2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 浜松フラワーパーク・動物園(2) | トップページ | 鳥枯れの季節 »

2016年8月 7日 (日)

豊橋動植物公園

先日〇十年ぶりに訪れた浜松市動物園、昔と異なり開放的になって随分新鮮な感じでした。動物園の魅力に取り憑かれた様に、この日は少し離れた豊橋動植物公園へ。。。

前回はトラやヒグマ、そして白熊等の動物のUPでしたが今回は大好きな鳥です。

猛禽類の檻ではフクロウ、アオバズク、ノスリ、クマタカ等々地元のフィールドで御馴染みの鳥を見ることが出来ましたが鉄格子が邪魔してなかなか全体像が撮れません。比較的マシなオオタカ、ハヤブサを。

119a7857
119a7821
小鳥のコーナーでは随分多くの身近な小鳥を見ましたが代表的な小鳥達をパチリ。
カワセミの餌場となる水槽には金魚がいっぱい・・・チョッと複雑な心境です。

119a7838ウグイス、オオルリと共に日本三鳴鳥のひとつであるコマドリ。
119a7839
あのアカショウビンもこんなに近くで。至近距離で見るアカショウビンは勿論初めて。

119a7824北海道旅行では遥か遠くでしか見られなかったタンチョウも。ネットが気になりますがこればかりは仕方がありません。
119a7739
小鳥のゲージには未だ未だ沢山の身近な鳥たちを確認できましたが蚊が多いのに参りました。
肌を露出した部分には充分虫除けスプレーをしたものの、シャツの上からも刺されること数ヶ所、もう少しゆっくりと見たかったのですが早々に退散でした。蚊の居ない時期にもう一度ゆっくりと訪れて見たいものです。

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -969-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 浜松フラワーパーク・動物園(2) | トップページ | 鳥枯れの季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日は、浜松で、今回は豊橋?
結構アクティブにいろいろ出かけてますね。
野生の鳥として紹介いただいている、大鷹やカワセミなど
お馴染の鳥も、動植物園に展示されていると思うとちょっと不思議な気分です。

walkerZ  様
久々に訪れた動物園の良さに感激し
この日は鳥が沢山居ると聞いた豊橋まで行ってきました(といってもそれ程遠くではありません)
鳥舎ではもっとゆっくり見たかったのですが蚊の多さに辟易し早々の退散となってしまいました。

おはようございます

もう忘れてしまいましたが豊橋植物公園は昔からあったのかな。
見ることができないものにとっては嬉しいものですね。

今日は爽やかな朝になっています。

檻の中での鳥たちは私たち素人には助かりますが
やはり自然界での生息が一番鳥たちには良いのでしょうね。
しかし動物園ではめったに観られない貴重な動物も間近で見られるのは助かります。
応援ポチリ1

おはようございます。

オオタカはさすが、貫禄もあり、鋭い目や強そうなくちばしが、
さすが猛禽類です。
アカショウビンさんはカワセミさんと似たような体型、に見えます。
たんちょう鶴はなかなかきれいでおしゃれな感じです。

鳥をしっかり見ようと思ったら、動物園は身近でいいですね。
ハヤブサやオオタカをフェンス越しでこんなにきれいに撮れるのですね。
ここの鳥は傷んでなくてきれいだと思います。
京都の動物園は、トラやヒョウなど大きな動物の檻は改造されてきれいになり、
動物たちも生き生きしていますが、鳥類の檻は昔のままで薄暗く、かわいそうですよ。
クマタカなんかも隅っこで小さくなって・・・。

すっかり動物園の魅力にハマってしまったようですね。

遅ればせながら前の記事のコメントに書きましたが、10年ほど前に旭川に住んでいたので、その時には時間が出来ると旭山動物園に通っていました。
旭山動物園はホッキョクグマ、アザラシ、ペンギン、オランウータンなどで全国的に有名になっていますが、この記事と同じフクロウ(シマフクロウ)オオワシ、タカ、タンチョウツルも飼育されています。
大きな鳥ゲージの中に飼育されているので、なかなか身近に見られない状況。最近では素通りしてしまうのが多いです。

動物園での鳥を撮影するのは暑さが抜けてからのが妥当でしょう。
動物、鳥共に、毎回行動や表情が違うので、ますます動物園の魅力にひきこまれるのでは?と思います。

動植物園内だと、どうしてもフェンス越しになっちゃいますね。
鳥撮りさんとしては、やはり自然の中での鳥が撮りたかったことでしょう。
まっ、目の前にいるのだから、自然にシャッターは押してしまいますけどね。
これからは暑すぎる毎日だし、こんな鳥撮りも可、ですかね。

アカショウビンはチョットきかん気の強い子のように見えます (笑)
コマドリは、やはり優しい女の子に見えます。

hirugao 様
子供達が未だ幼い頃に行った記憶があるのでかなり前から存在してものと思います。
大昔のことは知りませんが自分たちは二川の動物園として遊びに行ったものです。

あすか  様
動物園の檻の中なれば外敵の心配もなく安全なことには間違いがないのですが・・・
生き物にとって一番の環境は自然界でしょうね。
羽があっても飛ぶことが出来ない世界。
やっぱり可愛そうです。
応援を何時も有難うございます。


里山コウ 様
オオタカやハヤブサ。
流石に猛禽で、辺りを睥睨するさまは貫禄充分です。
行って良かった動物園でした。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

暑いと鳥さんたちも大変ですね。

みずあびじゃおいつかないだろうし。。

異常な暑さが続きますね。

熱中症にならないよう、きをつけないと。。

ぽち。

tidori 様
鳥達にとって檻の中は窮屈でしょうが、見学する自分達には
間近で見られる鳥はまた新鮮な感じでした。
動物園、人気の猛獣などは広い敷地内で飼育されておりますが
鳥類は未だ認知度が低いのか旧態依然のところが多いようですね。

のりちゃん 様
動物園ブームの先鞭となったのは旭山動物園でしたね。
一般的には白熊を筆頭とする猛獣や可愛いアザラシが人気で鳥類はやはりマイナーかもしれません。
普段あまり縁のなかった動物園、その魅力に魅せられてしまいました。
何といっても近くで動物や鳥が見られるのは魅力です。

korekore  様
鳥が居れば忙しくてとても行くことが出来ない動物園。
鳥枯れのお陰?で続けて動物園に行くことになりました。
道東旅行では豆粒ほどのタンチョウが間近で、今季枝被り以外撮ることが出来なかったあのアカショウビンも・・・
檻の中の鳥たち、ゆっくりと観察できたのは良かったと思います。

あとり 様
山の鳥は暑くなれば深山へ行くことも可能ですが
檻の中の鳥たちは何処へも行くことが出来ません。
自分達も同じ? です。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。
ゲージの中で飼われてるカワセミは初めて見ました。
ちょっとかわいそうな気がしますね。

他の動物たち〈哺乳類など〉は、あまり違和感がないのですが、鳥を飼うなら広いゲージで飼ってもらいたいですね。
我が家の近くの小動物園では、かなり広いゲージで、小鳥類は自由に飛び回って羽の状態もいいですよ。

動物園ってウォーキングイベントでそばを通っても避けてしまいますが
こうして拝見すると、実際の動物たちの生活とはちょっと違っていても
その個性は生かされているのだなあと思いました。
特に旭山動物園の人気以来いろいろな動物園が工夫されていますよね。

鳥撮りさんとしては、やはり鳥に出会えるかのドキドキも
楽しみの1つでしょうか?

豊橋というと学校がこちらだったのでなつかしいいです。

もうかなり前なので町を歩いてもわから無いかもしれません。
暑い日が続いていますね~

ソングバード 様
動物園めぐりが続きました。
久しぶりなのでカワセミのことも分りませんが
飼育されていることは少ないのでしょうか。
浜松動物園の鳥類舎は広くて鳥の居る中へ人間が入っていくタイプでしたが
此処は檻が並んで人は外から観察するスタイルでした、
でも鳥の種類は此方の方が断然多いように思いました。


ジャランこ 様
自分も動物園といえば子供連れが行くところと思っておりました。
入園者は若いカップルが多いのにビックリ。
公園タイプの敷地内が今時の若い方にも受けているようです。
時代と共に動物園も変わっていくのですね。

hirugao 様
「 hirugao」さんの卒業された学校は豊橋でしたね。
豊橋、それ程遠くないのですが自分も殆ど行っておりません。
他県という事もあるのかもしれませんが。。。

こんにちは

動物園のオオタカやハヤブサは気のせいか、目が野生の鳥より穏やかに見えますね。

countyさんが撮影に挑戦されているアカショウビンも目の前にいて、何か複雑ですね(*^-^)
私も上野でアカショウビンやこまどりを見ました。野生では出会うのが困難な鳥も
動物園で実物が見られますね。そういう意味では動物園も必要ですね。

動物園の鳥・・・私も隼の目が心なしか優しく感じます。

自然界の様な、餌をゲットするための切磋琢磨がないからなのでしょうか?
駒鳥やアカショウビンなどまじかで見る機会は少ないでしょうから
この様に観察できる鳥舎も良いです。
公園タイプの動物園は、これから増えていくのでしょうね。

ホロホロ  様
大鷹やハヤブサなどの猛禽類も餌を探す苦労がないので目つきまで穏やかになるのかもしれませんね。
アカショウビン、今夏は随分出かけましたが撮れたのは枝どまりの二度だけ。
それも枝被りで到底UPに耐えられず未だに手元にあります。
最後に撮ったアカショウビンも枝被りが酷くて・・・それでも嘴の黒い今年生まれの幼鳥でした。

セロリさん 様
続けて訪れた動物園。
鳥舎も良かったですが久々に見る動物たちも新鮮な感じでした。
今の動物園、広い公園の中に動物が居る・・・そんな感じになっていますね。
浜松の動物園は70歳以上は入場無料、これからも時々訪れて見たいと思いました。

こんにちは。

連日の猛暑にへばっています^^;。

立秋を過ぎて、ちょっと暑さもましになってほしいですね。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/66761462

この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋動植物公園:

« 浜松フラワーパーク・動物園(2) | トップページ | 鳥枯れの季節 »