2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 水の妖精 セイタカシギ(背高鷸) | トップページ | 田んぼや畑で ケリ・ヒバリ »

2016年5月15日 (日)

巣立ち間近 モズ (百舌)

近くの荒地で百舌の巣立ち間近の情報を知り行ってきました。
そこには巣を離れ、親鳥が運んでくる餌を待つ2羽の雛鳥がいました。


その中の1羽が上を向いて何か鳴いているようです。

119a9893
雛鳥が向く先を見れば親鳥が餌となる虫を咥えています。親鳥の姿を見た雛鳥は大きく嘴を開け「早く頂戴~!」

 

119a9898


漸く餌を貰った雛鳥、枯れた茎が被ってしまいましたが左が親鳥で右が雛鳥。大きさは親と変わらない大きさです。

 

119a9906

 

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -926-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 水の妖精 セイタカシギ(背高鷸) | トップページ | 田んぼや畑で ケリ・ヒバリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

モズさんの親子の餌やりの場面とても癒されます。
子モズ君が体の割に大きな口を開けて待つ姿が
とても可愛いです。

親鳥が、餌を持ってきて口に入れてあげる場面に
感動します。

いい場面に出会えましたね。

餌やりのグットタイミング菜場面ですね。
ちょうだ~いと言っているようですものね。

ちゃんと大きくなってほしいですね。

いい時に情報ゲットでよかったですね。
モズはもうこんなに大きくなって、ほんとにもう自立する必要があるかも。。。
でも、試練が待っているかもしれません。
たくましく大きくなっていくのを期待したいですね。
数年前、親がとても大きな青虫を持ってきて、ヒナが目を白黒させているところを見たことがあります。

巣立ちの時期になりましたね。
親子の生態が良く解かります。
最近世間を騒がす人間の親子の問題
こんな小鳥の親子に見習わなければなりませんね。
応援ポチリ!

里山コウ 様
ヒナは親に餌をねだり
親は自立を促しつつ餌を与える。
親と子の微笑ましいシーンに出会えることが出来ました。
応援を何時も有難うございます。


hirugao 様
大きな鳥が子供のために餌となる小鳥などを与えるところは
残酷ですが、このような場面は微笑ましく思いますね。
ひな鳥が無事成長してくれることを願うばかりです。


korekore  様
ほのぼのシーンに出合う事が出来ました。
ヒナと言っても親とあまり変わらないぐらいの大きさです。
間もなく親離れをして完全な巣立ちとなることでしょう。
自然界の生存率は極めて厳しいものがあるようです。
でも無事を祈らずにはいられません。


あすか 様
そのとおり!
親子の絆は野生の鳥獣も同じです。
一生懸命子育てをする親鳥に思わず「頑張れ!」です。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。

かわいい親子さんです。

晴天の良い週末でしたね。

葵祭を楽しんできました。

来週もがんばりましょう。

ぽち。

これからの時期、微笑ましい子育てが見られますね。

モズの雛ちゃん、可愛らしい表情の中、お口を大きく開けた場面は
なかなか迫力がありますね。さすが小さな猛禽と称されるだけのことはありますね。

あとり 様
葵祭りですか・・・
晴天の下、さぞかし素晴しかったことでしょう!
葵祭りは残念ながら未だ見たことがないのです。
来週も頑張りましょう。
応援を何時も有難うございます。

ホロホロ 様
モズのこのような場面は初めてでした。
モズ、小さくても猛禽。
このチビさんもそんなところが感じられますね。
無事に巣立ちできればいいですね。

こんにちは。
モズの幼鳥なんて可愛らしいのでしょう。
4枚目の雛ちゃんを見て思わず笑ってしまいました。
素晴らしいシャッターチャンスでした。
元気で飛び立ってほしいです。

桜台のスミレ 様
こちらへのコメントが気付かず遅くってしまいました。
幼いものは皆可愛いですね~
この時、巣から出た2羽のひな鳥が居りましたが
体の大きさは親鳥と変わらないぐらい大きく育っていました。
良い瞬間に出合えてよかったです。
背景がもう少し綺麗ならば・・・ね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ち間近 モズ (百舌):

« 水の妖精 セイタカシギ(背高鷸) | トップページ | 田んぼや畑で ケリ・ヒバリ »