2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 浜岡原子力発電所・安全性向上対策現場見学会 | トップページ | 再びオオタカそしてハイチュウ »

2016年3月21日 (月)

猛禽 オオタカ・ハヤブサ

 
ライトブルーのとてもキレイな鳩が居ると聞き、田んぼで餌を啄んでいる鳩の群れを見ていた時、鳩たちが異常な動きで一斉に飛び立った。
119a1954_2
鳩たちが飛び去った後の田んぼには、群れの中の1羽を捕らえたオオタカが居た、オオタカに押さえられている鳩はまだ少し動いています。
オオタカが何時何処からハトとの群に突っ込んで来たのか分らない程のまさに一瞬の出来事でした。
119a1956_2
上下写真では見え難いかと思いますが足元には押さえられた鳩が居ます。
119a1964_2
やがてオオタカは捕らえた獲物を掴んで悠々と飛び去って行った。
119a1968
119a1971
 
暫く時間が経過した後、何事もなかったの如く再び鳩たちが集まり、今度はハヤブサです。写りの悪い写真ですが、ハヤブサの足には先ほどのオオタカ同様獲物となった鳩をしっかり押さえています。
119a1883
この日は残酷なシーンを2度にわたり見てしまいましたがオオタカやハヤブサも生きていくためには仕方がないのかもしれませんね。

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -898-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 浜岡原子力発電所・安全性向上対策現場見学会 | トップページ | 再びオオタカそしてハイチュウ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

凄い場面ですね~
それにしても鳩も沢山いたものですね」。
最初の写真の見事さです。

オオタカもハヤブサも生きていくためには仕方がないですよね。

hirugao 様
猛禽が狩をしたシーン。
この日は二度にわたり見てしまいました。
犠牲となったハトには可哀想ですがタカも生きていく為には
仕方のないことかもしれませんね。
応援をいつも有難うございます。

自然界は人間以上に厳しいものがありますね。
しかし迫力があります。
人間も最近は残酷な事件で新聞をにぎわしていますが・・・
応援ポチリ!

おはようございます。

鳥の世界も生存競争が厳しいのですね。
オオタカもハヤブサも狩りをして食事に
するのですね。
オオタカもハヤブサも貴重な狩りの
瞬間の写真、迫力があります。

こちらでもハト達がたくさん並ぶ電線があります。
すると、それを狙うハヤブサやオオタカなども出没するようですね。
私はまだそんな場面に遭遇したことはないのですが、残酷なことではありますが、
自然界の摂理で、仕方のないことなのでしょう。
貴重な場面を撮られたようですね。
私も、珍しく今日オオタカ公園に行ってきました。
でも、普通の止まりものだけでした ^^;

あすか 様
キレイな鳩を探している内にこの様なシーンに。
鳥撮影の副産物ですが自然界の厳しさを目の当たりにしました。
応援をいつも有難うございます。


里山コウ 様
猛禽類も自分の力を頼りに狩をして生きているのでようね。
誰も助けてくれないなかで生きていく為の行動なのかも知れません。
応援をいつも有難うございます。


korekore 様
鴨を始めとする水鳥たちが減ってしまった今、
猛禽類の詳しいことは分りませんが、オオタカやハヤブサは鳩が恰恰好の目標物なのかもしれませんね。
この翌日も、この場へと出かけましたが同じような光景を今度は(鳩を食べ終わるまで)一部始終を見てしまいました。
次回も引き続きUPいたします。


こんにちは。

生きていくためにはしかたないですもの・・

にしても迫力がありますね。

ぽち。

すごい光景をご覧になりましたね。
同じ所で2度もねらわれたハトにとっては災難でしたね。
御所や鴨川でも、たまにハトのむしられた羽を見ることがあります。
タカ類にとってハトは数も多いし、狙いやすいのでしょうね。合掌

あとり 様
仰るとおり自然界では仕方がないのでは・・・と思います。
ただ、この様なシーンのブログUPには躊躇いもありましたが。
応援をいつも有難うございます。


tidori  様
残酷かもしれませんが自然界では普通のことなのかもしれません。
猛禽類に狙われても再びやって来る鳩の群。
このが所に落ちている二番穂が余ほど魅力なのでしょうね。
鴨たちが居なくなった現在、鳩が最も狙われているのかもしれませんね。

こんばんは。

「鳥が鳥を食べる」 これも自然の摂理なのでしょうね。
ハトはのんびりしてるからね・・・というより、オオタカやハヤブサの能力が
勝っているのでしょうね。

昨日、目黒の自然教育園でオオタカのピンバッチ、かっこいいので買いました(-_-)

ホロホロ 様
猛禽たちが鳥を食べる。
生きていく為には仕方のないことなのでしょうね。
鳩は飛ぶときはかなり早いように思いますがやっぱりのんびりとしているのかな。
稀に道路上で車に轢かれた鳩を見るぐらいですから・・・
私も帽子にブッポウソウのピンバッジを付けていますよ。

最初の写真を見たときふとあの映画を思い出しました。
ヒッチコックの鳥のことです。

最近電線にもたくさんの鳥が止まっていてハットします。

すごい場面ですね。
オオタカも生き物。生きていためには仕方がないですよね。
こういう写真を見ると、鳥も自然界の生き物なんだな~とつくづく思います。
こんな緊張する写真を撮った後は、疲れがどっとでたのではないでしょうか。
こちらも緊張をもって拝見しました。

hirugao 様
鳥もあまりにも多いと一瞬たじろいでしまいそうです(笑)
鳩ぐらいならば良いのですがカラス等だとね~
応援をいつも有難うございます。

walkrZ 様
鳥たちも生きていく為にはね~
猛獣と同じで必要以上には捕らないので人間よりは欲が少ないのかな?
なんて思ってしまいます(笑)
青い鳩を探しに出かけた結果、鷹になってしまいました。
青い鳩は未だ見つかりません。


こんにちは。

やっと桜がちらほらと咲き始めましたね。

満開が楽しみです。

ぽち。

あとり 様
福岡を筆頭に全国各地で開花宣言が出ましたね。
例年早い当地方ですが何故か今年は未だです。
でも此処一両日には出るものと期待しております。
いよいよ春到来ですね。
応援をいつも有難うございます。

おばんです~!

自然界の営みは、時には残酷なことも・・・。
猛禽類が生きていくためには必要なことなのですが。
でもやっぱりこわ~いです。shock

本当に迫力がありますね。

セロリさん 様
キレイな鳩を探していたのですが
皮肉にもその鳩を狙う猛禽との出合いが多くなってしまいました。
本当は可愛い小鳥が良いのですがなかなか現れなくて・・・
もう少し暖かくなれば・・・と期待しているところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/64532415

この記事へのトラックバック一覧です: 猛禽 オオタカ・ハヤブサ:

« 浜岡原子力発電所・安全性向上対策現場見学会 | トップページ | 再びオオタカそしてハイチュウ »