2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 季節の花(2) | トップページ | 北海道・道東方面を訪ねて ① »

2016年7月 2日 (土)

今年のヒナは1羽だけ コチドリ

昨年も出かけたコチドリの営巣地、今年はどうかな?・・・と出かけてみました。昨年はサツマイモ畑の中だったが今年は違った作物が植えられていた。

親鳥は直ぐに見つかったがヒナ達の姿はなかなか見つからない。

119a5251
畑の隅の一角にある空き地へ車を置き、静かに車内から観察していると、居ました居ましたヒナが。。。しかし、随分探しましたが1羽だけです。

下の写真はトリミングしてありますが離れたところからでは周囲に同化してなかなか雛の姿は見つけ難くいものです。
未だ飛ぶことの出来ないヒナ鳥は危険を感じるとうずくまって全く動かなくなり、周囲に同化してしまいます。こうすることにより天敵から身を守っているのでしょう。

119a5586
119a5580
暫く観察していると畑の耕作者の男性が現れ、「先日まではヒナは2羽居たのだが、カラスにやられてしまったのかな、かわいそうに・・・」と、しんみり。
この男性、昨年も2~3回訪れた私を覚えていてくれ、自宅から持参した冷たいスイカをご馳走になった。自分にとってスイカは今季初物です。

近くの葦原では相変わらずオオヨシキリが賑やかです。

119a5224
119a5230
「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -951-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 季節の花(2) | トップページ | 北海道・道東方面を訪ねて ① »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コチドリの雛は、個体が小さい上に、模様が背景と同化して
見つけにくいですね。遠くから良く見つけたな、と感心します。
耕作者とのスイカのエピソード、なんだかほのぼのとするエピソードですね。
スイカ、そういえばまだ食べていません(笑)。
オオヨシキリは、上を向いて鳴くのですね。
声を張り上げて鳴いているようで、相当大きな鳴き声なんでしょうね。

walkerZ 様
親鳥は直ぐに見つかりましたが、ヒナ鳥がなかなか見つからず車内から静かに観察したところ親鳥の直ぐ近くに居ました。
地表にうずくまって動かずに居れば見つけるのは困難ですが、危険を感じないとなれば動き回るので見つけることができました。
話好きな耕作者の男性は自分を覚えてくれていましたよ、屋外で戴くスイカはとても美味しかったです。
オオヨシキリ、図鑑によれば鳴き声から「行行子」とも呼ばれ、夏の季語とされる。
とにかく賑やかな鳥で鳴く時には上を向いて鳴くことが多いです。

ホロホロさん(くーちゃん)のブログでもツミの雛鳥が成長し巣立っていったとのご報告がありましたがこれからの猛暑にはこの雛たちはどんな生活が待っているのでしょうか。
オオヨシキリのおしゃべりそうなくちばしが何とも愛くるしいですね。(笑)
応援ポチリ!

おはようございます。

コチドリの雛さん、本当に周りの風景に
同化してしまって見つけくそうです。
この土地の耕作者のかたも、このコチドリさんを
見守っていたのですね。
周りの風景を見ながら、今季初めての冷たいスイカ、
美味しかったでしょう。

大きく口を開けてさえずるオオヨシキリさんの
姿が可愛いです。

周囲に同化して見つけられないようにしてるのですね~
でも1羽はカラスにやられたのかもしれませんね。

オオヨシキリガちゃんと大きな木千葉市を開けて鳴いていますね。
まだまだいい季節なんですね。

あすか 様
自分も今、「ホロホロ」さんのブログを拝見してきました。
鳥達も巣立ちの頃となったようですね。
ツミがあんなに近くで見られるとは・・・大都会で生き抜く野鳥たちの逞しさには驚くばかりですね。
応援をいつも有難うございます。

里山コウ 様
おはようございます。
コチドリのヒナ、動かなければ見つけることはほぼ困難ではないかと思いました。
車の中で静かに待っていたので見つけることが出来た次第です。
今季初モノの冷えたスイカ、実に美味しかったです。
応援をいつも有難うございます。


hirugao 様
2羽居たはずの幼鳥、
1羽のみと言う事はカラスや猛禽に襲われたのかもしれません。
オオヨシキリは未だ暫くの間、鳴き続けるのではないかと思います。
応援をいつも有難うございます。

コチドリのひな1羽になってしまったのですか、かわいそうに・・・。
無事育ってほしいですね。暑さと天敵からひなを守る親も大変ですね。
がんばれ!!!

こちらも暑さ最高です。昨日は33.4度、今日はもっと上がっているでしょう。
我が身を守るのも大変です。(笑)

コチドリのヒナ、よく見つけられましたね。
私も会いたい気持ちは山々ですが、なかなか難しいです。
先日親だけは見ることはできたのですが・・・
鳥たちはちゃんと自分の身を守るすべを心得ているようですね。
小さな鳥は、動きが早いし、写真に撮るだけでも難しいです。

tidori 様
昨年も同じところで営巣、子育てを行っていたので今年も出かけてみました。
この日は、コチドリとコジュケイを狙って行ったのですがコジュケイは現れず、
コチドリのヒナも1羽だけと寂しい結果となってしまいました。
一昨日、北海道から帰宅。その暑さと湿度の違いにぐったりです(笑)

korekore  様
親鳥は直ぐ見つかりましたがヒナがなかなか見つけられず焦ってしまいましたが親鳥の直ぐ近くに居ました。
動かないと全く分りませんね~
仏法僧やヤマセミの遠征にも行きたいのですがこの暑さを思えば躊躇してしまいます。

こんにちは。

おめめ大きいですね。

流石。。保護色。。見つけるの難しいのですね^^。

ぽち。

こんばんは。。
コチドリの赤ちゃん、このような小石があるような道端では、保護色が役立ってるようですね。
これから、暑くなると、鳥撮りも大変ですね。
毎年、夏枯れの間は、何をしようか悩みます。

↓の季節の花も綺麗ですね。
こちらでは、やっと古代ハスが咲き始めたようで、近いうちに撮りに行ってきます。

こんばんは。

コチドリの雛は周囲に溶け込んでいますね。頭や体の白い点々が石で茶色が土ですね。
生き抜く為に本当に良くできていますね。それでも全部は生き残れないのですから、
厳しいですね。
車は野鳥観察では有効手段なのですね。ブラインドの役目かな。

あとり 様
子供はどんな生き物でも可愛いものです。
このコチドリのヒナ鳥も動作が実に可愛かったですよ。
応援をいつも有難うございます。

ソングバード 様
仰るとおりこれからの時期は悩みますよね。
涼しい森の中には鳥が少ないし、水辺や野原ではこちらがダウンしてしまいますし(笑)
出撃回数も減ってくるのでブログネタに困りそうです。
その点、花がいいですよね~
でも夏は花も少ないし・・・

ホロホロ 様
昨年はヒナガ3羽ぐらい居たと記憶しているのですが(定かではありません)
今年は1羽だけ。
自然界で生きていくにはなかなか大変なようですね。
たった1羽の此の幼鳥、無事に成長してくれたら良いのですが。
車の中は鳥の警戒心も薄れるのかかなり近くで撮ることができます。
この時は15~6mぐらいでした。
窓ガラスを全開にし、顔やレンズが見えてもかなり大丈夫みたいです。

かなり曇った日曜になりました。
少しはゆっくりされているのかと思います。

私は有馬まで行って来ます~

こんにちは。

今日も暑いですね。

梅雨明け前だというのに。。困りますね。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/66202813

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のヒナは1羽だけ コチドリ:

« 季節の花(2) | トップページ | 北海道・道東方面を訪ねて ① »