2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 日蓮宗総本山 身延山久遠寺 | トップページ | 初めてのオグロシギほか »

2016年5月26日 (木)

「行行子」 オオヨシキリ

鳴き声から「行行子」(ぎょうぎょう し)とも呼ばれ、夏の季語ともされているオオヨシキリ。
小林一茶の句にも「行々子口から先に生まれたか」とあるように終日鳴き続ける賑やかな鳥です。

119a1005
119a1024119a1068

鳴き止むことも無論ありますが・・・

119
やっぱりこの鳥は鳴いている方が似合っています。

119a1227

♪葦の葉かげによしきり鳴いて 利根は日ぐれる船路は遠い・・・かつては流行歌にも歌われたオオヨシキリです。この古い歌をご存知の方、何人いらっしゃるでしょうか?

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -932-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 日蓮宗総本山 身延山久遠寺 | トップページ | 初めてのオグロシギほか »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

記事を読んでと小林一茶の句を知ってこの鳥を見ると、
country walkerさんが何故、鳴いている姿を多く取られたのか、
良く分かりました。
写真を見ていると、まるで鳥の鳴き声が聞こえてくるようです。
2枚目の写真は、立派なあごひげ?と思いきや、違いましたね(笑)。

お早うございます。
i以前、都心の隅田川や荒川河川敷のあまり整備されていない川べりの葦の中にたまに見かけたことがありました。
ヨシキリやヒバリのくちばしは本当におしゃべりそうなくちばしに感じられるのは不思議ですね。(笑)
この歌は昭和24年ごろの唄らしいですね・・・
季節がら題材になるくらいな鳥ですから幸せな鳥ですね。(笑)

walkerZ 様
朝から夜まで鳴き続けるオオヨシキリ。
鳴いていない時を写す方が難しいぐらいです(笑)
2枚目の写真、沢山撮った中からこのショットも面白いかな・・・と、選びました。
鳥がもう一寸だけ下がってくれたなら立派な顎髭鳥になったかもしれませんね。


あすか 様
やっぱり都会にはあまり居ないようですね。
こちらでは河川敷など葦が生えているところでは多く見かけます。
古い歌、やっぱりご存知ではない様で。。
お若い何よりの証拠です。

おはようございます。

オオヨシキリさん、大きな口を開けてにぎやかに
鳴き声を聞かせてくれますよね。
私のいつもの散歩コースにかなり大きな声で
泣き続けるオオヨシキリさんらしい鳥がいます。

オオヨシキリというのですね~
そんなにおしゃべりさんなのね。

そういえばウグイスもこんな嘴して
鳴いています。
それも残念な事に近くの電線なんですよ
でも聞いていて楽しいです。

里山コウ 様
里山さんのお散歩コースで大きな声で鳴いている鳥、
多分このオオヨシキリではないかと思います。
応援を何時も有難うございます。


hirugao 様
オオヨシキリ、図鑑によればスズメ目ウグイス科となって居り
ウグイスの仲間なのです。
顔つきなども一寸似た感じがしないでもありませんね。

オオヨシキリの赤い口の中を見てやろうと、いつも思うのですが、
近くじゃないので無理なのです。
葭原に姿を見せたと思うとすぐの草の中に隠れてしまって・・・。
今年はまだ聞いていませんね、あの声を。

tidori 様
オオヨシキリ、比較的近く居て大きな声で鳴いていても
近付くと隠れてしまった鳴き止んでしまいますよね。
この場合の撮影も全て車の中からです。
車中からはかなり近寄ることが出来ますよ。

こんにちは^^
いつも鳴いている、行行子は、
エネルギッシュな鳥さんですね。
どんな鳴き声なんでしょう
もしかしたら、篠山で聞いたことがあるかもしれません。
行行子は、夏の季語なんですね
教えていただいて、ありがとうございます^^

こんにちは。

大きなお口^^。

元気に鳴いていますね。

かわいいです。

ぽち。

こんばんは。
口の中が紅くて可愛い鳥ですね。
長い胸毛があるのかと思いました。(笑)
羽ばたいてきれいです。
いつも素晴らしい写真にうれしくなります。

k-24 様
お住まいの大都会では見られないのかもしれませんが
篠山には居るかもしれませんね。
夏の季語になるぐらいですから全国津津浦浦で見ることは可能かもしれませんね。
とにかく賑やかな鳥です。


あとり 様
季語になるぐらいの鳥です。
とにかく元気で、この鳴き声を聞けば夏近し・・・です。
応援を何時も有難うございます。

桜台のスミレ 様
何時もコメントを有難うございます。
長い胸毛、この鳥がもう少しだけ下に居れば一風変わった鳥が撮れたのかもしれませんね。
その時のタイトルは「オオムナゲ鳥」かな。(笑)

こんばんは。
新潟から帰ってきて、やっと平常の生活に戻りました。

オオヨシキリも賑やかなようですね。
これから6月に入ると、野鳥の姿も徐々に少なくなって寂しくなりますが、このオオヨシキリだけは・・・・

↓の河口湖から身延山、一気に回られたようですね。
身延山には、一度行きたいと思いながら、まだ一度も行けてません。

ソングバード 様
遠征お疲れ様でした。
遠征の成果が楽しみです。
オオヨシキリ、近くの河川敷では終日元気に鳴いています。
これからは鳥も少なくなりどうしようかと思案中です(笑)
先日は好天にも恵まれ久々に観光地を巡るドライブを楽しんできました。
身延山、お参りしたあとの爽快感は格別なものがありました。
これがご利益なのでしょうね。

おはようございます!

オオヨシキリが小さな口をめいっぱい開けて鳴く姿を
田舎にいた時見たことがありました。
「行行子」の鳴き声で思いだしました。
チガヤの穂を使いコップのような巣を造っていた覚えが・・・?

クチバシを上に向け鳴く姿に応援 ☆ ポチリ

何といっても葦にもたれての鳴き方がいいですよね。
くちばしが鳴いているのがわかるのが素敵です!

今日は何とか腫れてきました。
お花はぐってりしています。

セロリさん 様
セロリさんのご実家地方にも居る様ですねオオヨシキリ。
「行行子」の鳴き声で思いだして頂けた様ですがチガヤで作った巣は未だ見たことがありません。
オオヨシキリに応援を有難うございます。

こんにちは。

お天気回復しましたね。

もうちょっと涼しかったらなおよかったですね。

ぽち。

こんばんは。

「口から先に生まれたか」・・・本当にそうですね。
さすが一茶はオオヨシキリの特徴を句に表現していますね。
全身から出すような大声が写真から伝わってきますね。
夏の風物詩のオオヨシキリは今日もギョギョシ、ギョギョシ、ギョギョギョ

ホロホロ 様
遅いUPとなりましたが「ホロホロ」さんが18日にブログに書かれた日に撮ったものです。
「ギョギョシ、ギョギョシ、ギョギョギョ」・・・鳴き声の特徴をよく捉えていますね~。
一茶の句からも江戸時代でもかなり賑やかだった様ですね。

オオヨシキリは「行行子」 でしたか。
夏の季語とは、初耳でした。
素晴らしい映像、今にも鳴き声が聞こえてきそうですね。
一泊で出かけてましたが、帰るなりまた明日から留守にします。

korekore  様
お忙しいようですね。
チゴモズの後は九州ですか。
お帰りになられた後、ブログの再開を楽しみに待ちます。
行ってらっしゃ~い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/65555099

この記事へのトラックバック一覧です: 「行行子」 オオヨシキリ:

« 日蓮宗総本山 身延山久遠寺 | トップページ | 初めてのオグロシギほか »