2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ウメジロ・サクジロー | トップページ | 初見・初撮りではありませんが アカエリカイツブリ(赤襟鳰) »

2016年2月27日 (土)

お花見・河津桜

新聞の地方版に御前崎市の河津桜の情報が写真入で掲載されており早速出かけてきました。
そのひとつで毎年行く浜岡原発近くの砂丘公園、今年は何故かイマイチなのです。蕾も多く、開花が未だ早いとの話ですが既に葉も見え始めた木もあり咲いている花もいまひとつって感じ。

砂丘公園は諦めて早々に引き揚げ、場所を変え、近くの「あらさわふる里公園」へ。今日は木曜日、此処は毎週木曜日が休園で売店・食堂等はお休みですが入場は可能です。

こちらの桜は例年どおり、予想通りの美しさです。

119a9831
119a9839
119a9850

休園なので人影は疎ら、人が途切れた時に撮影チャンスとばかりに散策路をパチリ。

119a9915
公園の周囲は牧之原台地に繫がる茶園が続いています。

119a9871
119a9867
公園の展望台からの展望です、遠く彼方に見える水平線は太平洋です。

119a9921そして新聞に掲載された同市内のもう一ヶ所を巡り帰宅。本場河津には遠く及ばずとも好天にも恵まれ、地域版河津桜三昧の1日となりました。


下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -885-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« ウメジロ・サクジロー | トップページ | 初見・初撮りではありませんが アカエリカイツブリ(赤襟鳰) »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

河津桜も場所とか、周りの環境できれいに
咲くか、咲かないかがあるんですね。
1箇所が、綺麗に咲いて無ければ、次の場所が
ちゃんとあるのはさすがです。

太平洋が見える展望台からの風景、
素晴らしい眺めです。

温暖な地域は別世界ですね。
短い期間ですがなかなか晴天時のチャンスは少ないです。
やはり梅・桜は青空がお似合いです。
応援ポチリ!

茶畑を望む場所での河津桜・・・・いいですね~
遠く太平洋も望めて最高な日でしたね。

青空で良かったですね。

こんにちは。
休園日で特別ご招待日でしたね~。
美しく開花する桜の花・・・とってもきれいです。
茶園の緑もきれいです、いいお天気で良かったですね~。
桜の花早く見たいですがこちらは毎年4月に入ってからなのです。
楽しみに待ちます。

こんにちは。

濃いピンク。。かわいいものですね。

ソメイヨシノにはないものを感じます。

ぽち。

里山コウ 様
河津桜、同じ御前崎市内なのに開花の状況は随分と差がありました。
いつもはこの様なことはないのですが。
最初に行った場所は海岸近くなので先日の強風の影響もあったのかもしれません。
樹木のことは分りませんが、案外デリケートなところがあるのかもしれませんね。
応援を何時も有難うございます。

あすか 様
毎年同じ時期に同じように咲いてくれる河津桜。
今年は珍しく開花の状況が随分と違い??でした。
それでも青空の下、一足早いお花見が出来ました。
応援を何時も有難うございます。

hirugao  様
お茶畑に囲まれ、遠くに太平洋が見える環境でのお花見、暖かかったのでのんびりとした至福の時を過ごすことが出来ました。
やっぱり好天に恵まれたことが一番かな。。


桜台のスミレ 様
そうなんです、休園日なのでほぼ貸切状態(笑)
おまけに風が無い上に気温も高く、抜けるような青空付きと言う事無しの1日となりました。
フツウの桜は来月の後半頃ではないかと思っております。
染井吉野、やっぱりこの桜が待ち遠しいですね。


あとり 様
人それぞれ好みもありますが、
この桜のように濃い花の色も寒い時期なので良いかと思いますし、
染井吉野のあの淡いピンクもやっぱり大好き。。。
サクラ・・・やっぱり良いものですね~
応援を何時も有難うございます。

河津桜の並木を貸し切り状態で眺め&撮影。
とってもラッキーな花見になりましたね~!cherryblossomcherryblossomcherryblossom

青空の下 花がお澄まししながら微笑んでいるような・・・?
茶畑とのコラボ写真も色の対比がとっても素敵です。
もちろん 応援 ☆ ポチリ

セロリさん  様
貸切状態のお花見でしたが、お花見としてはやや寂しい感じで(笑)
写真撮影には絶好でもお花見気分には寂しい・・・人間って勝手なものですね。
花も風景も文句なしですがやっぱりこの青空でしょうか。
応援を何時も有難うございます。

絶景です! 青空と茶畠とサクラ・・・。
最後の写真を見て思いました。「こんなところでお弁当が食べたいな」と。

tidori 様
今年もまた行ってきましたこの地へ。
毎年訪れておりますが今年はお天気が最高に好かったので行った価値がありました。
こういった風景も田舎ならではなのかもしれませんね。

日曜日最高のお天気になりましたね。
きっと一気に花が開いたことでしょうね。

2本だけある寒桜の様子をバスから見てきます。

こんにちは♪
休園日でも入場出来るのが嬉しいですね~(^^)
この時はcountryさんのほぼ貸し切り状態だったのでは…
我が家ではやっと梅が開花して後はメジロが来るのを待つだけです。
私は2日から入院ですが、それまで何とかメジロが来るように~(^^)v

P☆

hirugao 様
あまりの好天に今日は上着も薄いものに。
それでも動けば汗ばみます。
これで花の開花も一気に進むかもしれませんね。
寒桜、きれいに咲いているといいですね。
応援を何時も有難うございます。


カシオペア 様
売店や食堂等々は全て閉鎖されておりますが入場はOK!
それでもお客さんは居りましたが人の途切れるところを待って写しました。

入院が決まったのですね。
病名が分れば治療方法も決まり、回復~退院の日にちも短縮されるのではないでしょうか。
病に侵されるとどうしてもマイナス志向になりがちです、此処はプラス志向で1日も早い完治、退院を期待しましょう!
これからも「カシオペア」さんを応援し続けます。病に負けないで!
メジロ、2日までに来てくれるといいですね。
応援を何時も有難うございます。

こんにちは。
静岡の河津桜、テレビや新聞でいろいろ報じられてますね。
まさに今や全国区でしょうか。
お茶畑と桜、なかなか絵になりますね。
こちらの公園の河津桜はまだ2~3分咲きです。

ソングバード 様
山手の鳥が居ないので専ら水辺の鳥や咲き始めた地元の河津桜です。
かつては伊豆まで数回出かけたものですが、あの大混雑を考えれば地元優先です(笑)
こちらの方が多少は暖かいのかもしれませんね。
公園のハクモクレンも咲き始めました。

こんにちは。

かわいいですね。河津桜。

うちの方でもと思いたち、緑地公園に行ってみました。

五分咲きといったところ。。次週末くらいが見ごろのようです。

ぽち。

こんばんは。

里ののどかな春風景。素晴らしい写真です。
花びらのアップも最後の展望台からの風景も・・・

今日犬の散歩でMYフィールドの河津桜を見に行きました。ほぼ満開でした。
バーベキューやお花見の人々で賑わっていました。
もう直ぐ、川のカモちゃんも旅立ちますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/64142043

この記事へのトラックバック一覧です: お花見・河津桜:

« ウメジロ・サクジロー | トップページ | 初見・初撮りではありませんが アカエリカイツブリ(赤襟鳰) »