2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 秋の公園で (2) | トップページ | 秋の公園で(3) »

2016年9月23日 (金)

ショウコク(小国)

ショウコクが居ますとのニュースを聞き、野鳥ではありませんが国の天然記念物に指定されており行ってきました。バードウォッチングとは言えないかもしれませんが。。。

ネットで検索したところショウコクであれば「平安時代初期に中国の昌国(しょうこく)から渡来した銘鶏で、本種から多数の日本鶏が作出された」

119a5999
ニワトリの原種?だけあり顔はニワトリと殆ど同じ。

119a6030
直ぐ近くに大きな岩があり、岩に留まってくれたなら長い尾が撮れたと思うのですが、この日は平地ばかり。。。

119a5987
放置されたものか篭脱けなのか不明ですがショウコクとなれば国の天然記念物でもあり、聞くところによれば警察が保護する方針との事です。

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -993-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 秋の公園で (2) | トップページ | 秋の公園で(3) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ショウコク(小国)?ショウコクが居ます?
何だろうと記事を読むと、日本鶏の原種なんですね。
初めて知りました。
尾が美しいですね。
枝にでも留ってくれれば、日本画のような写真になったでしょうね。
最後の写真、羽を広げた姿、美しいですね。

walkerZ  様
掛軸や絵ではこれに似た尾の長い鶏は見たことがありますが
実物を見るのは初めて。
近くに大きな岩があり其処に上ってくれたなら・・・と思っておりましたがダメでした。
この鳥は自然界には存在せず、どうしてこの地に居るのか不思議でした。

そういう名前の鳥がいるのですね~
オナガ鳥みたいですね。
昔、父がいろんな鳥を飼っていました。

懐かしく拝見しました。

渡り鳥みたいには長距離は飛べないでしょうが・・・
野生では無いとは思うのですが・・・
貴重なにわとりの原種ですか!
応援ポチリ!

おはようございます。

ショウコクというのは初めて聞きましたが、
とても美しい鳥ですね。
ふわふわした胸の毛や尾の部分の黒い毛も
美しいですね。
これが鶏の原種かそれに近い物なのですね。

hirugao 様
お父様は鳥がお好きだったのですね。
自分も初めて見た鶏でした。
何故此処に?謎の多い鶏です。
応援を何時も有難うございます。

あすか 様
この小さな羽根では飛ぶことはおそらく無理かと思います。
どうしてこの場所に居るのか不思議です。
逃げ出した篭脱け鳥か捨てられた?
天然記念物を捨てる人は居ないと思うし・・・
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
自分も初めて見る種類の鶏です。
名前を聞くのも初めてですし、、、
オナガドリより尾羽が短い。
鶏の原種かそれに近い物であることは間違いないようです。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは

わぁ〜!すごいですね。
一見して、伊藤若冲の絵の鶏さんだと思いました。
5月に一時間並んで「若冲展」見たので・・・

絵の中から抜け出してきたのかなヽ(´▽`)/

ホロホロ  様
人間、考えることは皆一緒ですね。
私も見た瞬間、伊藤若冲の絵を思い出しましたよ。
その次に掛け軸などで見たあのオナガドリを・・・
どうして此処に居るのか分りませんが保護され動物園で飼われるのかもしれませんね。

こんにちは。

ゴージャスな感じがしますね。

堂々としているし。。流石の貫禄は感じられます^^。

にしても、どこから来たんでしょうね^^。

ぽち。

あとり 様
皆さん一様に???です。
飛べない鳥が飛んでくる筈もなし、
天然記念物を捨てていく人も??
憶測は深まるばかり・・・
応援を何時も有難うございます。

ショウコク、何かと思ったら日本鶏はこの鳥がスタートなのですね。
掛け軸で見たことがあるような・・・
立派な尾をもう少しみられると良かったですが、
それでもその雰囲気は伝わってきますね。

自由を求めてちょっとだけ脱走しちゃったのかしら?

ジャランこ 様
ネットで調べたところでは日本の鶏のルーツはこの鶏から・・・となっていました。
掛け軸や日本画の題材になっているかもしれません。
脱走してきたのかそれとも捨てられたのか?
国の指定記念物を捨てる人も居ないであろうし、謎は深まるばかりです。

おはようございます。

若冲の絵に、描かれているようなショウコクですね。
思わず先日購入した伊藤若冲の図録を眺めてしまいましたよ。
平安時代からのルーツがある鳥なんですか?

国の天然記念物に指定されているこの鳥が、平地で歩いているなんてビックリします。
どのような経緯でこちらにいるんですかね~!eye

セロリさん  様
「セロリさん 」もこのショウコクを見て即、伊藤若冲の絵を想いだされたようですね。
若冲の絵には鶏を描いたものが多いですね。
ショウコクも平安期から日本に居るとあって若冲もこの鶏を見ている筈です。
自分達カメラマンもこの鶏の存在を「どうして?」、「何故?」で話が弾みました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/67550039

この記事へのトラックバック一覧です: ショウコク(小国):

« 秋の公園で (2) | トップページ | 秋の公園で(3) »