2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« アオバト(青鳩) | トップページ | 初見・初撮り アビ(阿比) »

2016年2月21日 (日)

おんな城主 直虎、ゆかりの地を訪ねて

城主直虎と言っても男ではなくれっきとした女性です。
地元新聞に掲載された「直虎が守った?秘仏公開 浜松・竹馬寺で11年ぶり」の記事を読み、秘仏の公開はこの日限りとあり小雨の中、早速出かけてきました。
新聞によれば

 

戦国時代、周辺一帯で徳川、武田両軍が争った「仏坂の戦い」の前に、戦火を逃れるため同区細江町の寺に移された。その際、武田方との折衝に当たった井伊直虎が寺を訪れたと伝わる。

竹馬寺、新聞記事と11年ぶりのご開帳とあり大変な賑わいです。小雨がパラつく中、テントの中で頂いた暖かいおでん、甘酒が実に美味しかった。

 

119a9247

 

この地は来年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の地元でもあり、井伊家ゆかりの寺社等もあわせて訪ねることに。

最初に訪れたのは平安時代から井伊家の菩提寺である龍潭寺。このお寺には過去数回訪れており、彦根市の龍潭寺との関係等の詳しい説明や、過去にUPした写真は省略しました。

 


井伊家歴代墓所です。下写真、左側向こうから2番目が井伊直虎(次郎法師)のお墓です。

 

119a9302
歴代当主に掌を合わせた後、隣接する「宗良親王」の墳墓もある井伊谷宮へ。雨のため参詣客も少なく静寂かつ神聖な雰囲気が印象的です。お参りを済ませた後、井伊家とは直接の関係はありませんが気賀の関所へ。

 

119a9323_2


関所近くの井伊氏初代当主、井伊共保公出生の井戸を見た後、帰宅の途につきました。

 

119a9333

 

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -882-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

 

 

 

« アオバト(青鳩) | トップページ | 初見・初撮り アビ(阿比) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小雨がパラつく中のおでかけ、お疲れ様です。
暖房の効いた部屋でぬくぬく、秘物を拝見させていただきました。

井伊家というと、井伊直弼が直ぐに頭に浮かぶのですが、
時代が違いますね。ちょっとネットで調べたら、
直虎は直政の義母に当たるんですね。そんな時代の方ですね。
「おんな城主 直虎、ゆかりの地を訪ねて」来年あたり、こんなタイトルのツアーが
企画されそうですね(笑)。

おはようございます。

一日だけの秘仏の公開に出合えて、とてもラッキーでしたね。
雨のテントの中でいただいた、おでん、甘酒のおいしさ
想像がつきます。
地位の高い人の寺院が色々ある地域なんですね。

歴史の繋がりに興味が湧き、先日のような小さなイベントでも改めて「そうだったのか」
と・・・
ましてや歴史的人物の菩提寺の御開帳ともなれば興味も倍加しますね。
応援ポチリ!

11年ぶりのご開帳、しかも1日限りの公開で素晴らしいものを見ることが出来たと思います。
お寺近くの建物やお墓、歴史を感じます。
そして境内の枝垂梅。春の足音が聞こえてきそうな…そんな印象です。
小雨の中の見学、お疲れ様でした。

こんにちは♪
龍潭寺~歴史を感じさせるお寺ですね~(^^)v
どこか鎌倉のお寺を彷彿させるところがあります。
私はこの様な所が好きなので、いつかは行きたいと思いました。

P☆

ところで私の方は先日2日間の検査入院でした。
そしてその結果次第では更に1週間の検査入院が待っています。
早く病気の原因が判ると良いのですが…

たった1日だ家の御開帳とは・・・
いくことが出来て良かったですね。

来年の大河ドラマは「女城主  直虎」というのですね。
見られて良かったですね。

walkerZ 様
井伊直虎、お調べになったとおり直弼の時代より随分前の時代で戦国時代の女性です。
井伊氏の本拠地は、浜松市の北部(平成の大合併で浜松市に合併)の山あいにあり
来年の大河ドラマに決まったことから地元は大張り切りです。
大河ドラマの影響って凄いものですね。


里山コウ 様
秘仏の公開に間に合って良かったです。
次のご開帳は11年後ですから・・・
雨が降るしかも寒い日でした、甘酒やおでんの温かさが身に沁みました。
応援を何時も有難うございます。


あすか 様
新聞を見た瞬間家内と「直ぐ行こう!」でした。
次が11年後ではね~
この世に居ない公算が大ですから(笑)
応援を何時も有難うございます。

のりちゃん 様
この日は小雨交じりの寒い日でしたが次のご開帳が11年後とあって行ってきました。
山手のお寺でしたが暖かいおもてなしもあって訪れて大正解でした。
山あいの鄙びた場所ですが来年の大河ドラマが始まれば大賑わいになるのかもしれません。


カシオペア 様
再度の検査入院がなければ良いですが、気になるところです。
病名さえ分れば治療の方法も決まるのですね。
病名が分り再入院の必要が無いことを祈っております。
応援を何時も有難うございます。

1日も早くあの素晴しい湘南の夕景を見せて頂きたいものです。


hirugao 様
そうなんです、来年の大河ドラマは「女城主  直虎」に決まっているそうです。
11年ぶりのご開帳と言っても大河ドラマに無関係ならば行かなかった可能性が大なのですが。。。
幾つになってもミーハー的なところがあるものですね。
応援を何時も有難うございます。


こんにちは。

直虎さん、次の大河の主人公ですね。

おおおおってなってしまいました。

こちらで眠っているのですね^^。

ぽち。

あとり 様
井伊家歴代墓所に眠っています。
こうして訪ねていると来年の大河ドラマが楽しみになってきますね。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。

お足元の悪い中でしたが、秘仏の観音様を拝めて良かったですね。
来年の大河ドラマに関係が深いとなると尚更ですね。
歴史好きのcountryさんには興味深い、ご開帳でしたね。

東京世田谷区に豪徳寺というお寺も井伊家のお墓がたくさんありましたよ。
招き猫で有名だったかな・・・

ホロホロ  様
豪徳寺、初めて聞いたお寺なのでネットで調べて見ました。
あの井伊 直孝が「井伊氏の菩提寺として伽藍を創建し整備した」とあり、井伊氏とは多いに関係があるのが確認できました。それで彦根藩士のお墓があるのかもしれませんね。
来年の大河ドラマが待ち遠しくなってきました(笑)

こんにちは。

今年の大河が面白いので、来年の大河にも期待しているんです。

次郎法師役は柴咲コウさんとか。。。

美しい方のなので、真田丸が終わってからと思うと悲しいですが。。。

楽しみです^^。

ぽち。

あとり 様
芸能界のことには全く疎いので主役の次郎法師役の俳優さんのことは全く知らないのです。
それでもこの日、井伊家ゆかりの地を訪ねて、たとえ脚本化されたストーリーでも次郎法師の人となりに興味津々です。
来年がますます楽しみになってきました。
応援を何時も有難うございます。

こんばんは^^

女性の城主様がいらしたのですね
初めて知りました。
来年の大河ドラマが、楽しみです♪

雨にぬれて、しっとりとした梅の花、きれいですね^^

K-24 様
男性社会と言われていた封建時代にも女性の城主様は居たようです。
自分の知っているのは美濃岩村城主と筑後問本城主ぐらいですが・・・
それ以上の詳しい事は分りません。
来年の大河ドラマが今から楽しみになってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主 直虎、ゆかりの地を訪ねて:

« アオバト(青鳩) | トップページ | 初見・初撮り アビ(阿比) »