2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 田んぼに集まる鳥たち | トップページ | 日蓮宗総本山 身延山久遠寺 »

2016年5月22日 (日)

富士芝桜まつり

それ程遠方ではないのに何故か一度も訪れた事のなかった富士河口湖町で開催される「富士芝桜まつり」、今年こそはと13日に行ってきました。
当初は混雑を避け、GW直後を予定していたのですが、折角出かけるのであれば富士山が見える日を・・・そんな事を思っている間に日が経過し、行くのが遅くなってしまった。

この日の朝、自宅から見た富士山の方角には雲があって富士山は全く見えない。この日もダメかなと思ったが芝桜の見ごろも終わりに近い、雲が無くなる事を一縷の望みとして出発。

自宅付近からは雲に覆われ全く見えなかった富士山が静岡市付近からはハッキリ見え、思わず「やったー!」。

119a0889近くで見れば芝桜の見頃は過ぎた感じですが、離れて見れば充分美しい芝桜まつりの会場です。手前にあるミニ富士山もキレイですが何といっても背景となる富士山の存在が大きいですね。
119a0896ピンク系は未だ美しいのですが薄い色の系統は、やはりいまひとつ・・・
119a0908
GWは大混雑の祭り会場ですが、この日は道路も駐車場も空いていて、周囲はあの国の人たちばかり。

119a0925
園内の一角にあったクマガイソウのコーナーでパチリ。クマガイソウは初めて見る花ですが一風変わった花の形です、マクロレンズではないので背景がキレイにボケてくれません。

119a0920

この日のスケジュールは午後から日蓮宗の総本山身延山ですが未だ時間がある。
朝霧高原まで戻り、来る時には時間が早すぎて見られなかった乳牛たちのいる牧場へ。119a0954
「新東名」走行中、予想していなかった美しい富士山に見とれ、新富士ICで下りるところを沼津ICまで行ってしまうチョンボもありましたが、大満足の芝桜まつり会場でした。

この後、本栖湖を経て身延山へのレポートは次回に分割してUP致します。

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -930-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 田んぼに集まる鳥たち | トップページ | 日蓮宗総本山 身延山久遠寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやー素晴らしいの一言!
どんな光景でもバックに世界遺産の富士山は絵になります。
霧降高原の風景はまさにリフレッシュ!
我が家は「冬の冠雪富士山に行こう」 と言いながら今だ実現ならず・・・です。

今日はこれから5月最後の駅ハイ「池袋」を歩きます。   暑つそー(;^ω^)
来週は「東京ウォーク2016」 第1回目に参加です。

応援ポチリ!

おはようございます。

家を出た時は雲でまったく富士山が見えなくて、
心配されたようですが、芝桜祭りの会場に着いた時は、
雲一つない快晴で、とてもラッキーな日でしたね。
でも、ここもあの国の人達がおおぜいでしたか。

牛が沢山、若々しい緑の牧草を食んでるバックに
富士山、とてものんびりとして好きな風景です。

シバザクラは少し過ぎた感じでも富士山が凄いですね!
お天気がいいことは何にましてもうれしいですよね。

クマガイソウは変わったお花ですよね。
そんなにみられないですものね。

こんにちは~!

青空にすくっとそびえる富士山の姿は、日本一の富士の山です。
芝桜とのコラボの富士山も素敵ですが、朝霧高原の
牛と一緒の牧歌的な富士山・・・喉かで良いですね。
勿論 応援 ☆ ポチリ

クマガイソウは、一ノ谷合戦の熊谷直実が背負った母衣が語源とか・・・?
平敦盛を討った熊谷直実が出家したことなどを思いだす花ですね。

こんにちは。

芝桜、可愛いですね。

お色も明るくて気持ちがあがります。

ぽち。

あすか 様
どんな写真や絵でも富士山があれば作品になります。
我が家でも何時かは行こうと話をしていた芝桜まつり、
漸く念願を果すことが出来ました。

駅ハイ「池袋」のブログを期待しております。
応援を何時も有難うございます。

里山コウ 様
まさにラッキーでした。
通常では家を出るときに見えた富士山が現地到着時には見えないことが多いのです。
観光地、今ではあの国の人達が居なければ成り立たないような気がします。
応援を何時も有難うございます。


hirugao 様
クマガイソウは見るのが初めて。
このコーナーではあの国の人たちはとも角
かなりの人気でしたよ。
お花ファンには有名な花なのでしょうね。
応援を何時も有難うございます。

セロリさん  様
クマガイソウの名前の由来は初めて知りました。
もしやと検索すれば「やっぱり・・・」です。
熊谷直実といえば平敦盛ですね
花に無関心の自分でもアツモリソウも見てみたくなりました。


あとり 様
少し日の過ぎたレポートですが
上天気に恵まれ好い1日を過ごす事が出来ました。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは。

河口湖の芝桜まつりの風景写真は素晴らしく、綺麗です!

3枚目の富士山と芝桜に池の水風景が入ると、より素晴らしいです。

朝霧高原の牛さんの写真も雄大な風景です。

ホロホロ 様
池への映りこみ、自分達夫婦もそんな会話をしたことを覚えています。
人間、考えることは皆同じですね(笑)
今日は、フクロウのヒナ誕生の知らせを受け行って来ました。
泊り込みの人を含めて随分多数のカメラマン氏で大賑わいでした。

富士芝桜まつり、前々から気になってました。
東京でもPRしていますよ。
絶景ですね~。
ピンクの絨毯が楽しめるだけでなく、富士山まで見えるのですから・・・。
この場所に行くには、「富士山が見える日に」と言う気持ち凄く分かります。
あ、最後の写真も好きです。
やはり富士山と○○は最強の組み合わせですね。

おはようございます

気持ちのいいお天気ですね~
こんな日の早朝散歩はいいでしょうね。

応援です☆

walkerZ 様
この「まつり」の知名度はかなりのものなのですね、東京までとは・・・
「まつり」本部としてはGWに見頃を設定してことだろうと想像し、GW直後を予定していたのです。
見ごろは若干過ぎていてもそれを補って余りある富士山でした。
芝桜が最盛期でも富士山が見えなくてはね~
自分達はラッキーでした。

富士山の近くでも芝桜まつりが行なわれるのですね。
富士山と芝桜のツーショット、素晴らしいです。

北海道でも現在芝桜の名所では「芝桜まつり」が行われています。
おそらくテレビで紹介されたのを見たことがあると思いますが、北海道では滝上町と大空町(根マン別空港の近く)が芝桜の名所です。ピンク色の芝桜が、綺麗です。
我が家の近くでも所々芝桜が咲いていますが、他の花々と一緒なので「身近な花」の存在です。

のりちゃん 様
芝桜、最近では彼方此方で大規模な芝桜の名所が出来ましたね。
照明を付けて夜間も楽しめるようにしたところや、此処の会場のように富士山を借景にしたところなど・・・
芝座桜は花期が長いとか、そんなメリットがあるのかもしれませんね。
GW頃が一番キレイだったかもしれませんが大渋滞を考え流石に遠慮しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/65529912

この記事へのトラックバック一覧です: 富士芝桜まつり:

« 田んぼに集まる鳥たち | トップページ | 日蓮宗総本山 身延山久遠寺 »