2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 休耕田の鳥たち | トップページ | 田んぼ周辺の鳥 »

2016年9月 7日 (水)

休耕田の鳥たち(2)

休耕田シリーズの続編です。
休耕田には様々な鳥達が羽を休めていますが、その中で断然多いのはケリ。

水浴び中のケリ、普段あまりレンズを向けない鳥ですが、こうした表情はなかなか可愛いですね。

119a41681

119a4268何か叫んでいるような・・・
119a4265
ケリ同様あまり写すことのないタシギ。この日はパタパタと大サービスでした、左はエリマキシギ。

119a4313
119a4372
119a4312_2
シギの中でも特別識別が難しいと言われる「ジシギ類」、ベテランさんでも外見だけではなかなか難しいとのこと、判別は羽や尾羽が開いた状態のみ見分けることが出来るという。

開いた尾羽だけ撮れたショットもあり、もしやと一縷の望みを期待して鳥友さんに尋ねたところ「タシギだと思います」 やっぱり・・・

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -983-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 休耕田の鳥たち | トップページ | 田んぼ周辺の鳥 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

休耕田は転作されず、荒れ放題のイメージがありますが、
鳥のオアシスとなっているんですね。
ケリは以前にもUPされましたよね。
3枚目の写真がとっても面白いです。
正面向いて、羽を広げ、差軒げいる。真正面からの鳥の写真てなかなかないですよね。
人気のないけりとのことですが、良く見るとかわいい姿で、キレイな鳥だと思うのですが・・・。

walkerZ  様
水の張られた休耕田、仰るとおり鳥たちのオアシスです。
ケリは少し前にもUPしましたが、人気の無いのは数が多すぎることがその要因だと思います。
関東地方では少ないので人気があると聞いたことがありますが・・・
スズメや鳩も数が少なければ人気が出るのかもしれませんね。

休耕田は多くの生き物が生息する場所ですね。
異種の鳥たちでも争いは無く共存し豊富な餌場での行動が何か学ぶものがある気がしました。

今日はこれからシリーズものの駅ハイ②に参加ですが台風13号の影響が・・・

あすか  様
今朝も蒸し暑い朝を迎えました。
この蒸し暑さは台風の影響でしょうね~
シリーズものの駅ハイ②に参加ですか・・・暑さとの戦いですね。
頑張って下さい!
自分も今日は近くの公園へ行ったきます。

おはようございます。

ケリさん、羽を広げた姿が、綺麗です。
翼を水平に広げて、カメラ目線で何か叫んでいますね、
何を言っているんだろう。

タシギさん羽をバタバタ、うれしいサービスを
してくれますね。
タシギさんは、違う種類のシギさんと一緒に
食事中なんですね。

休耕田で水が張られているというのは珍しいですよね。
たいていは草ぼうぼうなんですが。

田市議たちも私たちにしたら珍しく楽しませて
頂きました。

3枚目の写真 前にも後ろにもケリの子供らしいのが2羽いますね。
親として子供に何か教えている風にも見えます。

休耕田のシギチ、これからが本番です。またいろいろ見せて下さいね。

里山コウ 様
ケリ、水浴びの後は「うるさい! あっちへ行って!」と叫んでいるのかもしれませんね。
今日の鳥たちは普段あまりレンズを向けることのない地味系鳥さんばかりなので。。。
応援を何時も有難うございます。

hirugao 様
休耕田、水が無ければ草ぼうぼうになりますが
水を張っておいた方が雑草の生え方が違うのかもしれませんが詳しいことは分りません。
応援を何時も有難うございます。

ちどり 様
休耕田にはケりがいっぱい。
うじゃうじゃ居ます(笑)
その為、主役だけで良いのに他のケリたちも写ってしまうのです。
休耕田シリーズは後1回続きますので宜しくお願いいたします。

こんにちは。

ケリさん、男前。。。

あっ。。女の子だったら、ごめんなさい^^;。

ぽち。

あとり 様
ケリのオス・メスは分りませんが
喜んでいますよ
別嬪さんでも男前でも・・・
応援を何時も有難うございます。

またまたご無沙汰しました。

休耕田に様々な鳥がやってくるのですね。
「ケリ」は初めて見ました。
見かけは優しそうな鳥でしょうが、羽を広げて叫ぶ姿はちょっと怖いように見えます。
大きさは小柄な鳥なのでしょうか?

今年は北海道への台風の上陸が多かったのですが、ようやく秋の気配を感じるようになりました。
「実りの秋」と呼べないほど、農業の被害が多い地域があります。
それでも蒸し暑さからやっと抜け出すことが出来、久しぶりに札幌での秋を感じることが出来そうです。

お住まいの地域は、秋の気配はどうでしょうか?

こんばんは
いつもながら、ケリさんはうらやましいです。
こちらのオナガと一羽で良いので交換したいですね(^-^;
そちらにはタシギも多く見られるのですか?
こちらではそんなに多くは見られないので、タシギがいたらカメラを向ける人が結構いると思いますよ。

やはりそちらでは見慣れているケリなんですね。
余裕のシーンショットです。
きれいな羽の色も出てますし、最初の水浴びシーンもナイスです。
タシギの開いた翅もあまり見れない、いいショットです。
何気なく脇役で登場の、エリマキシギだなんて、贅沢この上ないこと。

のりちゃん 様
函館ツーデーウォーク、定山渓かっぱウォーク・・・
其々20kmと頑張っておられますね~
当地方でも9月から様々なウォークイベントが再開されましたが、自分はもう少し涼しくなってきてから参加してみたいと思っています。
関西地方ほどではありませんが気温30℃前後で高湿度の現在では今の体力ではチョッと無理かな・・・そう自己判断しています。(毎朝歩く早朝ウォーキングだけは実行しておりますが)
無理が効かなくなった現在、ウォーキングは楽しむもの、無理をしないをキホンとしております。
ケリは北海道には少ないと聞いたことがあります。当地ではいっぱい居り大きさは鳩位です。


ホロホロ 様
ところ変われば・・・ですね。
ケリは田んぼに行けば「うじゃうじゃ」います。
出来ることならばオナガ1羽とケリは無制限でも結構ですから交換していただきたいものです(笑)
タシギも目立ちませんが休耕田には結構居ますよ。
タシギは「もしかしてジシギでは?」とレンズを向けますが違うと分れば殆どボツです。

korekore
ケリは田んぼに行けば何処にも沢山居るのでレンズを向けるカメラマン氏は殆ど居ないのでは?
でも、羽を開いたところはキレイですよね。
エリマキシギは次回UPを予定していたので今回は脇役にまわってもらいました(笑)
この休耕田にアカアシシギも居たらしいのですが見る事は出来ませんでした。

休耕田に水が張られているので鳥たちもやってくるのですね。

そういうのは近くにないわね。
白鷺が飛んでくるくらいです。

こんにちは。

ずいぶん雨が降りましたね^^;。

涼しくなってくれるならうれしいです。

ぽち。

「ケリ」はじめてみました。
水浴びしている顔はかわいいのに、叫んでいる姿か
迫力がありますね。

休耕田なのに、水が張っていあるのでしょうか?
それとも雨水?
こうして鳥たちが集まってくれるのは鳥撮りさんには
うれしい場所ですね。

hirugao 様
休耕田は水鳥たちのオアシスです。
白鷺が居るのであれば他の鳥たちも居るかもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。

あとり 様
夕方から急に涼しくなりました、
今夜は久々ノークーラーで過ごしています。
応援を何時も有難うございます。

ジャランこ 様
ケリは関東地方には少ないと聞いております。
そちらではあまり見かけないのも納得です。
この休耕田は水が張られておりますが、意図的に張られたものか雨水が溜まったものか不明です。
多分雑草押さえに水を入れてあるのではないかと思っています。
このお陰で鳥たちのオアシスになっています。

おはようございます。
田んぼシリーズ、これだけたくさんのシギチが見れると楽しいですね。
名前の特定にはいつも苦労しますが、特に冬羽への移行期に若鳥が混じると、何が何だか分からなくなってきますね。
↑のヒクイナ、良い所に出てくれましたね。
ノートリだとすると、かなり近かったようで・・・・・羨まし~!!

ソングバード 様
自分の最も苦手とするシギ・チ類です。
季節の羽や幼壮の違い・・・また、折角教えていただいても次の年には記憶が定かでなくなる。。
毎年この繰り返しです。
↑のヒクイナ、遠い所にいたバンを車内から撮っていた時、いきなり目の前に現れこちらもビックリでした。
車の中は鳥も警戒心がかなり薄れる様ですね。
直射日光が当たり羽の色が反射してしまいましたが。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/67245925

この記事へのトラックバック一覧です: 休耕田の鳥たち(2):

« 休耕田の鳥たち | トップページ | 田んぼ周辺の鳥 »