2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« お花見・河津桜 | トップページ | キレイに変身 ミコアイサ(巫女秋沙) »

2016年2月29日 (月)

初見・初撮りではありませんが アカエリカイツブリ(赤襟鳰)

この日は先日、アビを撮った港から少し離れた港内へ。居たのはアカエリカイツブリ、この鳥は過去にも撮影済みで初撮りではありませんが思いのほか近くで撮ることが出来ました。

 


名前はアカエリ・・・でも何処がアカエリ? と、不思議に思って当然です。しかし今は地味な冬羽、夏羽では首の部分が赤茶色なのが名の由来との事です。
119a0116
観察中に水中に潜ること暫し、やがて浮上しましたが何か獲物をゲットした模様です。魚ではない様ですがハテ??

 

119a0131

この港内にはチシマウガラスの情報もあり、ベテランさんと共に探しましたが分りませんでした。

 

 

下の「デジタル写真・にほんブログ村」のバナーに「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。 -886-
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

 

« お花見・河津桜 | トップページ | キレイに変身 ミコアイサ(巫女秋沙) »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。

アカエリカイツブリ やはり鴨に似ていますが同種なのですか。
冬毛夏毛で判断できるとは驚きです。
応援ポチリ!

アカエリカイツブリ、
なんだか長い名前ですね。
まず、名前と写真を見て、
疑問に思うことをバッチリ記載してくれました。
鳥の判別は難しですね。
季節や性別により色が違うのですから・・。

あすか  様
本文中で鳥の名前に脱字があり訂正いたしました。
図鑑によれば、この鳥はカモではなくカイツブリ科に属するカイツブリの一種です。
世界では23種、そのうち日本では5種が確認できるそうです。
この5種はすべて何とか見ることが出来ました。
応援をいつも有難うございます。

walkerZ 様
誰でもこの名前を聞いて写真を見れば??ですよね。
いつも同じことを書いておりますが、性別の他、季節による羽の色が変わる鳥の名前、本当に難しいです。
幼鳥と成鳥が著しく変わってしまう種類や、鳥の中には個体差がかなりあるものもありこれなども本当に迷ってしまいます。

おはようございます。

アカエリカイツブリさん、見た目は地味な
鳥さんですね。
夏羽になると、首の所が赤茶色になるとのこと
やはり夏羽の赤茶色のこの鳥の
姿も見てきたいものです。

季節でかなり色が変わるなんて大変です。
そのたびに名前を覚えなくては(笑)

お目目の具合がちょっととぼけた子ですね。
ゲットした獲物は何だったのでしょうね。

里山コウ 様
美しい夏羽を見たいものですが
残念ながら夏には当地方には居なくなってしまいます。
この鳥も間もなく北へと旅立つことでしょう。
私達が見られるのは地味な冬羽だけなんです。
応援をいつも有難うございます。


hirugao 様
仰るようにゲットした獲物が気になるところですね。
近くに居た釣り人に尋ねましたが「釣りの対象ではないので分りません・・・」との事でした

こんにちは。

首が長くて、優雅に見えますね

きれいです。

ぽち。

アカエリカイツブリ、何かゲットして嬉しそうな目をしていますね。

日本ではカイツブリの仲間は5種見られるのですか。
ハジロ・カンムリ・カイツブリは見ました。
見ていないのはアカエリとミミカイツブリかな?

私が見たことがある3種類とも夏羽も見ましたが、派手になりますよ。
アカエリさんも綺麗になるのでしょうね。

おばんです!

アカエリカイツブリのゲットした獲物は何なのでしょうかね?
一番下の写真は、アカエリカイツブリさんも”あれ~これは何かな”と
思案している様に見えてしまいます。(きょとんとした目が)
本日はこの1枚に 応援 ☆ ポチリ

あとり 様
首が長くて優雅は、美人のの証かも。
でもこのアカエリちゃんの性別は不明です。
でもキレイですね。
応援をいつも有難うございます。


ホロホロ 様
日本で見られるカイツブリは5種とか。
ミミは先般、遠くからですが見たのでカイツブリ種は一応全て見たことにはなりますが。。

ハジロ・カンムリ・カイツブリの3種の夏羽全て見ておられるのですね。凄~い! 北海道とかで見られたのですか?
自分はカイツブリの夏羽以外見たことがありません。


セロリさん 様
アカエリカイツブリのゲットした獲物・・・
自分達も乏しい海生物の知識をフル回転?して見ましたが分りませんでした。
近くの釣り人さんにも尋ねて見ましたが??でした。
どう見ても魚ではないような感じです。
アカエリカイツブリに応援を有難うございました。

目の表情がいろいろ物語っているようですね。
一枚目、二枚目のシーンの目は真ん中にあって普通ですが、
三枚目はちょっと照れたような目をしています。
こんなもの、見つけちゃったよぉ~と、半分ポリポリという感じです。
そして最後のは、どうしてこんなのが落ちてるのかな?と不信感いっぱい。
夏羽のアカエリカイツブリ、会いたいものですね。

korekore  様
前回は遠くてハッキリしない画像なのでUP致しませんでしたが
今回は近くで撮ることが出来ました。
今冬は山の鳥が極端に少なく水鳥がどうしても増えてしまいます。

眼の位置で鳥の表情が豊かになるものですね。
夏羽、見たいものですね~
でも、当地方ではやっぱり無理でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初見・初撮りではありませんが アカエリカイツブリ(赤襟鳰):

« お花見・河津桜 | トップページ | キレイに変身 ミコアイサ(巫女秋沙) »