2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 晴天の下、再びアオゲラ | トップページ | アカハラ・シロハラ »

2016年2月13日 (土)

チョウゲンボウ(長元坊)

今冬、田んぼで最も多く見かける猛禽のひとつにチョウゲンボウがいます。隼の仲間でやや小型の猛禽ですが、この枝がお気に入りで時々留まっています。

 

119a8722

この後、上空を悠々と。

119a8901過去には可愛い小鳥達ばかり追って、猛禽類とは無縁の状態でしたが里山や公園に冬鳥達の飛来が少なく、水辺の鳥や田んぼの鳥たちを見ている間に猛禽にも少しずつ馴染んできました。今回はブログ初UPのチョウゲンボウでした。
下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -878-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 晴天の下、再びアオゲラ | トップページ | アカハラ・シロハラ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

どんな小さな鳥でも猛禽は猛禽ですね。
獲物を狙う目やくちばしの鋭さは迫力があります。

あまり大きくないととはいえ目の鋭さや
くちばしはさすがですね。
チョゲンボウと名前は一度聞いてら忘れませんね。

真っ青な空が何にましても素敵ですね。


「キャ~猛禽だ。」と言いながらブログを読んでしまいます。(笑)
意外と尾が長く見える鳥の様ですが」、気のせいかしら?

ホバリングなどするのかな?
それにしても気も気よさげに悠々と飛んでいますね~。 ☆ ポチリ

こんにちは。
ハヤブサの仲間なのですね。
ホバリングがお得意とか。
青空を悠々と飛ぶ姿は迫力があります。
きれいな青空の撮影日でしたね。

こんにちは。
チョウゲンボウは、何枚撮っても飽きない猛禽の一つですね。
雄でしょうか。
青空が良く似合ってますね。

↓のアオゲラの目、常にcountry walkerさんを意識してるよに見えますよ。(笑)

こんにちは。

チョウゲンボウ、かわいいけれど、やはり猛禽らしく精悍な顔つきをしていますね。

父の実家あたりでは電柱の上にお座りポーズでよくとまっています。

一瞬鳩って思ってしまいます。色でなんとかわかりますけど^^;。

ぽち。

こちらでは毎年営巣してくれる場所があるのですよ。
その時季になると、みんなで一緒に観察出来ます。
今年は別の場所も覚えたので、少し忙しくなりそうです。
青空に白っぽいチョウゲンボウは映えますね。

あすか 様
体はカラスより小型でも猛禽は猛禽。
スズメの群を追って狩をするところは何度も見たことがあります。

hirugao 様
名前がユニークなので一度聞いたなら忘れない名前となるかもしれませんね、チョウゲンボウ。
小型の猛禽でも百舌よりかなり大きい鳥です。

セロリさん 様
「セロリさんの」お好みでない鳥、しかも猛禽で申し訳ありません。
本来なればこの季節、可愛い小鳥達を追って右往左往している時期なのですが
暖冬のためなのか山手の鳥が少ないので猛禽となってしまいました。
チョウゲンボウに応援を有難うございます。

桜台のスミレ  様
猛禽の撮影には経験の少ない自分です。
ノスリのホバリングは何度か見たことがありますが
この鳥のホバリングは未だ見たことはないのです。

上空を飛翔するシーンが多かったので青空が幸いでした。
何時も一方通行で有難うございます。


ソングバード 様
チョウゲンボウの性別、自分には分りませんが
頭部の色がハッキリしないのですが自分ではメスかな?と思い込んで居りました。
アオゲラ、この時にはカメラマンの姿が少なく、一部始終アオゲラに見られていたのかもしれませんね(笑)

あとり  様
流石は鳥に詳しい「あとり」さん、チョウゲンボウもご存知でしたね。
猛禽ですが小型なので何となく親しみを感じてしまいます。
先日は前の家のTVアンテナに留まっていましたよ。
応援を何時も有難うございます。


korekore  様
猛禽には馴染みが薄いので営巣地など全く知りません。
今年も観察が可能な様で良かったですね。
今年の自分はこのように飛んでいるところが見られるだけで十分満足しています。

こちらでもチョウゲンボウはしばしば見られる猛禽です。
最近はどこへいったのやら、姿を見かけません。
MFに散歩に行くたびに野球場のポール上に姿が見えないか探していますよ。
こちらでチョウゲンボウを見せていただいて、嬉しくなりました(^^)
体は小さいが、堂々としている様子はやはり猛禽ですね。

今回はブログ発UPのチョウゲンボウですか。
最近本当に「初」が多いですね~。
細々の枝にとまっているので、案外体は軽いのかもしれませんね。
真っ青な快晴?の空にユウユウ飛んでいるチョウゲンボウの姿、
とってもりりしいです。

追伸です。
チョウゲンボウ、1枚目と最後の写真を見て、頭の様子が、グレーのように見えたので雄かな?と思ったのですが、自信がある訳ではありません。
全体に黒っぽい個体ですね。

ついでに・・・・↓のハイタカ?
ハイタカに間違いないと思います。

こんにちは♪
チョウゲンボウが大空を飛ぶ姿はカッコいいの一言ですね。
中でも4枚目が最高~(^^)v
九州特急のブルートレイン「ツバメ」を連想させますね。
私は先日検査入院をして今はその結果待ちです。
今度こそ病気の原因が判ると良いのですが…

P☆

チョウゲンボウ、、、それが鳥さんもよく見るのに
何かわからないのですよ。

ただ最近やはりメジロが多く飛んでいます。
梅の花も一気に咲いてきました。

ホロホロ 様
東京では流石に最近では少ないようで。
こちらの田んぼでは百舌を除いて、チョウゲンやノスリが最も多く見ることが出来る猛禽です(田んぼや畑が多いからなのでしょう)
先日、チョウゲンがお隣のTVアンテナに留まっていました。モロ逆光なので写真にはないませんでしたが)

walkerZ 様
この鳥は過去にも撮った事がありましたがブログUPは初めてです。
そして最近はミニ遠征に出かけることが多くなり一気に初見・初撮りが増えました。
昨年1年で新しい鳥の数は約60種ぐらい増えましたので。
でも、ブログUPに耐えられない酷い写真も多くありますよ(笑)


ソングバード 様
わざわざ有難うございます。
頭の部分がハッキリしていないので分り難いのは当然です。
↓のハイタカは間違いないようなので一安心です。
何時もご親切に有難うございます。

チョウゲンボウの鷹斑がきれいですね。
1枚いただきます。
こともあろうに京都ではJR二条駅のホームの屋根裏で繁殖するのですよ。
数年前に見に行ったことがありますが、こういうところがかえって安全なのでしょうね。
去年はどうだったのかな? 繁殖が始まると巣立ちまで駅員さんは大変らしいですよ。
BW とカメラマンで・・・。

カシオペア 様
コメントを有難うございます。
この日、上空を何度も通過していきましたが何とか撮れた数カットから
羽が上を向いた時、水平の時、そして下に来た時を選んでUP致しました。

病、原因が判明するまではなかなか落ち着かないものですね。
結果が出て治療、そして快癒と好い結果を信じております。
応援を何時も有難うございます(自分も毎日「カシオペア」さんのページへの訪問は欠かしておりません)


hirugao  様
チョウゲンボウ、大きさは鳩位の小型で比較的尾羽の長い猛禽です。
こちらの梅は終わりに近付いてきましたが、今日もメジロの姿を多く見かけましたよ。

tidori 様 
へぇ~
チョウゲンボウがJR二条駅で営巣ですか。
鳥達も繁殖のためには随分と苦労しているのでしょうね。
当地方の駅の屋根裏となればハトで一杯です(笑)

鷹斑、あまり鮮明には出ておりませんが・・・
何時も有難うございます。

こんばんは。

ようやく退院が出来て今日初めてゴルと散歩しました。
しばらくの間週一度くらいの更新でのんびり
やろうと思っています。

里山コウ 様
良かった!
退院おめでとうございます。
早速、ブログを拝見しました。
これからも以前同様よろしくお願いいたします。
応援を有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョウゲンボウ(長元坊):

« 晴天の下、再びアオゲラ | トップページ | アカハラ・シロハラ »