2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ツルシギ・アオアシシギ(鶴鷸・青足鷸) | トップページ | 水辺に来た鳥たち »

2016年4月14日 (木)

間もなく移動? オオジュリン(大寿林)

田んぼや葦原などでしばしば見かけるポピュラーな鳥、オオジュリンです。この鳥が見られる期間もあと僅かかもしれません。

119a4905
119a4884
119a4565
漸く近くに来てくれましたが前被りで。。

119a4601
夏羽に移行中?首から上が黒い固体、写りは悪いのですが証拠写真として。

119a4612(4月2日撮影)

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -910-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« ツルシギ・アオアシシギ(鶴鷸・青足鷸) | トップページ | 水辺に来た鳥たち »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

優しい目つきのオオジュリンと言う小鳥ですが
足はしっかりと小枝を掴み
周辺を警戒しながら・・・
そんな事を想像できる写真です。
応援ポチリ!

おはようございます。

オオジュリンさんはポピュラーな鳥ですか。
初めて聞く名前ですけど、葦原などにいる小鳥さんですね。
立てにまっすぐの枝に器用に捕まってますね。

あすか  様
この鳥も地味系の鳥ですが自分の住む近くではしばしば見かける鳥です。
夏羽になればもっとキレイになるようですが、当地方では見ることは出来ないのです。
応援をいつも有難うございます

里山コウ 様
おはようございます。
仰るとおり河川や池の近くの葦原では良く見かける鳥です。
でも地味な鳥ですね。
応援をいつも有難うございます。

おはようございます。
こちらの葦原ではもう見かけなくなりました。
頭の黒い夏羽のオオジュリンも見たいですね〜。
最後の写真は夏羽に移行中のようで、冬とは違う鳥のようですね。
身体の羽も冬よりも色が濃く赤みがかっているように見えます・・・

こんにちは
今年は私もオオジュリンを撮ることができました。
そろそろ見れなくなるんですね。
来年は私もこんな綺麗に撮ることができるといいなぁ。
P☆

ホロホロ  様
この日の撮影日は4月の2日。
こちらでもボツボツ居なくなる時期だと思いますが・・・
仰るとおりノビタキなどと共に夏羽を見たい鳥のひとつですね。
今日は朝から小雨が降っており、此処のところ溜まってしまった写真の整理です。
撮っているときには夢中ですが後の整理がね~ (笑)

はぴ 様
オオジュリン、ボツボツ旅立ちの頃だと思いますが・・・
今年撮られたのですね。
この鳥は葦の中に居ることが多く、葦が邪魔して撮り難い鳥ですね。
「 はぴ」さんこそ、何時も美しい写真に「上手いなぁ・・・」と、感心して拝見していますよ。
応援をいつも有難うございます

夏羽に移行中のオオジュリン、私も一度は撮りたいものですが、
秋から冬の普通の羽しか撮れたことがありません。
この間、ちょッと偵察に行ってみましたが、探すことはできませんでした。ザンネン
最後の写真も、味わいある出来になっていると思います。

korekore  様
平野部に住む自分たちとしては普通の羽しか見ることが出来ませんが
出来ることなら顔の黒い夏羽を見て見たいものですね。
最後の写真、前被りのハッキリしない写真ですが
夏羽に移行中? かな・・・と、勝手に想像して撮りました。
ノビタキの夏羽も昨夏、朝霧高原でチラッと見ただけ、今年は是非見たいものですが。。。

こんにちは。

もう換羽の季節を迎えているのですね。

仁くんもゴールデンウィーク明けには。。

どっさりもっさり。。抜け、はえ変わりそうです^^。

ぽち。

地味な色だけど、かわいい小鳥ですね。
一瞬雀のように見えるけれど、よくよく見ると、全く違う模様。
ポピュラーな鳥とのことですが、あちこちにいましたかね。
きっと、街中でみかけても気づいていないのかもしれません。

熊本の大地震には驚きました。
夜が明けて被害の状況が明らかになって来ると思いますが、
これ以上の被害がないことを祈るばかりですね。

おはようございます。
オオジュリンもそろそろ終わりですね。
今に時期、時々夏羽に変身中のお明日お見かける事がありますが、一度でいいから大変身した姿を見たいものです。
本州では冬鳥、北海道では夏鳥、日本列島は長いですね。

↓のツルシギやアオアシシギ、もうやって来たんですね。
これからシ・ギ・チの季節、楽しみですね。

オオジュリンという名前を初め聞きました。
確かに派手ではないですが渡りをする
のですね。

そういえば燕の飛ぶのも見られるようになりました。

おはようございます!

しぐさが愛嬌のあるオオジュリンですね。
一見雀(?)と素人の私は思ってしまいますが、よ~く見ると
全然違うということわかりました。

なんかの本で見かけた姿…一番下の写真のように頭と喉が黒かった気がします!

あとり 様
仁クンの模様替えは5月になってから。
インコのことは全く知らないのですが
羽の色も変わるのでしょうかね~
応援をいつも有難うございます。


walkerZ 様
川辺や池など葦の生えているところには沢山居ますよ。
尤も寒い季節だけですが。。。
熊本の地震、他人事ではありません。
東南海大地震が言われてから随分経過しておりますから。
仰るとおり、被害の拡大が無いことを期待し、祈るだけです。


ソングバード 様
オオジュリン始め、ノビタキなど夏羽が美しい鳥たち
是非見たいものですが北海道まで行かなければ見られないのですね。
仰るとおり縦に長い日本列島です。
でもやっぱり大変身したところを見てみたいです。
ツルシギやアオアシシギの居た池に一昨日、セイタカシギが2羽居ましたが遠くて写真にはなりませんでした。


hirugao 様
サクラが終わりツバメが飛び交う季節となりましたね。
このオオジュリンもボツボツ旅立ちの季節を迎えたようです。
応援をいつも有難うございます。


セロリさん  様
一見スズメ、、でも一寸・・・そうなんですよ。
よく見ればスズメと違うことがお分かりいただけたかと思います。
この鳥も北海道の方へ行けば頭が真っ黒で胸の白い鳥に大変身!
そんな夏羽が見てみた~い(笑)

こんにちは。

昨日はおおきな地震があり、今も余震が続いていますね。

日本にすんでいたら、いつ地震に見舞われるかわかりません。

こわいです。

ぽち。

あとり 様
全く同感です!
今日も出かけるつもりでしたが大地震の惨状を見て
出かけることを止めてしまいました。
天災は忘れた頃にやって来る・・・
応援をいつも有難うございます。

こんにちは。
オオジュリン可愛い鳥ですね~。
ポピュラーな鳥さんでも見たことがありません。
同じ場所ばかりですので同じ小鳥ばかり。(笑)
大きな鳥は恐ろしいですから可愛い小鳥がいいです。

桜台のスミレ 様
一方通行なのに何時もコメントを有難うございます。
この鳥は、どちらかと言えば河川敷や湖沼の葦原に居ることが多いです。
精悍なスタイルの猛禽もカッコいいものですが
やっぱり可愛いのは小鳥達ですね。
気持ちを和ませてくれるのは猛禽ではなく小鳥です。
私も小鳥の方が断然好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/64804119

この記事へのトラックバック一覧です: 間もなく移動? オオジュリン(大寿林):

« ツルシギ・アオアシシギ(鶴鷸・青足鷸) | トップページ | 水辺に来た鳥たち »