2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« おんな城主 直虎、ゆかりの地を訪ねて | トップページ | ウメジロ・サクジロー »

2016年2月23日 (火)

初見・初撮り アビ(阿比)

今回も初見・初撮りの水鳥「アビ」です。普段なかなか見られない海鳥ですが何故か港内で見ることが出来ました。図鑑によれば全長63cm。現在は冬羽で、夏羽に比べてやや地味な感じですがそれでもキレイな海鳥です。
119a9784
至近距離までやって来て羽繕いやパタパタまで大サービスです。不思議なことに警戒心は全く無いようです。

 

119a9792
119a9776


下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -883-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

 

« おんな城主 直虎、ゆかりの地を訪ねて | トップページ | ウメジロ・サクジロー »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

今回も初見・初撮りですか。
眼前で、愛きょうたっぷりのポーズの数々。
「とぼけた様な」顔でも、なんだか、かわいらしく思えてしまいますね。
水しぶきの写真、こちらまでしぶきが飛んできそうです(笑)。

walkerZ 様
今冬は山の鳥が少ないのでどうしても水鳥の方に行ってしまいます。
皆さんも同じでそれで新しい鳥の発見に繫がるのかもしれませんね。
何にしても初めて見る鳥は新鮮です。
今冬は随分初見・初撮りがありました。

初見、初撮りだったのですね。
随分長~い鳥さんですね。

綺麗とか可愛いのではなくとぼけた・・・
というのがいいですね~

愛嬌のある鳥さんですね。

動物の名前は容姿や特徴で名前が付くのが多いですが「アビ」とは何処からそんな名前が付いたのか・・・そんな事を調べるのも楽しみが倍加します。
先日ヨドバシカメラで今人気の鳥観察としてフィールドスコープコーナーで1~2万円のコンデジをスコープ後方に取り付け野鳥観察・撮影ができますと説明していました。
結構大きく撮影できるので鳥観察素人でも安易に入れるなーと感じました。(笑)

おはようございます。

アビという水鳥さんも初めて聞く名です。
小さな眼が愛敬ある感じで、なんとなく
親しみを感じる水鳥さんですね。
全長63センチとはかなり大型種なんですね。

まあ、アビですか、見られてよかったですね。
そう言われれば、とぼけた顔に見えます。仕草が可愛いですね。

こんにちは。
初めましての鳥さん。
おとぼけ顔で大サービスが可愛いです。
首もくるっと回るのですね。(*^-^*)

こんにちは。

おめでとうございます♪。アビ撮影されたんですね。

大きな子なのに、かわいらしい。

一番最後のお写真のポーズとてもいいですね^^。

ぽち。

アビですか。
なんか、珍しい名前ですね。
というか、そう思うのは私だけかもしれませんが・・・
一度も見たことがないし、聞いたこともなくて ^^;
警戒心がない鳥とはこれも珍しい。

hirugao  様
此処のところ初見・初顔が続いています。
体長が63cmと大型の鳥ですが自分は初めて・・・
でも、可愛いと思いましたよ・・・


あすか 様
アビの語源は諸説あり、どれが正しいのか自分には分りません。
フィールドスコープ、倍率が高く、自分が鳥撮りに関心を持ち始めた頃
一眼レフで行くかフィールドスコープにするか随分検討した時期もありました。
遠くにいる鳥を大きく撮るならば断然フィールドスコープが勝りますが、
諸々検討した結果今のスタイルに落ち着きました。
しかし、フィールドスコープの世界は魅力です。


里山コウ  様
そうなんです。写真で見ればそれ程大きく見えません図鑑では63cm。
でも可愛かったですよ~
その仕草や表情?が・・・
応援を何時も有難うございます。

tidori 様
流石は「 tidori」さん。
アビもご存知でしたね、鳥暦の浅い自分は今回が全く初めて。
とぼけた感じの表情が新鮮でした。

桜台のスミレ 様
「スミレさん」も初めてなら私も全く初めての鳥でした。
知らない鳥が多い上、それが可愛いので
ますます鳥撮りにハマってしまいそうです(笑)
これからも宜しくお願いいたします。

あとり 様
鳥がお好きな「あとり」さん。
そのあとりさんに気に入っていただき有難うございます。
最後のパタパタポーズ、自分も気に入っています。
応援を何時も有難うございます。


korekore  様
今まではあまり縁の無かった水鳥たち。
山の鳥が居ないので必然的に川や海辺の鳥を撮るようになったしまいました。
そのお陰で初見・初撮りが随分と増えましたよ。

こんばんは。

アビ、初めて見聞きするので、図鑑で調べてみました。
「数が少なく、陸から見る機会は少ない」とありました。
港内で大サービスのアビ。ラッキーでしたね。
初見初撮りが多くて嬉しいですね。

今日、私も久しぶりに鳥撮りに行って、ビロキン見ました〜ヽ(´▽`)/

ホロホロ  様
アビやウミスズメなどは普段は沖合いに居て漁師さん以外なかなか見られないと聞きました。
それが何故か至近距離で・・・
元気いっぱいで弱っているような様子は全くありませんでした。
この日は風が強く港内に非難してきたのかもしれませんが。
たった一羽だけというのも不思議な感じですね。

63㎝とは大きな部類に入りますよね。

鳥撮りには冬は大変でしょうね。
でもこうした初めての鳥に出会えて
写真が撮れるのは最高!ですね。

hirugao 様
この時期の海辺の撮影は大変厳しいものがあります。
風が無ければ良いのですが、風の強い日には防寒着の上下を着て、腰にカイロ。
これが私のスタイルです(笑)

こんにちは。

今日は寒かったです。

明日も寒いそうです。

気を付けてくださいね。

ぽち。

こんばんは^^

初撮り、おめでとうございます
海鳥のアビ、ほんとに美しい羽ですね。
光を浴びて、つやつやしています。
うれしそうに、バタバタする姿、かわいいです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初見・初撮り アビ(阿比):

« おんな城主 直虎、ゆかりの地を訪ねて | トップページ | ウメジロ・サクジロー »