2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

季節の花 ハス

鳥枯れの季節、鳥は暫くお休みにして此処のところ近場の花めぐりです。
前回はお寺に咲くスイレンでしたが、今回はスイレンに似た季節の花、ハス。
ハスは自宅近くにレンコン田が数ヶ所有り、直ぐ近くということもあって今年もまた行ってみた、ハスの地下茎(根)があのレンコンなのです。
この日は夏らしく若干ハイキー気味に明るく撮ってみました。

119a6924
119a6927白の一輪だけでも充分美しいのですが、ツボミを脇役に。

119a6959これはツボミをメインに。119a6932
一輪だけでもやっぱりキレイですね。119a6931
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -965-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月28日 (木)

季節の花 スイレン

この日は袋井市の松秀寺に咲くスイレンです。
このお寺には遠州三十三観音めぐり、遠江四十九薬師めぐりで其々2度ずつ、遠江七福神めぐりで1度と其々数回、覚束ないながらも般若心経を唱えながら独り歩いて巡った縁の深いお寺のひとつでもあります。

脚力の衰えた今回は歩いて訪れるのは到底無理、マイカーを使用しての参拝です。

119a6651
119a6652
119a6655
持参したレンズは一般的なズームレンズですが、反射を抑えるPLフィルターを忘れてしまいました。加齢と共に物忘れすることが最近めっきり増えて困っています。

119a6665
119a6669
僅かな水面の隙間に映り込みを期待したのですが。。。

119a6663
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -964-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月26日 (火)

今年も咲きました サギソウ

白く可憐なサギソウ(鷺草)。今月12日に最初の一輪が開花、その後も少しずつ開花していますが何故か今年は数も少なく、しかも花が小さい感じです。
119a7383119a7041
119a7385春先には順調に生育しているものと思っておりましたが、花の数も例年の半分以下と寂しい限りです。残る蕾も少なくなりました、今年のサギソウは不作です。

119a7387
陽射しを遮るグリーンカーテンに・・・
アサガオと一緒に植えたフウセンカズラの実、早いものは既に茶色くなっている「もの」もありますが、薄緑のキレイな実をパチリと。

119a7063
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -963-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月24日 (日)

サンコウチョウ

この日の主役はサンコウチョウ(三光鳥)のサンちゃんです。

119a6470暗いところが大好きなサンちゃん。その上、動きが早いのでなかなかピントが合いません、しかも枝被りです。
119a6564長い尾羽をヒラヒラさせながら今度は水浴びです、これもピントの甘い写真ですが。

119a6435サンちゃんのメス。

119a6865
オオルリの幼鳥でしょうか? 元気に飛び回っていました。

119a6729

フィールドへ向かう途中に見つけた気色の悪いヤツ。小鳥用の巣箱からにゅっと・・・でもこの巣箱は現在は使用されていないので小鳥の被害は無かった様です。野鳥の卵や孵化したヒナ鳥を襲う最も可愛くないやつです。

119a6444
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -962-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月22日 (金)

夏の花 ヒマワリとコスモス

掛川市のヒマワリとコスモスのコラボが美しいとの記事を見て出かけてきましたがヒマワリはほぼ終了、きれいに咲いているものを見つけるだけで精一杯です。

119a6681119a6692
花の終わったヒマワリの周囲に咲くコスモスをパチパチと。

119a6694
119a6686
119a6693
119a6695咲いている花の持ち帰りは全てOKとの人気もあり、この日も平日ながら結構な賑わいでした。
密かに期待をしていたヒマワリと小鳥のショット、人気の無い早朝でなければ無理との事です。
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -961-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月20日 (水)

カエルやトンボ

何時もの森へと行って見たがお目当ての鳥はまったく現れず、出てきたのは直ぐ近くの木の枝から音を立てて落ちてきた大きなカエル。
大きさは成人男子の拳よりやや大きめと、かなり大きい。近くに居た人の話しではモリアオガエルのメスではないかとの事です。

小さなアオガエルならば可愛いものですがこれだけ大きいと不気味です。

119a62701
目前を流れる沢には変わった色をした川トンボ。図鑑を見てニホンカワトンボかな?とも思いましたがアサヒナカワトンボと呼ばれる似たものがあり詳しいことは分りません。

119a6291
遥か彼方の上空を悠々と飛翔するのはクマタカでしょうか。小さい画像をかなりトリミングしたのでハッキリしませんが、クマタカは久々なこと、そして撮れた鳥が少ないのでUPです。

119a6407

遠くの枝に留まったのはエナガ。

119a6613この日も現れたのは僅かな鳥だけ・・・鳥枯れの季節なので仕方ありませんが絶不調の今日この頃です。

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -960-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月18日 (月)

地元の打ち上げ花火

7月10日(日)、住んでいる隣地区の祇園祭の花火大会が開催されました。自宅からも至近距離の近さもあって毎年見に行っております。

花火の鑑賞場所は周囲には人ひとり居ない真っ暗な田んぼ道です。此処に三脚をセットし、カエルの大合唱を聞きながらのんびりと夏の夜の風物詩を楽しむことが出来ました。

Img_0159_1_3Img_0160


この花火大会、地区の夏祭りに合わせて開催されるものですが、この地区の自治会が単独で花火を打ち上げるものです。

Img_0161Img_0193


次から次へと連続で・・・とはなかなか行かないものの今年初、夏の夜空を彩る美しい花火を楽しんできました。

Img_0169
Img_0200

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -959-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

2016年7月16日 (土)

サワガニの居る森

何時も出かける森で鳥を待つ間、直ぐ足元を流れる沢に現れたのはサワガニ。この蟹が好物と言われるのがアカショウビンなのですが。。

119a6093

先ず現れたのはキビタキのメス?

119a6111
続いてクロツグミのメスも。

119a6222

少し離れた合歓木に留まったエナガとメジロ、遠いのでハッキリしません。鳥の居るのが分るでしょうか?

119a6152

119a6161

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -958-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村



2016年7月14日 (木)

アサガオ

今年も暑さ対策のひとつとしてプランターにアサガオとフウセンカズラのタネを蒔きましたが、最近では毎朝キレイな花を咲かせてくれます。
未だ蔓が充分に延びておらず、グリーンカーテンの役目は果たしてはくれませんが毎朝雨戸を開けるときの楽しみが「今朝は幾つ咲いたかな?・・・」

119a5937
119a5940
119a5943
119a5945
フウセンカズラの白い花は、直径が5mmぐらいのごく小さな花です。

1345
楽しみにしているもうひとつの花、あのサギソウも10日に初の一輪が開花、これからも随時、あの美しい花を見せてくれるものと期待しているところです。

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -957-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月12日 (火)

野ウサギ・ホトトギス

先日、日本カモシカが現れた同じ森の中で野鳥を待っている時、現れたのは野兎。
警戒心が薄いのか、かなり近くまで2度、3度と現れた。ウサギのことは全く分りませんが未だ子供なのかも?

119a60011
119a6010
119a6035
漸く現れた野鳥はホトトギスの赤色型? 杜鵑類でもカッコウとツツドリ、ホトトギスは姿形が似ており鳴き声を聞かなければその判別は難しい。
当初、ツツドリではないかとの声もありましたが、自分より接写して鮮明に撮ったカメラマン氏の写真から虹彩の色、この時期に里山に居るのはホトトギスであろうとのベテラン氏の言葉です。

同じポーズばかりなのでUPはこの1枚だけ。暗いのでシャッタースピードが上がらずハッキリしないショットです、飛び出しの瞬間はブレブレで全てボツに。

119a59
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -956-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月10日 (日)

北海道・道東方面を訪ねて ④

道東方面の旅もこの日が最終の4日目。この日のコースは釧路湿原散策とノロッコ列車の乗車です。

日本最大の湿原と言われる釧路湿原では現地ネイチャーガイドさんが付いての散策です、面積は18,290haとの事。

Img_0013広大な湿原であり、この日歩いたのはほんの一部に過ぎないとの事です。
Img_0030今回の旅行中、彼方此方で度々見かけたエゾシカ。こちらでも増えすぎて困っているとか。キタキツネもチラリと見えたので急いで写すも後ろ向きの写真だけ。。。

Img_0020
湿原を散策後は釧路湿原に沿って走る釧路ノロッコ号に乗車。ノロッコと言えば道内の富良野や京都嵯峨野などの観光用トロッコ列車を想像していましたが案外速度が速いので驚きました。

Img_0041
Img_0061広大な湿原と、沿線を蛇行して流れる釧路川を眺めながらのノロッコ列車。車窓から風に吹かれての風景は格別です。
Img_0102
4日間の道東の旅観光スケジュールはノロッコ号の乗車と共に全て終了。
帰りの飛行機に搭乗するため釧路空港へ。釧路空港の利用は今回が初めて、釧路空港のシンボルのタンチョウをパチリ。

Img_0126過去数回訪れた北海道ですが知床方面は初めての我が夫婦。今回もスケジュール満載の行程でしたが、好奇心旺盛な自分達には4日間好天に恵まれたこともあって大満足の旅となりました。

歩いたところも多く、持参した万歩計は初日を除き全て1.2万歩以上と随分歩いた旅でもありました。鳥好きの自分ですが野生のタンチョウやオジロワシ、ギンザンマシコ、夏羽のオオジュリン?・・・その他が見られたことも大収穫。
持参したレンズが短かったことは残念ですが重いレンズを持ち運ぶことは自分の齢では到底無理で致し方のないことです。

大自然に触れた4日間の旅が無事出来たこと、今では旅をプレゼントしてくれた子供達に感謝・感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に素晴しかったです!道東の旅。

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -955-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月 8日 (金)

北海道・道東方面を訪ねて ③

道東を訪ねる旅も3日目。この日は早朝に見られる津別峠へ雲海の観光です。6時にホテルを出発し、標高947mの津別峠展望デッキから眺める雲海は思わず息を呑むほどの絶景でした。

Img_9848
上写真の屈斜路湖方面は見事な雲海ですが展望台の同じ場所から180度振り返ってみれば・・・

これが全く同じ場所からの撮影かと思えるほどの青空が広がる美しい風景です(下写真)

Img_9844
首を元に戻せば雲海です、同じところからの風景とは思えませんね。この朝のキャッチフレーズは「夜明けのコーヒー付き、絶景美の観賞」です。

コーヒーを戴きながら聞く、展望望台ガイドさんの軽快な説明によれば、地形から来る気象条件によりこの様な現象になるとの事。宿泊した屈斜路のホテルはこの雲海の下になります。

Img_9855
霧に包まれたホテルに戻り朝食の後、根室海峡の半島のひとつ野付半島尾岱沼港から観光船に乗船し、トドワラの観光に。

Img_9864
Img_9877
トドワラとは海水に浸食され立ち枯れたトドマツのことです。Img_9883
遊歩道脇に咲くハマナスやセンダイハギ、エゾカンゾウ(ニッコウキスゲ)を眺めながら歩いている時、大砲を構えたカメラマンご夫妻に出逢った。驚いたことに自分と同市内にお住まいのカメラマンさんです。

このご夫婦、遥々北海道まで遠征されてきたのですね。広いようで狭い世間に驚くばかりです。

小鳥が比較的近くに居たのでパチリ、視力の弱い自分は当初「何だホオジロか・・・」
便利ズームなので写りは今ひとつですがよく見れば夏羽のオオジュリン? 地元で見られるオオジュリンはは冬羽だけなので間違っているかもしれませんが。

Img_9913
納沙布岬へ向かう途中、風連湖の道の駅でトイレ休憩。散策道から彼方に目をやればタンチョウらしき大きな鳥を発見。

焦点距離の短い便利ズームレンズですが固体が大きいので何とかそれらしく写っていました。野生のタンチョウを見たのは今回が初めてです。そして遥か彼方左手にも更に2羽の成鳥+1羽の幼鳥が確認できました。

旅行なので一眼レフ1台だけで来ましたが、重い交換望遠レンズは無理でも、カメラ用防湿庫に眠っている高倍率のコンデジも持参するべきでした。

Img_9939
この日の最終観光地、日本最東端納沙布岬付近は霧に包まれて北方領土である歯舞諸島方面は全く見ることが出来ず残念。領土の返還を願う署名簿に記帳してバスに戻った。

Img_9961
3日目の宿は釧路のホテル。窓から眺めた風景は夜霧が周囲を覆い幻想的な雰囲気です、ガイドさんに勧められたホテルから少し離れた幣舞橋付近を散歩。
夜霧に包まれた街を歩くなんて全く初めて。。。後で聞いた話ですが釧路は霧が有名とか。 ♪♪・・・夜霧よ今夜もありがとう・・・気分だけは石原裕次郎です。

Img_0002Img_9990

Dc070201

この日もトドワラの観光や夜の散策など彼方此方と散策した。万歩計は12.768歩でした。

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -954-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月 6日 (水)

北海道・道東方面を訪ねて ②

2日目は今回旅行の楽しみのひとつ、3時間45分かけて知床岬まで行くクルージングです。
秘境と言われる知床半島、先端の知床岬へは道路も無く、一般観光客は船による観光のみが唯一の手段とのこと。何より心配していた天候も上々で快適な船旅が期待出来そうです。

観光船乗船前に知床峠を訪れました。峠の駐車場からは残雪の見える雄大な羅臼岳。
Img_9638

駐車場周辺には大砲を構えた鳥屋さんたち、、、中には大阪ナンバーの車まで居ます。
話を聞けばギンザンマシコがいるとのこと。大砲レンズの先に目をやれば約3~40m先に居ました、初見のオスとメスのギンザンマシコが。

思わず「やったー」と叫びたいところですが、持参したのは旅行に便利なAPSカメラと18~250mmの便利ズームだけ。それでも何とか証拠写真程度のものだけは撮ることが出来ましたがUPにはあまりにも貧弱すぎて・・・断念。

そして知床半島を海から眺める為にウトロ港から乗船です。オホーツク海に面した知床の山々や海の色は本当に素晴しく期待を裏切らない景観に皆さん異口同音に「うわぁ~!」

Img_9684当県の西伊豆方面のクルージングを思い出しました、西伊豆の景観も素晴しかったがこちらはまた違う晴しさです。
Img_9683
船内の案内放送により遊泳する2頭のイルカを急いでパチリ。勿論バッチリではありませんが。Img_97011
そして漸く知床岬に到着。青い空に蒼いオホーツクの海、そして美しい半島の姿に満員の観光客も暫しうっとりです。

Img_9710
Img_9741
3時間45分の船旅は素晴しかった。

この後、知床自然センターから全員に貸与された双眼鏡を持ってネィチャーガイド付きのフレベの滝方面への散策、一昨日にはヒグマも出たと言う散策路をウォーキングです。エゾシカは見ることが出来ましたが幸いにもヒグマに遭遇することはありませんでした。

滝付近では初見のオジロワシも撮影出来ましたが何せ焦点距離が短すぎて証拠写真以前のショットです。

Img_9757散策の後は知床五湖のひとつ「一湖」へ。
午前中に此処を歩いた名古屋の男性によればヒグマに出合う事が出来た上、撮影も出来たとのこと。見せていただいたカメラのモニター画面にはヒグマがクッキリ。
この高架木道には電気柵が設置され絶対安全なのでヒグマを見たいと期待をするも、見ることが出来たのは至近距離に居たエゾシカだけ。

Img_9799
Img_9802
Dc070202

初日はそれ程でもなかったが、フレペの滝散策や知床五湖観光でこの日の万歩計の歩数は12.066歩と結構歩いた第二日目でした。

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -953-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月 4日 (月)

北海道・道東方面を訪ねて ①

6月27日から3泊4日の日程で知床方面を中心にした道東ツアー旅行に夫婦で参加してきました。

自分は今度で4回目、家内は7度目の北海道訪問ですが知床方面はふたりとも初めて。今回は自分達夫婦の金婚式の祝いにと嬉しいことに子供達からのプレゼント旅行です。

九州や北海道には近くて駐車料が無料の地元静岡空港の利用が便利なのですが今回は新幹線を利用して羽田からの出発。

ツアーを企画した旅行会社から新幹線の指定席乗車券や航空機の搭乗券が送付されてきたものの集合は北海道女満別空港なので少しばかり心細い感じも否めませんでしたが、乗車した新幹線駅からご一緒したご夫妻と同行することが出来、先ずは一安心です。

Img_9601
女満別空港到着、此処からは迎えに来てくれた添乗員さんやツアー参加者の皆様方と同行することになります。
バスに乗り込み最初の訪問地「神の子池」へ。
案内板によればこの池は摩周湖の伏流水から出来ているとの事です。

Img_9613
透明度も高く、コバルトブルーの輝きを放つこの池は名のとおり神秘的な感じが漂います。Img_9620
池の底から湧き出す水は1日12.000t、清水に棲むオショロコマの泳ぐ姿もハッキリと見えた。

Img_9611
この後、裏摩周に立ち寄りましたが展望台前の樹木が成長し過ぎて眺望はいまひとつ。国立公園であり樹木の伐採には国の許可が必要な為、簡単には伐採・剪定が出来ないとの話しでした。

Img_9634
Img_9625
やや期待はずれの感もあった摩周湖、第1日目の観光は此処までで、宿のウトロ温泉へと向かった。2日目は次回ブログにてUP致します。

「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -952-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2016年7月 2日 (土)

今年のヒナは1羽だけ コチドリ

昨年も出かけたコチドリの営巣地、今年はどうかな?・・・と出かけてみました。昨年はサツマイモ畑の中だったが今年は違った作物が植えられていた。

親鳥は直ぐに見つかったがヒナ達の姿はなかなか見つからない。

119a5251
畑の隅の一角にある空き地へ車を置き、静かに車内から観察していると、居ました居ましたヒナが。。。しかし、随分探しましたが1羽だけです。

下の写真はトリミングしてありますが離れたところからでは周囲に同化してなかなか雛の姿は見つけ難くいものです。
未だ飛ぶことの出来ないヒナ鳥は危険を感じるとうずくまって全く動かなくなり、周囲に同化してしまいます。こうすることにより天敵から身を守っているのでしょう。

119a5586
119a5580
暫く観察していると畑の耕作者の男性が現れ、「先日まではヒナは2羽居たのだが、カラスにやられてしまったのかな、かわいそうに・・・」と、しんみり。
この男性、昨年も2~3回訪れた私を覚えていてくれ、自宅から持参した冷たいスイカをご馳走になった。自分にとってスイカは今季初物です。

近くの葦原では相変わらずオオヨシキリが賑やかです。

119a5224
119a5230
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -951-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »