2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« チューリップとアオサギそしてマガモ | トップページ | 2年ぶりのサバンナシトド »

2016年4月 6日 (水)

コチョウゲンボウ(小長元坊)

趣味のバードウォッチング、今回は先月上旬に撮った小型の猛禽、「コチョウゲンボウ」です。
普通のチョウゲンボウ(長元坊)は田んぼなどで比較的容易に見ることが可能ですがこの日、なかなか見られなかったコチョウゲンボウ(小長元坊)を漸く見ることが出来ました。

119a18062

枝影が気になりますが。。。

119a16992見返りも1枚・・・
119a16032この小型の猛禽を見ることが出来たのは偶然に近く、今は移動してしまって見ることは出来ませんが、それでもカメラに収めることが出来ただけでも幸運でした。
雲のある空抜けの背景ですがパチリ。

119a15322
119a15112
119a06382
「コチョウゲンボウ」、ハヤブサ科のやや小型の猛禽ですが今回見たのは♂。青灰色の美しい羽と猛禽らしからぬ可愛い感じの目が印象的でした。

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -906-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« チューリップとアオサギそしてマガモ | トップページ | 2年ぶりのサバンナシトド »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

りりしいけれど、かわいい~、と思ったら、
やはり猛禽類ですね。
幼い猛禽類化と思いきや、小型の猛禽類なのですね。
コチョウゲンボウというのですか。
かわいい猛禽類がいることを知り、とっても驚いています。
鳥の世界は深いですね。

小さくてもやはり猛禽類ですから動きも素早いでしょうか。
目は可愛いようですが・・・

めったに撮れないものの写真が撮れたときは嬉しいことでしょうね。

おはようございます。

コチョウゲンボウさん、可愛い顔をしていますが
猛禽類なんですね。
口ばしが小さくて、目がパッチリで可愛い
猛禽類です。
青空をバックに、瑠璃色の背中が
綺麗です。

コチョウゲンボウ、大事にしまってられたんですか (^_-)
未だ見たことはありませんが、そちらに現れてくれたのであれば、
そのうちこっちにも来てくれないかな?
最後の飛んで行くところも、いい絵になりましたね。

walkerZ 様
きりっとした姿形はやっぱり猛禽です。
でもあのオオタカやハヤブサより小型の猛禽ですが目などは可愛い感じですね。
チョウゲンボウより小さいのでコチョウゲンボウとされている様です。
あまり見られない希少種なので見ることが出来、やっぱり嬉しかったです。


hirugao 様
可愛い感じですがやっぱり猛禽は猛禽。
それでもなかなか見られない鳥なので撮ることが出来て嬉しかったです。
応援をいつも有難うございます。


里山コウ 様
可愛い顔をしていますが猛禽です。
目などは可愛い感じですが嘴などを見ればやはり・・・
背中の羽の色が印象に強く残っています。
応援をいつも有難うございます。


korekore 様
大事にしまっておいたと言うより遅くなってしまいました。
鳥ブログは古いものから順次UPをキホンとしています。
更新は原則として隔日、常時2~3の予備が無いと気になって仕方が無いのです。
その間に鳥以外のブログを挟むと鳥のUPがだんだんと遅れてしまうわけです。

こんにちは。

コチョウゲンボウ、かわいいですね。

ちっこいですもんね。

近所で飼育しておられる方がおいでです。おとなしくて、かわいいです^^。

30cmあるかないかですもんね。名前もポコちゃんて。。。^^;小鳥みたいなのですが

そのこは、冷凍マウスが主食なんて、できないのですが、野生のコチョウゲンボウだと、隼みたいに蹴落としとかできるんでしょうか?

かわいくても、猛禽ですものね。

ぽち。

コチョウゲン よく撮れましたね。
可愛い顔がよくわかります。
鳥の写真もかなりの種数になってるでしょ。200越えました?

あとり 様
コチョウゲンボウ、よくご存知なのですね。
自分はこの撮影をするまで名前は知っていても見るのも撮るのも全く初めて。(忘れるほど前に一度撮った事がありました)
コチョウゲンの捕食の仕方は全く知らないのですが、チョウゲンボウは空中静止してホバリングした後スズメなどの群に襲い掛かるところは見たことがあります。
コチョウゲン、図鑑によれば反転や急降下をして小鳥を捕える・・・とありました。
応援をいつも有難うございます。

tidori 様
この鳥は狙ったり探していた訳ではなく全く偶然に見ることが出来ました。
鳥撮りに興味を持ち始め丸4年。
今、図鑑にマークを付けた鳥名を数えましたが227種になっていました。
オス・メス・幼・壮、そのうちのひとつでも撮ったものですが。。。

こんばんは。

チョウゲンボウはこちらでも秋口に見られますが、「コ」がつく子は見られませんね〜。色も綺麗で可愛い感じがします。
嘴も小さくて、これで小鳥などを採食するとは驚きです。
やはり猛禽なのですね。

小型とは言えさすが猛禽類ですね。
足の爪の鋭さが物語っています。
それにしても
「コチョウゲンボウ」・・・??(笑)
応援ポチリ!

ホロホロ  様
そうなんです。冬季、チョウゲンはこちらでも田んぼへ行けば比較的容易に見ることは可能なのですが、
このコチョウゲンはなかなか見られず、自分は過去に一度電線留まりを撮っただけ久しぶりのことでした。
これが最後かもしれません(笑)


あすか 様
小型ですが立派な猛禽です。
目が可愛いので一寸猛禽とは思えないほどですね。
この鳥は忘れるほど前に一度撮っただけで初見・初撮り同様なので嬉しかったです。
応援をいつも有難うございます。

こんな風雨の強い日は鳥たちはどうしているのでしょうね。
予報どうりに雨ですね~

この時期の雨はいやですね。
応援です☆

4年で227種とはすごいです!
図鑑が出来ますね。
上梓されたらぜひ教えて下さいね。

こんにちは。

今日はあいにくのお天気です。

桜も散ってしまってちょっと残念ですが、

八重桜の蕾が膨らんできましたね。

次は八重♪と楽しみになりますね。

ぽち。

hirugao 様
夕方から風が強くなり今では雨戸がガタガタ。
これでは名残のサクラも散ってしまいそうです。
折角キレイに咲いてくれたサクラなのに。。。
応援をいつも有難うございます。


tidori  様
上梓なんてとんでもありません。
地域の鳥屋さんの中では未だ未だ新入りの部類に入る自分です。(齢だけは古い方に入りますが)
自分の知っている鳥屋さんの中には国内だけで300種を超えていらっしゃる方が居られます。
鳥撮りを始めた頃、200種が目標でしたが、予想以上に早い進展に戸惑っています。


あとり 様
こちらも風が強くサクラが気がかりです。
昨日のコメントで、この鳥(コチョウゲン)を見るのも撮るのも初めてと書いてしまいましたが、2012年1月に撮っており、初見・初撮りではありませんでした。
お詫びして訂正いたします。これからもこの様なミスがあるかもしれませんが何卒ご寛容のほどお願いいたします。
応援をいつも有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/64607014

この記事へのトラックバック一覧です: コチョウゲンボウ(小長元坊):

« チューリップとアオサギそしてマガモ | トップページ | 2年ぶりのサバンナシトド »