2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 中野町花火 | トップページ | 美しいアオバト »

2016年8月23日 (火)

田んぼの鳥たち(2)

少し前のレポートです、自宅周辺の田んぼや池を巡ってみた前回の後編になります。
池の岸にはキアシシギが。同種が4羽確認できましたが全て離れたところに居り、揃ったところは撮ることが出来ませんでした。

119a8888

キアシシギの隣はクサシギ?

119a9029_2
これは多分タカブシギ?

119a8982_2

119a8983
一番多かったのはケリです。田んぼのハトと言われるぐらい多く居ます。羽を広げたところはなかなかキレイな鳥なのですが、この鳥にレンズを向けるカメラマン氏は少ない。

119a8939

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -977-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 中野町花火 | トップページ | 美しいアオバト »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ケリが羽を広げた姿は、鶴の羽を連想する位キレイですね。
沢山いるということは希少価値がないからか、人気がないのが不思議な位ですね。
シギ3種、くちばしと足の長さはほぼ同じ。羽の模様で見分けているのでしょうか。
2枚目の写真は左右で別種に見えるし(雄雌?)、
2枚目の右側のシギは3・4枚目と同じに見えるし・・・
間違いを探せ(違いを探せ)的に楽しんで拝見しています。

嘴の長い鳥はシギ 鳩のような鳥はケリ
聞きなれない名前でもcountryさんホロホロさんのブログで覚えました。(笑)
それにしてもケリが羽を広げたスタイルはまるで鶴を思わせます。
応援ポチリ!

walkerZ 様
ケリ、当地の田んぼには沢山居り、レンズを向けるカメラマン氏は殆ど居ません。
やはり希少価値の問題でしょうね。
シギ類は似たものが多く自分の最も苦手とする種類の鳥です。
大きさの違いも多少ありますがやっぱり羽の模様や嘴・脚の色や長さがポイントになります。
2枚目は別の種類でオスメスの違いではありません。
シギ類は幼鳥と成鳥の違いや季節による羽の色の違いはありますがオスメスの違いがはっきりしたものは少ないようです。
何れにしても似ているものが多く私には難敵です(笑)


あすか 様
?マークが付いた頼りない説明文で申し訳ありません。
シギ類は似たものが多くて鳥名では何時も悩みます。
ケリの飛んでいるところはなかなかキレイな鳥なのですがハト並みに居るので希少価値が無いのです。
応援を何時も有難うございます。

素敵ですよ~

ケリの羽を広げた姿は。
まだ水のある頃の田んぼなんですね。

以外に身の回りに鳥がいるものなのですね。

おはようございます。

シギの仲間キアシシギ、クサシギ、タカブシギ達、
同じように見えて区別が難しい仲間なんですね。
良く見ると、くちばしの長さや太さが違うとかある
ようですが。
ケリの羽を広げた姿がとっても綺麗です。

こんにちは、
田んぼにも、色々な鳥がいるのですね。
特に、ケリ、多分目にしたこともあるのでしょうが、羽根を広げるとこんなに綺麗なのですね。
今度、田んぼの近くに行ったら、探してみます。

こんにちは。

ケリ、私は好きです。

凛々しい目元が特に♪。

ぽち。

hirugao 様
以前といっても一週間ぐらい前の写真です。
水が有るのは休耕田なので。
応援を何時も有難うございます。


里山コウ 様
似ているようでも微妙に違うシギたち。
自分が名前で最も苦労する種類の鳥たちなのです。
応援を何時も有難うございます。

Khaaw  様
田んぼには実に様々な鳥達が居るものです。
ただ、普通に見ていてはなかなか見つけ難いのも事実です。
その点、休耕田はイネも無く、比較的鳥が見易いかもしれませんね。
ケリ、当地方ではハトに匹敵するぐらい多く居ますよ。

あとり 様
「あとり」さんはケリがお好き。
羽を広げたところはキレイですよね~
応援を何時も有難うございます。

クサシギとタカブシギ、ホントに似ていますね。
こんなに似ていたら、困ってしまいます。
ハト並みにケリが存在するとは ・ ・ ・ \(◎o◎)/!
こちらでは、ケリ狙いで田んぼまわりを探す人もいるくらいですよ。
探鳥先で、情報交換する人もいるほど。。。
青空に数羽が並んで飛翔する姿など、三色の羽を持つケリはとてもきれいです。
こちらのオナガやガビチョウ並みのようですね。

こんばんは。

我が家近くには田んぼがないので、ケリはまだ出会ったことがありません。

西日本の方が固体数は多いのでしょうか・・・?

シギは本当に見分け方が難しいですね。
キアシは良く見るのでわかりますが、タカブシギとクサシギの見分けは
難しくてわかりませんでした(シギ・チドリ類ハンドブックを見たのですが)

今朝はこれから出かけますので応援のみで
失礼します。

おはようございます。
こちら、久しぶりの関東直撃台風、雨風がすごかったです。
この台風でシギチが迷い込んでくれるといいのですが…・

こうして、並んで写真を比較すると、分かり易いのですが、相変わらず、名前を特定するのは難しいですね。
ケリ、ちょっとかわいそう!!

korekore  様
ところ変われば・・・ですね。
ケリは田んぼに行けば「うじゃうじゃ」居ます(笑)
ヒナを連れて居る頃はともかく、それ以外の季節でケリにレンズを向ける人はまあ居ないでしょう。
オナガやガビチョウは未だ見たことすらないのです。
此方の公園に1羽でも迷ってくれば大フィーバー間違い無しです。
私も勿論出かけますよ(笑)

ホロホロ 様
関東にケリは少ないと以前聞いたことがあります。
此方では田んぼのハトです。
タカブシギとクサシギどちらも似ており単独で見たたときには??になりますよ。
二羽揃えばその違いも何となく分るのですが。。。
自分は目の周囲の白くなった部部の違いで判断しますが個体差もあり本当に難しいですね。


hirugao 様
お忙しい時のコメントは無用です。
「置手紙」をクリックして下さればそれで充分ですよ。
お互い様です。
応援を何時も有難うございます。

ソングバード 様
台風、伊豆半島から関東地方は凄かったようですね。
被害が無ければ良いのですが。。
台風一過の迷鳥、期待して自分も一応海岸へ出かけてみます。
かつてのヘラシギやカササギのことを思い出して。
ケリ、周囲の田んぼにはハトやカラス並みに居るので・・・

こんにちは。

今日も猛暑日の大阪でした^^;。

連続猛暑日新記録だそうです。

そろそろ。。涼しくなってほしいものですね。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/67027997

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼの鳥たち(2):

« 中野町花火 | トップページ | 美しいアオバト »