2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 天浜路ヘルシーウォーク 遠州森町 | トップページ | 水辺に集まる鳥たち »

2016年5月 5日 (木)

サンコウチョウ(三光鳥)

今年もまたあのサンコウチョウが来た。
連絡をいただき出かけておりますが、来てから間もない雄のサンちゃんたち、未だ落ち着かないのか暗くて高いところばかり。枝に留まってもタッチ&ゴーでなかなか撮らせてくれません。

119a9705
119a9690
Img_9535
少しは飛び物も・・・せっせとシャッターを押すも暗いところが大好きなサンちゃん。シャッター速度が上がらず、ウデの悪さもあってブレブレ写真ばかりです。

119a9695

漸く少しだけ明るいところへ出てくれましたが空抜けで、今度は一寸ピントが・・・

119a0005
これも暗い上に枝被りです。

119a9684

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -921-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 天浜路ヘルシーウォーク 遠州森町 | トップページ | 水辺に集まる鳥たち »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今年もサンコウチョウの季節になりましたね。
暗い林の中、SSがあがらず苦労する対象の一つですが、今年も綺麗に撮れてますよ。

↓の山道ウォーキング、お疲れ様!!
ハアハア息を切らしながら、登っていく姿を想像してしましました。(笑)

ソングバード 様
魅力タップリのサンコウチョウ。
とにかくSSが上がらないので苦労します。
「 ソングバード」さんにお世辞でも褒められると舞い上がってしまいそうです。
山道ウォーキング、ハアハアを超えて最後には息も絶え絶えでした(笑)

尻尾の素敵なそしてお目目のアクセントが素敵な
サンコウチョウ君こうして見ただけでもうれしくなってしまいます。

何処から渡ってきたのでしょうね。

おはようございます。

サンコウチョウさんは、目の周りに濃いブルーの
アイシャドウが可愛いです。
体の割に尾羽がとても長いんですね。
一度見てみたいものです。

普段見たことのない尾長で羽色の色彩も素晴らしい鳥ですね。
こんな鳥が目に留まれば鳥撮さんにはたまりませんね。

こんなに尻尾が長くて目元がはっきりした鳥が日本でも見られるのですね。
なんか、熱帯のジャングルにいそうな姿です。
もう少し落ち着くともっと愛らしい姿を明るいところで見せてくれるのでしょうか?
楽しみです。

撮影に一苦労しても、可愛い鳥の表情が伝わってきます。
羽の色は、場所によって変わるのでしょうか?(2枚目の写真の羽の色が違うので)
鳥の観察は、まだまだ初心者です。

昨夜実家から帰ってきました。
本州と比べると10度近く気温が低いので、一枚多く着ています。
北海道は桜は満開ということですが、お天気が少々下り坂なのでこれから満開の桜が見られるか?の状況です。

こんにちは。

サンコウチョウ、かわいいですね。

おめめがクリクリ。。

ぽち。

ついにアップとなりましたね。
そうそうのサンちゃんゲット、おめでとうございます。
そろそろかな、と思い私もいつものポインとに出かけていますが、
今季はまだ会えないでいます。
やはり、夏鳥のトップに輝けるのはこのサンコウチョウでしょう。
もう少し日参する必要がありそうですが、早く会いたいものです。

hirugao 様
サンコウチョウ。
夏鳥として日本へやってきますが
冬は中国南部、インドシナ半島、マレー半島、スマトラ島などに移動するとあり、南の国からやってくるものと思われます。
応援を何時も有難うございます。


里山コウ 様
この鳥は明るい公園では見ることは期待できませんが
暗い木立の生い茂った里山へ行けば観察は可能だと思います。
鳥を探すより、その様な環境の中で三脚を立てているカメラマンを探す方が早いかもしれません。


あすか 様
都心部でサンコウチョウが見られることはないかと思いますが
都下では居るのではないでしょうか。
自分達には憧れの野鳥のひとつです。

こんばんは。
今年もサンコウチョウを綺麗に撮影されましたね。
南国情緒がたっぷりの野鳥ですね。こんなに綺麗な鳥が野生でいるとはいつもながら驚きです。
私も一度でいいのでお会いしたいですヽ(´▽`)/
そちらで繁殖もするのでしたかしら・・・

Khaaw  様
野鳥に無関心であったころ。自分も初めてこの鳥を知った時、外国の鳥だと思って居りました。
更に調べてみればこのサンコウチョウが自分たちが居住する静岡県の鳥であり、ジュビロ磐田のマスコットであることも知って驚いたものです。
せっせと出かけておりますが今日は「空振り」でした。

のりちゃん 様
羽の色。鳥個々による違いは多少ありますが
鳥の羽の色は光線により随分変わって見えることがあり、この場合は光りの違いです。
この鳥は暗いところが好きで明るいところには殆ど出てくれません。

ご実家での滞在、ご苦労様でした。
お母様もさぞかしお喜びになられたことと思います。
北海道もサクラが満開となり、いよいよ本格的な春の到来ですね。
温度差が10度、体調管理が大変ですね。


あとり 様
今年も夏の使者、サンコウチョウが来てくれました。
嬉しいことです。
珍鳥ではありませんがこの鳥を見て、夏近しを感じます。
応援を何時も有難うございます。


korekore  様
先月25日に飛来したとの事です。
それ以来せっせと出かけてはおりますがなかなか手強くて・・・と言うより自分が下手なのです(笑)
そちらでは未だですか。
やっぱりこの鳥を見なければ落ちつきませんよね。
今日も出かけてきましたが完全な「空振り」でした。

ホロホロ 様
綺麗にと言われると恥ずかしいのですが撮る事だけは出来ました。
都心で、当地方と同じぐらいの野鳥が観察できることにビックリしましたが、サンコウチョウは無理なのでしょうか?
この鳥は森の中で沢がある様なしかも暗い場所が好きなようです。
勿論、繁殖した後に秋には再び南へと去って行きます。
毎年、営巣も確認しておりますが野鳥保護の為、巣の撮影やその近くに寄ることはカメラマン一同、マナーとして控えています。

特徴的な目の周りの青い色ですね。
尾の長さも長くてかっこいいです。
落ち着かないちびっこという感じですが、実際の大きさはどうなのでしょう?

野鳥撮影の王子様、サンコウチョウ(←勝手に名付けてます)
がついに到来ですね。
やっぱりいいですね~。
サンコチョウを撮影出来た日は、やった~という気分になるのではないでしょうか。
度々貴殿は撮影されていますが、私は未だ、その辺に飛んでいるのをみたことはないです。

サンコウチョウはやはり熱帯系なんですね。
あの長いしっぽで飛んでいる姿が見たいものです。

お仲間さんとの連絡が何よりですね。

こんにちは。
可愛らしくて不思議な鳥ですね~。
羽を半円に広げてお見事なショットです。
青い目、長い尾羽、夢の鳥です。
美しい野鳥を見せていただきました。

ジャランこ  様
サンコウチョウ、図鑑によれば
「雄は体長が45cn、体の2倍以上の長い尾羽がある」
全長ではかなりの長さになりますが、メスには長い尾羽はありません。
そのためにカメラマンは雄のみ追ってしまいます。


walkerZ  様
まさに野鳥撮影の王子様です。
冬の鳥たちは飛来がなく、夏鳥も心配しておりましたが
キビタキ、オオルリを筆頭に順次飛来。そしてエースのサンコウチョウが来てくれました。
個体数も多く、特別珍しい鳥ではありませんが、暗い林が大好きな為、明るいところでは滅多に見ることはありません。
暗い林の中で「ホイ・ホイ・ホイ」と特徴のある鳴き声を聞いたならサンコウチョウだと思ってください。


hirugao 様
ブルーの嘴と同色のアイリングはやはり熱帯系の鳥なのでしょうね。
日本にはこの時期に飛来し、繁殖後の初秋には再び南の国へと旅立って行きます。

桜台のスミレ 様
見た目以上に動きが早く、しかも明るい場所には出てくれないので
カメラマンにはかなり手強い相手です、それがこの鳥の撮影の面白いところかもしれません。
青いアイリングに嘴も青、そして口の中まで青いのです。
自分の好きな野鳥NO1です。

こんにちは。

曇天からあいにくの雨天になりました。

お天気続かないものですね^^。

ぽち。

country walkerさま
こんばんは
名前しか知らなかったサンコウチョウ 雄 しっかり拝見冴えて頂きました。
写真に収めたい気持ちが良く解ります。
被写体も良いですが撮影技術がとセンスが良いですねぇ~ 羨ましい。

輝ジィ~ジ 様
山がお好きな「輝ジィ~ジ」 様、そちらにはサンコウチョウは居ないのでしょうか?
当地の里山では春から秋まで見ることや、あの特徴のある鳴き声「ホイ・ホイ・ホイ・・」を聞くことが出来ますが。。
ありがとうございます、何時も過分なコメントに恐縮です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/65310924

この記事へのトラックバック一覧です: サンコウチョウ(三光鳥):

« 天浜路ヘルシーウォーク 遠州森町 | トップページ | 水辺に集まる鳥たち »