2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 季節の花 花菖蒲 | トップページ | JRさわやかウォーキング 天竜川駅 »

2016年6月13日 (月)

サンコウチョウの水浴び

約10日ほど前の賞味期限切れに近いレポートですが、今回もサンコウチョウの「サンちゃん」です。今回の主役はこのフィールドに3年続けて飛来している通称「お父さん」。

右側の肩羽付近に傷?らしきハッキリと分る特徴があり、ベテラン氏にこの固体を見ていただいたところ毎年来ている来ている個体に間違いないとの事です。
3年間遥々遠い海を越え、毎年再びこの地に飛来してくるこの「お父さん」、凄いを超えた畏敬の念さえ感じます。そして、「お父さん」の好きなこの環境をこれからも大切に守っていかなければと痛感。

119a2826
119a2717_2
「お父さん」の大好きな水浴び。今までにも何度かその瞬間を・・・と挑戦しておりますがなかなか撮ることが出来ません。
上級者から見れば噴飯物のショットですが。。。

119a2449
119a2458
次の日、再度挑戦しましたが。

119a2748
119a2749
何度挑戦してもジャスピンには程遠く「難しい」の一言でした。
「止まっているサンちゃんですらハッキリ撮れないお前に撮れる訳がない・・・」何処かでそんな声が聞こえるようですが、ご尤もです。
やっぱり無理かもしれませんね。

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -941-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 季節の花 花菖蒲 | トップページ | JRさわやかウォーキング 天竜川駅 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

鳥撮影する方は、鳥の個体も見分けられるんですね~。
鳥への愛情を感じます。
「お父さん」に毎年会えるとなると、嬉しさもひとしおですね。
私まで愛着が湧いてしまいます(笑)。
サンコチョウ、撮影するだけですごいな、と思っていたのに、
水浴びの姿まで撮影されたなんて・・。
動いている姿はかわいさ倍増です。

いやー素晴らしい光景のワンショットですよ!

見た瞬間水泳の「バタフライ」競技の選手を思い出しました。
珍しい瞬間の写真 有難うございます。
応援ポチリ!

walkerZ 様
この個体には肩羽部分にはっきりとした傷跡?らしき特徴があり、皆で話していたところです。
そして超ベテラン氏に尋ねてみたところ「毎年来ている鳥に間違いない」。
南の国から渡ってくると言われるサンコウチョウ、毎年この地点をテリトリーとしていますが、よくぞ間違えることなくこの谷間に・・・と驚くばかりです。
野鳥の神秘的性と魅力がまたひとつ増えました。


あすか 様
有難うございます。
上級者から見れば未だ未だ稚拙なショットですが、自分のウデではこの辺りで精一杯(笑)
とにかく動きが早いのでフレームに入れるだけでもなかなか大変です。その辺りがまた面白いところなのかもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。


まあ、ブルーのアイシャドウが素敵です。
そしてサんちゃんのお父さんは毎年着ているのですね!

嬉しいことですね~
こうして水浴びするのを見るだけでも素敵なのに
写真も撮れてよかったですね。

おはようございます。

サンコウチョウさんいつも目の周りの濃いアイシャドウと
長い尾を揺らしている姿、とてもかわいい鳥さんです。
水中に潜って、尾だけ出ている写真素晴らしい瞬間だと
思います。
海を越えてやってくるサンコウチョウさんが気持ち良く
来てもらえる環境、大事にしたいです。

私にはどのショットも素晴らしい画に思えます。
これからも更なる高みを目指して頑張って下さい。
私の未熟な技術では野鳥を撮ることはできませんので、country walkerさんの写真で楽しませて貰っています。

hirugao 様
そうなんです。
この通称?「おとうさん」と呼ばれるサンちゃんは律儀な性格で毎年此処へやって来て近くで繁殖し、子育て終了後また秋には南の国へと去って行きます。
ツバメも昨年と同じ場所に帰ってくると言われておりますが、野鳥の神秘性にはただ驚くばかりです。
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
小鳥は皆可愛いものですが中でもこのサンちゃんは格別です。
サンコウチョウが毎年来てくれるように願わずにはいられません。
それには現在の環境を守ること、それだけですね。
応援を何時も有難うございます。

オジンガーZeit  様
コメントを有難うございます。
鳥撮影、枝に留まっている時間が比較的長く撮り易い鳥、
このサンコウチョウの如く、留まっても瞬間に動いてしまう鳥、様々です。
加齢による反応の鈍さや視力の問題もあり上級者の様にはなかなかいきません。
このショットもA4やA3に拡大してみればピントの甘さが一目瞭然だと思います。
それだけに「今度こそは・・・」とまた出かけてしまうのです(笑)

サンコウチョウの水浴びシーン お見事じゃないですか!
いや~ こんな写真撮りたいものです!
こちらでは昨年見れた場所に何度も通ってるんですが
声だけかすかに聞こえる程度で 未だ撮れていません。
今年は無理かなぁ(>_<)

3年連続で来てくれてるなんて嬉しいですね!
カメラマンも遠くから見守ってあげたいですね^^
P☆

水浴びショット、すごいですね。
私もある場所で半日待ちましたが、一度も飛来してくれませんでした。
朝の9時半頃に来たあと、みんなでおしゃべりしながら待つしかなかったのです。
しかも、水浴びは一瞬、ということ。
途中からは気が抜けてダレて来ました。。。
ヒナが巣立ちするのを待つしかないかなぁ~と諦めて、撤収となった次第です。
でも、もう一度くらいチャレンジしてみようかなと、という気になりました。

はぴ 様
はい、このお父さんは3年連続です。
昨年も驚いたものですが流石に3年目となれば驚きを超えて唸ってしまいました。
ブログ写真なのであまり目立たないかもしれませんが
拡大すればビミョウにピントは甘いと思いますよ。
奥が深いですね野鳥撮影・・・
応援を有難うございました。


korekore  様
今まで何度挑戦してもなかなか撮れなかったサンちゃんの水浴びシーン。
今までは同一フレーム内にすら入らなかったのですが、
今回は2回とも何とかフレーム内に入っただけでも大収穫です。
でもピントは甘くジャスピンではありませんよ。
水浴びは1回のみの場合もありますが2~3回飛び込むことが多いのでその時がチャンスでしょうか。。。
でも1回目と全く同じ場所に飛び込んでくれないときも多くこの辺りが難しく運不運に左右されるかもしれませんね。
再度挑戦してみて下さい!

こんにちは。
サンチャンの水浴びシーン、カメラに収めるだけでも大変そう!
サンチャンは動きの激しい野鳥なのですね(遭遇したことがないので)
カワセミのダイブシーンよりも早いのですか?
何れにしても素晴らしいです。
父の日も近いし、遠くから無事で毎年帰ってくる、お父さんにありがとうo(*^▽^*)o

サンコウチョウの水浴びとは! 珍しいシーンが撮れましたね。
尻尾を上げて潜っているところなんて、なかなか撮れないでしょうね。
すごい!

ホロホロ  様
カワセミのダイブとの比較ですか。
どちらも早いですが、当地で言えばカワセミは彼方此方に居るのでダイブを撮る機会は多いと思います。
同じ場所でも1日待てば獲物を捕るときや水浴び等で何度かダイビングをしてくれますが、サンちゃんの場合、個体数が少ないのでダイブにめぐり合える機会はぐっと少なくなりその点難度は高くなるかもしれません。
それに暗いところに居るのでシャッター速度が上がらないのもカワセミに比べてハンデがあることも事実かと思います。
今回は「まぐれ」です。


tidori  様
今までに何度もトライしてきましたがなかなか同一フレームにすら入らなかったサンちゃん。今回は偶然同一フレームに収めることが出来ました。
上級者ならとも角、自分のウデと機材ではなかなか難しいと思います。
今回は偶然が重なって運が良かったとしか言えません。

こんにちは。

いやいや、とても素敵です。

尾羽が長くとも、上手に水浴びしますね。

仁くん。。頑張らないと^^;。

ぽち。

肩羽付近に傷、ちゃんと飛べるのでしょうか?
見えるほどの傷がありながら、遠くからやってくるのですね。

最後の写真のタイミング、思わず息をのんでしまいそうな
素晴らしい写真ですね。

あとり 様
「あとり」様からも過分のコメント。
有難うございます。
この次はもう少しクッキリと・・・
でも無理かなぁ(笑)
応援を何時も有難うございます。


ジャランこ 様
肩羽の傷と言っても飛ぶには差支えが無いようです。
内側の白い羽が逆立ったりして外側からはっきり見えるのです。
1~2枚目の写真、チョッと分り難いかもしれませんが白い羽がお分かりになるでしょうか?

毎年同じお父さんが来てくれるのですね。
南の国でしか見られない鳥だと思っていました。

ブルーのアイシャドウに長いしっぽが素敵ですよね。

サンコウチョウの「おとうさん」・・・お見事なダイブシーンですね。
長いしっぽが邪魔にならないかなと、心配しましたが
上手に水浴びするのに感心します。
この様なシーンを納めることが出来ると、又鳥撮りさんにも弾みがつきますね~(笑)

hirugao 様
このサンちゃんは今年で3年目。
実に真面目で律儀が性格?なのかしれませんね。
応援を何時も有難うございます。


セロリさん 様
サンちゃんの長い尻尾、特に邪魔にはならないようです。
それでも子育てが終わって南の国へ帰るときにはこの長い尻尾はなくなってしまいます。
やっぱり少し不便なのかもしれませんね。
鳥撮影、本当に面白いですよ~

こんにちは。

暑いのに。。じめじめしているのに。。

降らない。。

水不足が心配です。

ぽち。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/65844806

この記事へのトラックバック一覧です: サンコウチョウの水浴び:

« 季節の花 花菖蒲 | トップページ | JRさわやかウォーキング 天竜川駅 »