なんですね。
休耕田にも水がはられるのですね。
ここでの写真は、本文でもおっしゃっているとおり、水の反射などで難しそうですね。
セイタカシギは折れそうなほど細くて長い足ですね。
なかなか実生活では見かけることがないです。

walkerZ  様
田んぼでも既に稲刈りの終了したところ、これからのところ、未だ青々としている田んぼ、其々です。
この違いは作付けされたお米の種類の違いなのでしょう。
休耕田でも草が沢山生えないように水を入れたところもあります。
セイタカシギ、田んぼの無い都会では見つけるのは困難かもしれませんね。

何とも長くて細い足ですね~
成鳥になると赤くなるのですね。

休耕田はやはり多いですね。
草ぼうぼうになっていますが。

コサギの飾り羽がとてもきれいですね〰♡

おはようございます。

セイタカシギさんとっても脚の長い姿は、
水上の貴婦人のようですが
このセイタカシギさんは未だ幼鳥でしたか。
上手に美味しいご飯にありつけたかな。

コサギさんの飾り羽がフワフワと風になびく姿、
結婚式の白いドレスを着ているようです。

休耕田があるのですね。
都心では空き地はほとんどありません(笑)
マッチ箱のような家家ばかりで・・・
そんな休耕田には鳥たちの格好な餌場なのですね。
セイタカシギの細長い脚にはちょっと心配も感じられます。
応援ポチリ!

hirugao 様
セイタカシギ、成鳥になれば羽に色も黒く、
きれいな赤い足になります。
農業政策の変更の為なのでしょうか
休耕田は以前より随分減りました。


里山コウ 様
別名、水辺の貴婦人とも呼ばれるセイタカシギ。
未だ子供なので水辺のお嬢さん?でしょうか。
白鷺類の羽、風に靡くとレースのようで実に美しいです。
応援を何時も有難うございます。

あすか 様
以前と比べて随分少なくなってきましたが休耕田は未だあります、町では空き家が多くなって問題になっています。
護岸がコンクリートになり、鳥達の生息場が少なくなっていることも事実であり、休耕田は水鳥たちにとって恰好の休憩所であり餌場となっているようです。
応援を何時も有難うございます。

見惚れるほどの、細く長い足です。 羨ましい 長い足に 応援 ☆ ポチリ

休耕田も、野鳥にとってオアシスなんですよね。
タシギも地味な感じですが、小さな営みをしている様子に小さな声援を送りたくなります。(笑)

セロリさん  様
此方へもコメントを頂きありがとうございます。
そして細く長い足のセイタカシギに応援を有難うございます。
自然界に住む場所が減ってしまった水鳥たち。
休耕田は鳥達にとって絶好の場所なのかもしれませんね。

セイタカシギは、今季あまり見れませんでしたが、先日思いもかけない場所で偶然の出会いが会ったばかりです。
それにしても、細い足ですよネぇ~。
水面の上の部分がそのまま水鏡として、倍、長くなるので、目の錯覚も反映してしまい、
より以上長く見えてしまいます。
幼鳥は見たことないです。
コサギの飾り羽も風にそよぎ、魅力的ですね。

korekore  様
探してもなかなか見つからず諦めて他の鳥を撮っている時、偶然にお目当ての鳥が見つけるってありますよね。
「 korekore 」さんの場合も同じでしたね。でもこういった偶然は滅多にないことですが本当に嬉しいものです。
今回の撮影も車中からでした。
水鏡が長いセイタカシギの足をいっそう長く見えてしまう錯覚、ほんのチョッピリですが足だけをシンメトリック風に狙っていたことも事実です。
セイタカシギの幼鳥、自分も初めてでした。

こんにちは。

細いあんよで羨ましいです。

なかなか涼しくなりませんね^^;。

大阪だけでしょうか?。

ぽち。

あとり 様
暑いのは大阪だけではありませんよ。
お盆過ぎてからの暑さはかなりのものです。
今日も蒸し暑い1日でした。
やっぱり台風の影響でしょうか?
応援を何時も有難うございます。

こんばんは

キラキラの光の中のセイタカの若鳥さんたち。とても綺麗です。
幼鳥にして、もう気品がありますね。
野鳥たちの休息場の休耕田がいつまでも存続すると良いですね。

こんばんは^^

セイタカシギは、まるで、
モデルさんのように、優雅に歩きますね。
足が水に映り、より長く見えます。
コサギの、羽の美しいこと!真っ白!
今日も、楽しませていただき、ありがとうございました^^

おはようございます。
水が入ってる休耕田を探すのが難しくなってきましたね。
最近、こちらでは、休耕田も荒れ放題で野原状態が多く、シギチも少し遠征いないと見れなくなりました。
レンカクで賑わったこちらの沼でも、セイタカシギは、だんだん数が増えて、今は20羽くらいいるようです。
こちらでも、幼鳥の割合が多いですよ。

ホロホロ  様
逆光なのであまりハッキリとは写すことが出来ませんでした。
もう少しキレイに撮ってあげればセイタカシギさんたちにも喜んで貰えたかもしれませんね。もっとウデを上げなければ、鳥に叱られそうです(笑)
休耕田、随分減ってしまったので鳥探しは休耕田探しから・・・になってしまいました。

k-24 様
写真の上手い「 k-24」さんから見れば噴飯物かもしれません。
セイタカシギの足の長さと映り込みを強調したかったのですがなかなか上手くいきません。
写真撮影、楽しくもまた難しいものですね。

ソングバード 様
おはようございます。
休耕田が減ってしまったので鳥たちも大変でしょうが、こちらも大変です(笑)
放置された田んぼも水が張ってあればまだしもそのままでは野原になってしまいますよね。
耕作者の高齢化や後継者の問題もあってなかなか難しい問題です。
レンカク、やっぱり残念でした!

休耕田が減ったということは喜ばしいことでしょうが
鳥さん達には災難ですね。

今年の申年の梅は60年に1度とかでとても縁起がいいらしいです。


こんにちは。

また台風が近づいているようですね。

被害がでるのは嫌だけれど。。

秋が深まっていきそうです。

ぽち。

hirugao 様
人間にとって休耕田が減ることは環境その他でも喜ばしいことです。
でも、水鳥たちにとっては自然環境が失われていく中でますます厳しい状況になるのかもしれません。
申年の梅、今調べて見ましたが貴重なんですね。
応援を何時も有難うございます。

あとり 様
台風はもう結構!
被害が無ければ恵みの水をもたらせてくれます。
穏やかな秋が待たれますね。
応援を何時も有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/67214815

この記事へのトラックバック一覧です: 休耕田の鳥たち:

« 今年も田んぼアート | トップページ | 休耕田の鳥たち(2) »