2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« サンコウチョウの水浴び | トップページ | 庭のコクチナシが咲いた »

2016年6月15日 (水)

JRさわやかウォーキング 天竜川駅

今回もまた11日前の新鮮味にはやや欠けるウォーキングレポートです。
6月4日(土)標記ウォーキング゙に夫婦で参加してきました。コースは天竜川駅をスタートして徳川家康ゆかりの「妙恩寺」、郷土の偉人「金原明善生家」、「飯田公園」等を経て再び天竜川駅に戻る約11km。

本来は翌日開催の「小国神社の花菖蒲と森町散策」に参加を予定しておりましたが当地方も梅雨入り、明日の天気は雨との予報であり予定を変更し、この日の参加となりました。

駅舎の高架化に伴う工事中の天竜川駅をスタート。

P1060164

最初の立ち寄り所は徳川家康ゆかりの妙恩寺。家康が岡崎から浜松へ本拠地を移す時この寺に一旦陣を置き、三方が原合戦の前哨戦でもこの寺に避難したと言われている。

P1060165


旧東海道沿いに僅かに残る松並木を歩きます。

P1060166

旧東海道の脇往還、本坂道(姫街道)の安間起点の案内板。自分もこの姫街道は、更に東の見付を起点とするコース(約62km)を三州御油まで3日かけてひとり歩いたものです。
数箇所の峠には当時のままの石畳が残っている部分もあり、箱根や鈴鹿峠同様素晴しい旧街道です。

P1060168

郷土の偉人「金原明善翁生家」。向かいには資料館もありますが此処は何度も訪れており小休止だけ。

P1060169

川幅約1.000m天竜川、河川敷をテクテクと歩き飯田公園を目指します。曇りで適当に風もあり、彼方此方でオオヨシキリの鳴き声を聞きながらの絶好のウォーキング日和です。

P1060174

この日の最後の立ち寄りどころ「飯田公園」、時刻は昼少し前。此処で参加者の皆様方の多くが弁当を開いており、自分達も皆さんと一緒にお昼にしました。
公園では季節の花アジサイが。。。

P1060177

新コースとなっておりましたが最初の妙恩寺以外は全て既知のところ。それでも広大な天竜川河川敷を歩いたり初めての道もあり、充分満足できた1日となりました。
この日の参加者、JR担当者の話しでは1.800人余とか。

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -942-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« サンコウチョウの水浴び | トップページ | 庭のコクチナシが咲いた »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

久々のウォーキングレポですね~。
旧街道沿いは、松並木が多いですね。
北陸街道も昔をしのび、松が植樹されていました。
以前、東海道を歩かれたんですよね。
本当にすごいな。大変だった分だけ、思い出もいっぱいで、
通るたびにいろいろ思いだすでしょう。

walkerZ 様
最近ではウォーキングイベントへの参加も月に一度程度です。
それも近隣地での開催時のみとなりました、かつては毎週のように出かけ、身延線や御殿場線沿線のウォーキングまでも参加したものですが。。。
旧東海道には今でも所々に名残の松が残っています。
旧東海道を京都に向かって歩いたのが10年前、京都から江戸へ向かったのは9年前と一昔前の花しになってしまいましたが、今では良い思い出となりました。

おはようございます。

旧東海道の跡として残っている数本の松は
長い歴史の変遷を見てきているんですね。

金原明善翁の生家、大きなお屋敷の黒い塀が
すごい大きさなんですね。

JRのウオーキングだったのですね~
こうして旧東海道がみられるにはとても懐かしいです。
赤坂の松並木はどうなっているのでしょうね。

しばらくふるさとでは歩いていません。

東京都心のウォーキングと違いすべてが長閑なのんびりした雰囲気がたまりません。
史跡や歴史を肌で感じながらのイベントが私は一番好きです。

この暑さの中で1800人も参加されるとはすごいですね。
それよりも旧東海道を歩かれたのがもっとすごい!
何日かけて歩かれたのですか。ダイヤに勝る宝物、貴重な思い出ですね。
滋賀県にもたしか松並木が残っているところがありましたね。

こんにちは。

紫陽花、よい時期になりましたね。

明日から本格的に降りそうですね^^;。

からっ梅雨解消はうれしいなあ。。なんて思っています。

ぽち。

里山コウ 様
写真の松並木は片側のみ現存していますが
県内でも未道の両側に残っているところもあります。
応援を何時も有難うございます。


hirugao 様
御油~赤坂間の松並木は健在ですよ。
自分もこの間を懐かしくなって時どき通行します。
現存する松並木ではこの松並木が一番保存状態もよく
旧東海道では松並木NO1だと思っています。
愛知県内では池鯉鮒の松並木も立派です。


あすか  様
都会にお住まいの人は郊外を・・・
自分のような地方暮らしの人間には都心のウォーキングに憧れます。
自分の環境内に無いところに憧れるものですね。

tidori 様
旧東海道を往復踏破して早、一昔です。
この距離なればかつては弁当不要の距離でしたが今では弁当持参のコースとなりました。
滋賀県内の松並木、、かつては「粟津の晴嵐」として琵琶湖湖畔が有名だったようですが現存する松並木としては土山付近が印象に残っております。

あとり 様
関東では水不足とか。
雨は鬱陶しいものですが降るべき時期にはやっぱり降ってもらわないと・・・ね~
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。
家康公が三方ヶ原の戦いで避難したところが妙恩寺だったのですね。
この戦いの詳細は知らなかったので、とても、興味深く拝見いたしました。
天竜川の広々とした場所を歩くのは気持ちも広々としますね。
オオヨシキリの元気な鳴き声も楽しく響きましたか(*^-^)

ホロホロ 様
戦上手と言われ家康が生涯でただ一度負けた合戦が三方ヶ原の戦。
その時にこの寺に一時避難したと伝えられています。
天竜川の広大な河川敷をオオヨシキリの鳴き声を聞きながら歩きました。
やっぱりウォーキングは楽しいものですね。

11kmのウオーキングお疲れ様でした。
雨に降られなくて、無事完歩できたことと思います。

旧東海道の松並木は、昔教科書で見た記憶が。
このブログに書かれたコースの旧東海道沿い、いつかは歩いてみたいと感じました。
公園の紫陽花はピンク色がメインでしたか?
紫陽花の花…見られるのはしばらく先です。

のりちゃん  様
この日は曇りがちの天気でしたが腰の痛い自分と、膝に同様の疾患を持つ妻と夫婦揃って出かけてきました。
旧東海道の松並木は各地で存在しています。
大磯の松並木、袋井・舞阪・御油・池鯉鮒・・・そのほか各地でも保存され、往時の姿を今に伝えております。
公園の紫陽花、花に無頓着の自分ですがピンク色が一番多かったように記憶しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/65845419

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング 天竜川駅:

« サンコウチョウの水浴び | トップページ | 庭のコクチナシが咲いた »